HARASHIMA&大鷲透&平田一喜のディザスターボックスが最後は“楽しく”活動休止!「みんなが求めているときに戻ってくる」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが1月5日、東京・新宿FACEで『Sweet Dreams!2024 TOUR in SHINJUKU』を開催した。HARASHIMA、大鷲透、平田一喜のディザスターボックス(DB)が、その活動にいったん区切りをつけ休止となった。

 2006年に結成されたDBはDDT内では歴史あるユニットで、これまでも活動休止、再始動を繰り返してきた。元ノーチラスの上野勇希、吉村直巳が抜け、今の3人体制になったが、今回それぞれの道を進むため、休止することになった。当初、大鷲が解散と発表したが、その後、休止に訂正された。

「DBファイナルマッチ」の試合形式は、この3人による3WAYマッチ。大鷲は最後だからと普通に試合をしたいのだが、平田はいつも通り、楽しくやりたい様子。HARASHIMAと大鷲が激しいチョップ合戦。HARASHIMAの鋭いミドルキックを大鷲があえて受け止める。平田もストロングスタイルでぶつかっていく。HARASHIMAが大鷲にファルコンアローと熱い戦いが続き、3者ともダウン。

 ここで井上マイク・リングアナが「最後がこんなバチバチした試合でいいんですか? HARASHIMAさんはいつも通りだからいいんですけど、大鷲さんと平田は変なことやってるでしょ」と突っ込み、加藤憲リングアナも同意。平田がメガネをかけてダンスを踊ろうとすると大鷲が阻止。大鷲がメガネを折ろうとすると、平田は大鷲を説得し手紙を読もうとする。大鷲はその手紙を破り捨てて、再度メガネを折ろうとする。ここで元メンバーの上野が現れ、DBへの思いの丈を伝える。続けて、欠場中の吉村も登場し、心中を吐露。そして上野と吉村が手紙を読み上げ、吉村が「DBらしく、最後は楽しくいきましょう」と告げた。

 HARASHIMAと平田がメガネをかけて踊り出す。大鷲はなかなか踊ろうとしないが、元ノーチラスの思いが通じたのか、3人でダンシング。平田が大鷲を丸め込むも、返した大鷲がノド輪落とし。最後はHARASHIMAが平田に蒼魔刀を叩き込んで3カウントが入った。

 HARASHIMAが「終わっちゃったか。なんかわちゃわちゃしちゃった」と言えば、大鷲は「全然バチバチできなかったけど、これがDB。HARASHIMAさんと私の関係は永遠に続きます。平田、オマエがこの先どこに行こうと、オマエとの師弟関係は一生続く」と発言。平田は「こんなに組まないユニットがあるのかというユニットでしたけど、継続できたのは応援してくれた皆さんがいてくれたからこそ。これでHARASHIMAさん、大鷲さんとも組めることでしょう」とマイク。

 バックステージで大鷲は「DBの歴史はこれが第3章目。まだまだDBの歴史は続くと思うんで、みんなが求めているときに戻ってくると思います」、HARASHIMAは「今回はひと段落。またタイミングが合えば組むし」、平田は「大鷲さんとはよく組んでましたけど、ようやくこれでHARASHIMAさんと組める気がします。DBだった人間たちが、プロレス界、DDTも盛り上げていきます」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る