ごぼうの党党首【花束ニキ】奥野卓志をKOし担架送り!46歳のバン仲村が引退回避!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて『BreakingDown10』が開催。第2試合では【花束ニキ】おくのたかしvs【ケンカバトルロワイアル代表】バン仲村が行われた。

 朝倉未来vsフロイド・メイウェザー・Jr戦の花束贈呈時に、メイウェザーの眼の前で花束を投げ捨てたことで世界中から批判を浴びたごぼうの党党首【花束ニキ】おくのたかし(奥野卓志)が、ブレイキングダウン8で【喧嘩3000戦無敗】所沢のタイソンを倒し勝利。
 今回のオーディションではバン仲村が「俺とどうですか?奥野さんに負けるようならブレイキングダウン引退しますよ」と奥野を指名し、奥野も「負けたら1000万積みます」と覚悟を見せて試合を決定した。

 前日会見でおくのは「サングラスの暑苦しいキャラは1人でいいかなと。望み通り引退させてやろうかなと思ってます。聞くところによると山梨県で東京ドーム2個分の立派なぶどう畑持ってるらしいんで、サングラス外して麦わら帽子被ってぶどうでも育ててたらどうかなと。明日のテーマは顔面ぶどう畑。顔面をボコボコにして思わず日焼けしたぶどうかなと間違えるぐらい、食べたくなるようなぶどうにしてやろうかなと思ってます。今回のテーマは顔面ぶどう畑ですお願いします」と挑発。
 仲村は「今の正直な気持ちは無です。明日戦って、どんな気持ちになるかわからないけど全力で行くことを誓います。以上です」と、自ら望んだ試合であるにも関わらず言葉少なに語っていた。


 試合が始まると仲村がローから右フック。さらにラッシュを仕掛けるとおくのはガードをあげてケージを背にして耐えていく。
 おくのが右ストレートを打ち込むと仲村がふらつき、お互い見合っての打ち合いになると仲村の右フックがヒットしおくのはダウン。

 再開し、おくのの左ストレートが顔面を捕らえていき、ガードをあげようとした仲村の首を掴んで顔面に膝。一度離れた仲村がワンツーを打ち込むと、これでおくのが倒れダウン。
 2ダウンで仲村の勝利となり、おくのは担架で運ばれていった。


 試合を終えた仲村は「一言、あの、まだ2試合目なんでね、あんまり言うことも特にないんですけど、1年半前ぐらいにこの大会にお世話になって、あと溝口さん誕生日おめでとうございます。未来くん海くん、あと何より、瓜田純士、ありがとうございました。おくのさんも、ほんとにありがとうございました。いなくなっちゃった。そうですね、そうだな、もう46のおっさんなんで、なんなんだろうな、あんまり目指してるものはもうないんですけど、みんな大切なものをね、なんか気づいてもらえるような、活動をこれから続けたいと思います。ありがとうございました」と挨拶した。

 引退を回避したバン仲村が今後もブレイキングダウンを盛り上げてくれることに期待したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る