「俺は華もないし身体もちっちゃい」コンプレックスに負けず努力を続けた田村男児が土井成樹を破ってリーグ戦優勝!大晦日にエル・リンダマンと世界ジュニア戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『レックpresents #ajpw世界最強タッグ決定リーグ戦2023【優勝戦】』が開催。田村男児が『Jr. BATTLE OF GLORY 2023』優勝を果たした。

 全日本プロレスのジュニアヘビー級のシングルリーグ戦で『Jr. BATTLE OF GLORY』。
 昨年から世界最強タッグ決定リーグ戦と同時開催となるも、大会シリーズ名に『Jr. BATTLE OF GLORY』の表記は無し。さらに試合も例年の20分1本勝負から10分1本勝負に短縮されているなど扱いが丁重とは言えない中での開催となっていた。
 しかし、選手たちは10分という時間の中で濃縮された激戦を展開していき、ヘビー級に負けないジュニアの魅力を発信。リーグ最終戦まで誰が優勝戦へ進んでもおかしくない大混戦が展開され、最終的に後楽園への切符を掴み取ったのは土井成樹と田村男児。

 今月3日の大阪大会で2人が対峙した際、土井は「俺たちは公式戦で引き分けてるから、優勝決定戦で決着つけようやんけ。優勝決定戦は10分1本勝負ちゃうからな。時間無制限1本勝負や。正々堂々、やり合おうやんけ!」と口数多く完全決着を求める。
 対する男児は、対照的に静かな口調で「正々堂々やりましょう。そして最強タッグとJr.BATTLE OF GLORY同時開催。ジュニアがもっと面白いって言わせるような試合をしましょう」と覚悟を語るマイクで応えた。

 試合は、手数で勝る土井に対し、男児はどっしりと構えて後の先を取っていく対照的な闘いぶりを展開。土井のDOI555からのバカタレスライディングキックという必勝パターンをかわしてダンロックに捕らえた男児が雪崩式バックフリップを狙うが、土井が雪崩式回転エビ固めでパワーボムのように叩きつける豪快な返し技を見せる。
 土井はバカタレスライディングキックを放つも、男児がカウンターのラリアットをクリーンヒットさせ、DOI555を切り返してのパワーボム。これを返されると間髪入れずにラリアットからパワーボムとダメ押しして3カウントを奪った。


 悲願の初優勝を果たした男児には優勝トロフィーが贈られ、田村は土井に深々と座礼。そこへ、現世界ジュニア王者のエル・リンダマンがスーツ姿にベルトを持ってリングイン。
 
 リンダマンは「恐らく、ほとんどのプロレスファンが土井成樹vsエル・リンダマンを望んでいたと思うけど……この全日本のファンだけは田村男児が優勝することを願ってたみたいだなあ。俺は俺で世界ジュニア防衛戦、井上凌、ライジングHAYATO、佐藤光留、ジョナサン・グレシャム。良い思いも悪い思いもしてきたけどよ、すべて経験。血となり肉となり、このエル・リンダマンはもっと強くなった。最強のエル・リンダマンvs最強の田村男児で、2024年……この全日本のジュニア、いや、その名の通り世界のジュニアの最前線を走っていくのがどっちかを決める戦いをしようぜオイ」とベルトを掲げ、12月31日の国立代々木競技場第二体育館大会での世界ジュニア戦を決定した。

 バックステージに戻った男児は「今までやってきたことはすべて遠回りだったんですよ。強さを追い求めて色々やってきたんですよ。青木真也しかり、関根“シュレック”秀樹しかり、LIDET UWFだったり、全部強さを追い求めてやってきました。俺は華もないし身体もちっちゃいから、羨ましいと思ったこともある。だけど、ここ(心)が諦めてなかった。気持ちが折れなかったんだ。だからこうやって結果としてついてきてくれたんだと思います」とその胸中を吐露。
 そして、これまで闘ってきたすべての選手や、大会を支えてくれている団体スタッフたちに感謝の言葉を述べてからGLEATへ流出している至宝の奪還を誓った。

 男児は2019年1月に全日本生え抜きの新人としてデビュー。2020年にはあすなろ杯で優勝を果たすも、その後はシングルで目立った戦績は無し。
 同年代の青柳亮生、ライジングHAYATO、大森北斗らに次々とスポットライトが当たっていく中でも男児は腐らず研鑽を続け、アジアタッグ王座やUNタッグ王座などのタッグ戦線で結果を出すことが出来るようになっていった。
 そんな中で勝ち得た約3年ぶりに掴んだシングルリーグ戦の頂点。真面目に1つずつ1つずつ積み上げてきた努力の人が大晦日の大舞台で栄冠を掴むことが出来るのかに注目していきたい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る