「全日本プロレスの若手はどの団体よりも素晴らしい」中嶋勝彦&大森北斗が世界最強タッグ優勝!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『レックpresents #ajpw世界最強タッグ決定リーグ戦2023【優勝戦】』が開催。中嶋勝彦&大森北斗が世界最強タッグ決定リーグ戦優勝を果たした。

 全日本プロレスの年末の風物詩である世界最強タッグ決定リーグ戦。
 この日の最終戦を残した時点では、諏訪魔&鈴木秀樹、斉藤ジュン&斉藤レイ、中嶋勝彦&大森北斗の3組が10点で並ぶトップタイ。9点で追う宮原健斗&青柳優馬は、自身が中嶋&北斗に勝利+他2組の敗戦という厳しい条件ながら優勝の可能性を残していた。

 最終戦には魔物が潜むという伝説の通り、この日の試合結果は大荒れ。
 諏訪魔&鈴木、ジュン&レイがまさかの敗北を喫したため、メインイベントの中嶋&北斗vs宮原&青柳が優勝という状況で最後の試合を迎える。

 中嶋は最強タッグにエントリーされた際、パートナーにあてがわれた北斗は眼中に無く「お前誰だ?」と言い放つなど冷たく突き放していた。
 しかし、北斗はそんな中嶋に必死に食らいついていき、中嶋もその気概を認めて厳しい稽古を付けるように。今回のリーグ戦は北斗の成長物語であったとも言える。


 試合は、序盤こそ大晦日に三冠戦が決まっている中嶋と宮原の対面に注目が集まったが、中嶋は敢えて北斗を前面に出して自身はそのバックアップに回る。
 宮原&青柳のコンビネーションに捕まり1vs2の状況に追い込まれることも多かった北斗だが、折れずに吶喊。中嶋とのコンビネーション攻撃を決めるなど開幕戦のギスギスした様子が嘘のようなファイトを見せ、最後は青柳との一騎打ちに持ち込む。
 前三冠王者たる青柳の激しい攻撃が続くが、中嶋が「北斗!行け!」と背中を叩いて鼓舞。しのぎきった北斗がランニングエルボーからドラゴン・スープレックス・ホールド。最後は必殺の無想一閃(※変形フィッシャーマン・ドライバー)で突き刺して3カウントを奪った。

 感極まった北斗は、「ついにやったぞ!この野郎ッ!」と泣きながら雄叫び。
 中嶋は「大森北斗……、よくやったなぁ。この最強タッグ、このシリーズを通して思ったことがある。全日本プロレスの若手は、どの団体よりも素晴らしい。ただ、俺は外敵だ。現三冠王者、この闘魂スタイルの中嶋勝彦に噛み付いて、噛み付いて、首を掻っ切ってみろ。北斗、お前もだ!最強のチャレンジャーになって、このベルトの位置まで来れるなら来てみろ」と北斗を1人のプロレスラーとして認め、握手を求める。
 これを受けた北斗が張り手で返すと、中嶋がさらに強く張り返して絆を確かめ合った。

 締めを任された北斗は、「俺はこの1年間、この全日本プロレスで何も結果を残すことが出来なかった。だから俺は、この長い長いトンネルを抜けたら!最高に飾った言葉で、最高にキザな言葉で、俺の世界観を作り上げようと思ったんだけど、いざそうなるとそういう言葉が全然出てこない。だから、今日だけ、今日だけは俺の素直な言葉を聞いてください。本当に今日はありがとうございましたッ!」と新人時代のような誠実な態度でファンに深々と頭を下げた。
 そんな北斗に、中嶋は「今日は……まあ、開幕戦からもそうだけど、今日はコイツの頑張り。この一言です」と最大限の褒め言葉をかけた。

 一方、宮原は「中嶋勝彦とタッグで向かい合ったなんて何年ぶりだ?10年以上だな。大晦日は1vs1だ。しかも、かつて俺たちがセコンドに付いていて、師匠が巻いていたベルトだな。まさかそんなときが来るとはな。中嶋勝彦、大晦日に必ずテメェのナメた口をふさいで、俺が三冠ベルトを巻く」と、師匠である佐々木健介さんが巻いた三冠ベルトを弟子同士で争うことの感慨を語る。
 そして、青柳は「正直、スマンカッタ。ホントにポカした!ポカした!」と言い残して去っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る