武尊と同じくK-1出身の平本蓮が素直な想いの丈を告白&猛烈エール!「今まではK-1の顔として団体を背負う責任感もあったと思うが、今は“武尊”として戦うだけ」 「『リスペクトってこういうことか』と思っているからシンプルに頑張って欲しいし、絶対勝つと思う」 青木真也への“平本流”声援も?「あとは僕らが盛り上げます」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、2024年1月28日(日)に東京・有明アリーナにて開催するアジア最大級の格闘技団体ONE Championship(以下、ONE)の日本大会『ONE 165: スーパーレック vs. 武尊』を「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて国内独占生中継する。それに先立ち、「ABEMA」格闘チャンネル公式YouTubeにて、武尊選手と同じくK-1出身で、昨年大晦日の『RIZIN.45』にてYA-MAN選手との因縁対決に見事勝利を収めた平本蓮選手のインタビュー動画を公開した。

 まずは、『RIZIN.45』での勝利を祝福されると、平本選手は「試合終わった後は勝った喜びよりも、『塩試合になっちゃったかな?』という気持ちがあった。でも、『めちゃくちゃ面白かったよ』と言ってもらえて嬉しかった」と安堵。今後の展望を尋ねられると、「朝倉未来をついに倒そうかな?その試合を決定させたいです」と宣言。続けて、「俺と朝倉未来はまあまあ負けてる(笑)。だから、無敗同士の対決などではなく、人間としての価値で闘うことになると思う。すごく面白いモノが作れると思うし、俺が勝って業界がさらに盛り上がる」と青写真を描いた。

 話を本題に移し、まずはロッタン選手からスーパーレック選手に対戦相手が変更したことについて率直な感想を聞くと、平本選手は「スーパーレックはロッタンに勝っているわけだし、カードとしては昇格したと思う」と高く評価。その一方で、「(那須川)天心VSロッタンがあったからこそ、武尊選手とロッタンの一戦が盛り上がったんだと思う。試合内容が比較できるし、このカードの緊張感が楽しかったので、ロッタンの方がみんな見たかったんじゃないかな?」と格闘技ファン目線で語った。気になる勝敗予想を尋ねると、「正面のぶつかり合いはロッタンよりもスーパーレックの方が強い。スリリングな試合になるんじゃないかな」と前置きした上で、「武尊選手が勝つんじゃないかな?ここぞという時に作ってくる人だと思っている」と予想。試合展開については「『THE MATCH 2022』の時みたいに、勝つことを考えすぎると詰まっちゃう部分もあるんじゃないかな」と武尊選手の戦い方を考察した上で、「楽しんで試合をしてもらえたらいいと思う。何も抱え込まずに戦って欲しい」とエールを送った。また、ともにK-1出身の武尊選手への想いを、平本選手が吐露する一幕も。「今まではK-1の顔として団体を背負う責任感もあったと思うんですけど、今は“武尊”として戦うだけ」と再び声援を送り、「武尊選手へは『リスペクトってこういうことか』という感情がある。シンプルに頑張って欲しいから、絶対に勝って欲しい。でも、まあ勝つんじゃないですか?」と素直な想いを語った。

 さらに、青木真也選手とセージ・ノースカット選手の一戦においても勝敗予想を実施。平本選手は「『勝つのは無理なんじゃないか』と言われる試合ほど、気楽にできると思うので、普通に一本取って青木さんが勝つんじゃないか」と予想。その一方で、「青木さんには『負けて欲しい!』とか、『勝って欲しい!』とか思わない(笑)」と“平本節”全開。また、記者会見で青木選手が「今回が最後だと思う」と進退を匂わせる発言をしたことに対し、平本選手は「あとは僕らが盛り上げますんで大丈夫ですって感じ」とニヤリ。続けて、「青木さんが今までやってきたことを考えたら、綺麗でカッコつけた終わり方を目指しちゃダメ」と大先輩へアドバイスを送り、「最後だからって身を引くのは青木さんらしくない。最後までめちゃくちゃやって欲しい」と平本選手流の言葉でエールを送った。白熱の試合の模様はぜひ「ABEMA PPV」にて視聴してほしい。

 

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る