【全文掲載】BreakingDown勢がプロ格闘家との対抗戦に勝利!朝倉未来が「ウチをよく思ってないプロ団体の関係者さん、是非対抗戦をしましょう」と宣戦布告!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて『BreakingDown10』が開催。

 本戦10回目の記念となる今大会では、BreakingDown勢がプロ格闘家やOutsider戦士との対抗戦の他、新設されるバンタム級のベルトをかけた初代王者決定トーナメントが行なわれたり『喧嘩自慢地区対抗戦』で豊橋勢と大宮勢が激突したりと多くの見どころがある大会に。

 大会終了後、朝倉未来CEOが大会の総括を行った。

――今大会で特に印象に残った試合・選手・企画などは
「まずは細川くんですね。100人の中の頂点を1日で決めるって企画自体も動画の反響も良かったですし、1/100になれる男はスター性がある。すごいアップセット(番狂わせ)だったなと思います。それに通ずる話なんですけど、プロ対抗戦という形でやったBreakingDownとの対抗戦は、BreakingDownが勝利してしまったので。これはまたさらに賛否が生まれてきそうなんですけど、よく思ってないプロの団体の関係者さん、『ウチなら勝てるよ』って方は『BreakingDown11』で是非対抗戦をしましょう」

――プロ対抗戦は3勝2敗、その3勝はすべてKOだったという結果について思うことは
「特に、YURA選手とかはプロの実績もあったりするんだけど、外枦保くん、細川くんはホントにBreakingDownで出始めて格闘技経験も浅い中で勝ってる。ホントにポテンシャルあると思いました。なんだかんだ言ってBreakingDown勢強い」

――BreakingDownの力を証明して終わりではなく、これからもどんどんケンカを売ってきて欲しい?
「まあやっぱり、プロ対抗戦と言ってもプロのトップ選手ではなかったので。そういう選手が格の違いとかを見せに来てくれたら面白いかもしれないですね。それはBreakingDown側の底上げにもなると思いますし」

――プロ側のレベルが上がって行っても臆さず向かっていくと
「はい」

――バンタム級トーナメントについて
「アップセットで言うと山川そうきくんかな。その他は順当かなと。なんにしても次『11』で1日2試合やらないといけないので、そのへんも含めて運もすべて味方にした者がチャンピオンになるんじゃないかな」

――選手側から「トーナメント表のシャッフルを」という声もあった
「うーん、まあ僕はこのままでも良いのかなと思って。どっちにしても1日2試合するわけだし。誰が勝つかわからないんで、そのままでもいいのかなと思います」

――冨澤選手からは「東京ドームでやりたい」というマイクがあったが、BreakingDownで東京ドーム進出は考えているか
「まあBreakingDownという大会で東京ドームっていうのはまだ僕は考えてないですけど、僕が個人的に東京ドームみたいな会場で格闘技の大会を開催するっていうのは夢の1つなので。そこにBreakingDownの選手が出ることはあると思います」

――海外での大会開催など世界進出についての展望は
「やっぱりBreakingDownってスゴくて、海外への認知も最近は高まっていて。海外から対抗戦を申し出てくる形が続いていて。色んな国から話が来てるんですけど、『.5』のような感じでBreakingDownの精鋭を他の国に連れてって、そっちの会場でやっていってさらに世界の認知を獲っていけたら良いかなと思います」

――冨澤選手はプロの世界でのし上がっていける実力があると思うか
「それは全然あると思ってて。BreakingDownってやっぱ、そのへんのプロ選手よりも認知度も求心力も付いちゃってるので。あとは実力が付いてきたらホントにいろんな大会に出て行ってもらいたいと思うし。僕らも団体としてはその選手がプロの道に行きたければ行ってもらうっていう志向なので。誰かがどんどん切り拓いていくとあとのBreakingDown選手たちも付いていく形になるのかなと思います」

――2024年の大会開催予定について
「2月を予定してます。『11』に関しては。そのあとは3ヶ月おきくらいに開催していけたら良いなってことで。年4回を予定していて、いつもながら1ヶ月~1ヶ月半後くらいに『.5』をやっていくっていうスケジュール感ですね」

――BreakingDownは格闘ジムでの大会からこうした大きな会場での大会へと発展していった。その成功の要因は何だと思うか
「やっぱり、僕が思うのは、世界最強の人物が2人いたとして、誰もいない公園で2人で闘っててもあんまり価値がないと思うんですよね。『どれだけの人がその試合を見たいか』っていうことでその格闘技の価値が高まると思ってて。その試合に至るまでのストーリーとかを視聴者に見せたことが成功の要因じゃないかなと思います」

――BreakingDownは数多くの選手の人生を大きく変えてきた。今までの大会の中で一番印象に残っている選手は
「やっぱり、初代のこめおとかは自分のお店を出したりとか、飯田さん(飯田将成)とかもYouTube40万人とか行って焼肉屋を今度出すみたいですし、色んな人の人生がいい方向に変わっていくなあと思ってはいますね。特に誰かって言われると分かんないですけど」

――朝倉未来挑戦トーナメントの具体的なプランはあるか
「あれはまあ、いずれ出るとしたらそういう感じになるのかなっていうただの思いつきの話で。今自分の試合でやることがあるので。まだBreakingDownに出ることはないと思います」

――“アップセット”という点ではSATORU選手がサップ選手に勝利したこともあった。BreakingDownはアップセットが起きやすい闘いの場だと思うか
「うーん、それは思いますね。普通の試合よりは出やすい方だと思います。短いので攻めないといけないし、面白い試合をして攻めれば攻めるほどリスクは上がるので。そういった部分かなと思います」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る