「ありがとう。夢、叶えたよ」舞華が4度目の正直で赤いベルト初戴冠!盟友・ひめかと喜びを分かち合い涙!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、東京都・両国国技館にてスターダム『JRA中山競馬場 presents STARDOM DREAM QUEENDOM 2023』が開催。舞華が悲願のワールド・オブ・スターダム王座(赤いベルト)初戴冠を果たした。

 スターダム最高峰の王座であるワールド・オブ・スターダム王座(赤いベルト)は中野たむが保持していたが、左ヒザの負傷のため長期欠場へ。11月には復帰の見込みが立たないことから王座を返上することとなった。
 これにより、5★STAR GPで優勝して赤いベルトへの挑戦権を勝ち取っていた鈴季すずと、王座決定戦進出トーナメントを制した舞華によって赤いベルトが争われることに。

 すずがぶち上げたユニットをまたいだ世代闘争によって2人は組むこともあったが、似た者同士が故にいがみ合うことも多く感情むき出しで衝突することも度々。2人の赤いベルト戦が決まってからはすずが過剰な挑発を行い、舞華がブチ切れて控室でも容赦ない殴り合いを展開することもあった。


 試合は最初からトップギアのエルボー合戦に始まり、髪をつかみ合いながら場外戦にもつれ込んで大暴れ。すずは早速リングの下からテーブルを取り出してセットし、数多の攻防の末にリングから奈落式フランケンシュタイナーで舞華をテーブルへと叩き込む圧巻の猛攻。
 それでも舞華は折れること無く吶喊。互いに右ストレートで顔面をボコボコに殴り合い、舞華が雪崩式炎華落としを狙えばすずが雪崩式ジャーマン・スープレックス・ホールドというとんでもない大技を見せる熾烈な攻防には場内がこの日一番のヒートアップ。
 舞華が必殺のみちのくドライバーIIを狙うと、すずがリバース・フランケンシュタイナーで脳天から突き刺して切り返しテキーラ・ショット。すずが強引に引き起こすが、舞華は渾身のヘッドバッドで怯ませ盟友・ひめかの必殺技であったランニング・パワーボム。最後は炎華落としから怒涛のみちのくドライバーIIを3連撃見舞って3カウントを奪った。

 舞華は2020年1月のスターダム参戦後は常に中核選手として活躍してきたが、いつも“ここぞ”といった場面でチャンスを逃し続けてきた。今回の挑戦が決まった際には「私がどんだけ赤いベルトを欲しがってるか分かる?何年も何年も赤いベルトを巻けず、ライバルたちに負け、トーナメントも優勝できず。そんな悔しい思いをして心も折れたよ。それでも、諦めずにこうやってしがみついてる」と涙ながらに思いを語っており、今回の赤いベルト戴冠は長年に渡る舞華の悲願が達成された形だ。
 また、舞華は負傷者続出のスターダム内で大会に穴を開けることなく下半期の最前線を支え続けてきた功労者。誰もが納得し、誰もが称賛する王座戴冠劇となった。

 マイクを取った舞華は、「4度目の挑戦で、やっと、やっと赤いベルト獲ったぞ~!鈴季すず、お前の顔は2度と見たくないと思ったし、殺意も相当いだいてきたけどさ、これじゃ終われねーよなあ!これで1勝1敗だろ?だから、また闘おうぜ馬鹿野郎!」と、すずとのライバルストーリー継続を熱望。さらに“女帝時代”の幕開けを宣言し、大歓声の中でベルトを掲げた。

 バックステージに戻った舞華は、「今年、本当に自分にとっては山あり谷あり。ホントにどん底に落ちて心も折れて。それでも、みんなが支えてくれたから。ホントにみんなが私の生きる活力であり、歯を食いしばって頑張れる原動力でした。でも、今度は私がみんなの生きる活力になる。死にたいとか、どん底に落ちてる人たちの、私が頑張れる源になる。そういうチャンピオンでありたいと思ってる」と決意表明。

 そこへ、感極まって涙しながらひめかが現れ「おめでとう~!おめでとう~!自分のことのように……やっと報われてぇ……!」と舞華を抱きしめる。
 舞華は「なんで私より泣いてんだよ!(笑)」と照れながらももらい泣き。「これは私だけじゃないから。はいっ!」とひめかの肩に赤いベルトをかけつつ「ありがとう。夢、叶えたよ」と満面の笑みを見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る