“初代タイガーマスクの二番弟子”間下隼人が野獣と化したRIZINファイターを師匠直伝タイガー・スープレックス葬で王座防衛!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、東京都・後楽園ホールにて『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.27 ―力道山先生没60年追悼興行―』が開催。“初代タイガーマスクの二番弟子”間下隼人が関根“シュレック”秀樹を破りレジェンド王座のV2を成した。

 関根“シュレック”秀樹は、警察官を経て柔術家としてプロのリングに上がるようになり巌流島などで活躍。若かりし頃にUWFインターナショナルに憧れてプロレスラーを志した夢を諦めることが出来ず、盟友・佐藤光留の主催するハードヒットにて2018年7月にプロレスラーデビューも果たした。
 最近ではRIZINでの活躍が知られ、ベイダーマスクを被りUWFのテーマで入場するという“プロレスラー”としての愛と誇りを以て試合に臨む姿が話題に。エモーショナルな試合内容やマイクなどが格闘技ファン・プロレスファンの心を打ち、今のシュレックは日本人ヘビー級MMA選手で最も人気の高い選手の1人になっている。

 そして、シュレックの魅力はストロングスタイルな試合ぶりだけではない。
 11月8日にはバラモン兄弟との試合で髪をバリカンで刈られて落ち武者ヘアーにされてしまうという憂き目に遭うも、それを逆手に取り、同月14日にはシュートボクシングで史上初の敗者髪切りマッチを敢行し勝利するなど常に話題を振りまくエンターテイナーとしての資質も兼ね備えている。

 今年8月にはシュレックが“初代タイガーマスクの二番弟子”間下隼人の持つレジェンド王座に挑戦することが決まっていたが、シュレックが同年6月の『RIZIN.43』に出場した際に眼底骨折、左頬骨陥没骨折、鼻骨骨折の重症を負ってしまったために流れたままとなってしまっていた。
 約半年の時が流れ、シュレックも万全の状態に。間下も王座を守り続けてようやく2人の王座戦が実現する運びとなった。

 戦前の記者会見でも落ち武者ヘアーのまま現れたシュレックは「プロレスで起きたことはプロレスでしか精算できない。負けたらお前もこの髪型に出来るか?」と間下に落ち武者式カベジェラ・コントラ・カベジェラを提案。
 間下もシュレックの覚悟を認めて受け入れ、この話を聞いていた初代タイガーも「それは私も見てみたい。期待しています」と乗り気の姿勢を見せたことから一時は髪切りマッチへのルール変更が決定。
 しかし、会見後に新間寿が「髪切りマッチなんてやらなくても良い試合を見せられるはず」と雷を落としたことから通常ルールでの試合に再変更されてしまった。

 シュレックは諦めること無く試合当日まで髪切りマッチの実施をアピールしていく姿勢を示したが、新間の鶴の一声ですぐに引き下がった間下に対しては自己主張の弱さを指摘。
 「お前ら本当に虎の子か?実は虎の威を借る狐なんじゃないか?本当に虎の子だったら噛み付けよ!いつまでも親元で大人しくしてちゃダメだよ。だから親が引退出来ないんじゃないか?上に噛み付く勇気がない子猫ちゃんじゃ俺には絶対勝てねえよ。一人の虎としてかかってこい。間下、おまえも虎になれ!」と熱いエールを贈っていた。


 試合が始まるやいなやシュレックが突撃し、ベイダーハンマーを連打。アイアンクローで頭蓋骨を歪ませたり、外そうとした間下の手に噛みつき攻撃を見舞ったりと本能むき出しの野獣的ファイトを展開。必殺のジャーマン・スープレックス・ホールドまで決めていく。
 しかし、間下はデビューから16年も下積みを続けていた忍耐の男。シュレックの猛攻を持ち前の頑丈さでしのぎ切った間下は、ベイダーハンマーをかわしてリアルデンジャラスバックドロップから顔面をぶち抜くジャンピング・カラテキック。さらに初代タイガーから授けられた必殺のFSR(※フィッシャーマンズ・スープレックス・ライオット)で叩きつけるもカウントは2。
 もはや打つ手無しかと思われたが、ここで間下は虎になる。初公開のダイビング・ヘッドバッドで追撃し、側頭部を撃ち抜くハイキック。最後は師匠直伝のタイガー・スープレックス・ホールドを決めて3カウントを奪った。

 試合後、間下はシュレックと固く抱き合い、「関根“シュレック”秀樹、いや、シュレックさん、あなたのお陰でまた強くなれました。心より感謝します。ありがとうございます!」と感謝。そして、「来年も、ストロングスタイルプロレス、引っ張っていくのは、この俺間下隼人で文句ねーよな!」と決めセリフで締めた。

 バックステージに戻った間下は、「タイガー・スープレックス・ホールドを出すのは(2月に)ベルトを獲ったとき以来2度目です。言い過ぎかもしれないですけど、僕は平成になってからはセコンドで一番佐山先生の試合を間近で見てきた人間だと思います。マスクは被れなかったですけど、虎の遺伝子を間近で見てきましたし、そういう部分が土壇場で出るのかなという気はしましたね」と感想を語る。

 今後の防衛ロードについては、「追いかけることが当たり前になっていたので、追いかけられる立場に慣れていないんです。どう考えても僕よりも知名度が高い人達と闘っていくことになると思うんですけど」とはにかみながらも、船木誠勝、スーパー・タイガー、村上和成といった格上の名を挙げた。

 その後、後輩のタイガー・クイーンの入場曲が会場から流れてきたのを聞いた間下は「クイーンの試合を見てあげてください」と自らコメントを打ち切って記者陣にリングへ戻るよう促すという謙虚で優しい姿勢を見せ、静かに会場を後にした。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る