KO-Dタッグ王者・高尾蒼馬&翔太が佐々木大輔&KANONに怒り心頭で必勝宣言!「2024年のタッグ戦線に居続けて、オマエらの出番は上半期はないようにしてやる!」 

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが1月14日、神奈川・鶴見青果市場で『新春電流爆破!2024』を開催した。同月21日の東京・品川プリンスホテル内クラブeXで佐々木大輔&KANON(ダムネーションT.A)の挑戦を受ける、KO-Dタッグ王者組のロマンス・ドーン(高尾蒼馬&翔太)が必勝を宣言した。


 王座戦を前に、この日はシングル2番勝負で前哨戦。まず第3試合で翔太が佐々木と対戦。佐々木は翔太とレフェリーを衝突させると、イスを持ち出す。翔太はイスを手にしても攻撃はせず。佐々木は翔太がイス攻撃したかのように装い、レフェリーもだまされかける。すると佐々木が翔太に急所打ちから、クロス・フェースロックで絞め上げて、したたかな勝利。


 続いて、第4試合で高尾がKANONと激突。開始早々、佐々木が乱入すると、翔太も駆けつける。場外で佐々木が翔太をイスで殴打。高尾は公認エンドレスワルツで丸め込むも決められず。佐々木が入って、KANONが羽交い絞めにした高尾めがけてイスを振り下ろすも、あえなく誤爆。すぐさま高尾がソラリーナで固めて3カウントを奪取。

 翔太は「佐々木大輔、あたかも俺が悪者のように見せかけて。そういう態度が気に食わねぇんだ。ロマンス・ドーンがまだまだ2024年のタッグ戦線に居続けて、オマエらの出番は上半期はないようにしてやる! 品川で防衛して、DDTのリングで上がり続けて、このベルトと一緒に俺らしか見せられない景色を見せていく」、高尾は「次は本番なんで。ロマンス・ドーンで防衛していくだけ」と怒り心頭で必勝を期した。

 佐々木は「翔太、テメエの実力、テクニック。今日でよくわかった。STYLE-Eからやり直せ。高尾、テメエのことはよく知ってる。昔から変わんねぇな」、KANONは「あと1週間。オマエらの腰からベルトがなくなって、俺らの腰に来る。高尾、次の品川で俺がボコボコにしてやる。ぶっ殺してやる。翔太、オマエは眼中にない」と不敵に語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る