【試合詳細】10・15 スターダム大田区総合体育館大会 葉月&コグマvs岩谷麻優&羽南 刀羅ナツコ&渡辺桃vs朱里&鹿島沙希 鈴季すず&星来芽依vs世羅りさ&柊くるみ ジュリアvsMICHIKO

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『第13回 ゴッデス・オブ・スターダム ~タッグリーグ開幕戦~』
日程:2023年10月15日(日)
開始:16:30
会場:東京都・大田区総合体育館
観衆:813人

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[COSMIC ANGELS]●水森由菜
5分56秒 冷凍庫爆弾→片エビ固め
[大江戸隊]○琉悪夏

▼タッグマッチ 15分1本勝負
[Donna Del Mondo]○桜井まい/テクラ
7分33秒 貴婦人おクラッチ
MIRAI/●天咲光由

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[Donna Del Mondo]○ジュリア
10分19秒 ノーザンライト・ボム→片エビ固め
●MICHIKO(GLEAT)

▼レッドゴッデス公式戦 15分1本勝負
[CRAZY STAR]△鈴季すず/星来芽依【0勝0敗1分=1点】
15分0秒 時間切れ引き分け
[PROMINENCE]世羅りさ/△柊くるみ【0勝0敗1分=1点】

▼レッドゴッデス公式戦 15分1本勝負 
[Club Venus/Moonlight Venus]○白川未奈/月山和香【1勝0敗=2点】
7分19秒 インプラントDDT→片エビ固め
[MAXIMUM ザ mini]飯田沙耶/●HANAKO【0勝1敗=0点】

▼ブルーゴッデス公式戦 15分1本勝負
[Divine Kingdom]舞華/○メーガン・ベーン【1勝0敗=2点】
6分27秒 F5→片エビ固め
[令和東京タワーズ]壮麗亜美/●レディ・C【0勝1敗=0点】

▼レッドゴッデス公式戦 15分1本勝負
[God‘s Eye/凸アネコン凹]朱里/●鹿島沙希【0勝1敗=0点】
10分3秒 テキーラサンライズ
[大江戸隊/XL]刀羅ナツコ/○渡辺桃【1勝0敗=2点】

▼ブルーゴッデス公式戦 15分1本勝負
[STARS/アイコンタクト]岩谷麻優/●羽南【0勝1敗=0点】
12分47秒 ダイビング・ボディプレス→片エビ固め
[STARS/FWC]葉月/○コグマ【1勝0敗=2点】

タッグリーグ開幕戦からプロミネンスとすずの因縁対決が実現もフルタイムドロー!FWCがSTARS対決を制し優勝宣言!ジュリアvsMICHIKOの因縁対決はあっさり幕引き?

第0試合


 ロックアップから琉悪夏がロープに押し込みクリーンブレイクも、水森が突撃し丸め込むも2。
 水森がヘッドロックからショルダータックルも、琉悪夏が受けきりショルダータックルのぶつかりあいへ。
 水森がガットショットからロープに飛んでショルダータックルも、受けきった琉悪夏がショルダータックルで倒す。
 琉悪夏はTシャツを使ったスリーパーで捕らえ、これがレフェリーに注意されるとヘアーホイップ。ロープ際で顔面にを押し付けていき、これもレフェリーが注意しブレイク。
 琉悪夏はチョークでコーナーに押し込み、これを離すと串刺しボディスプラッシュ。さらにロープに飛んでショルダータックルで倒しフォールも2。

 琉悪夏は顔面を蹴りつけ、挑発的に顔面を張っていく。水森は起き上がるとエルボーを打ち込みエルボーの打ち合いへ。
 琉悪夏はビンタで倒し、髪を掴んで引き起こすと投げようとする。だが逆に水森がボディスラムで叩きつけ、ロープに飛ぶとスライディングラリアット。フォールも2。

 水森はコーナーに登り、セカンドロープからのダイビングショルダーアタック。水森は再度コーナーに登り、ミサイルキックを放つが琉悪夏が避けてスライディングクロスボディアタック。フォールも2。

 琉悪夏はクロスフェイスで捕らえるが、水森はロープを掴みブレイク。

 水森はラリアットを連発。受けきった琉悪夏がサミングからロープに飛ぶが、水森はドロップキックで迎撃し、ロープに飛んでラリアットでなぎ倒す。
 水森は担ごうとするが、耐えた琉悪夏が突き飛ばしてからラリアット。フォールも2。

 琉悪夏は投げようとするが、水森が首固めも2。
 水森は走り込むが、琉悪夏はカウンターのネックハンギングボムからフォールも2。

 琉悪夏はコーナーに登り、冷凍庫爆弾からフォールし3カウント。

第1試合


 先発は桜井とMIRAI。ロックアップからバックの取り合いへ。桜井が足を刈って倒し、パラダイスロックで捕らえるとその上に座って貴婦人ポーズ。桜井はテクラから貴婦人マネーを受け取り客席にばらまくが、天咲がパラダイスロックを外すとMIRAIが後ろから殴りかかりロープに飛ぶ。だが桜井は札束ビンタで迎撃しテクラにタッチ。

 テクラは左右のビンタからソバット。さらに首投げからネックツイスト。フォールも1。
 テクラはロープに振ろうとするが、逆にMIRAIが振るもテクラはロープに絡みつき、走り込んで来たMIRAIの顔面を蹴り飛ばしてコーナーに上る。MIRAIが走り込むがテクラが飛び越えるとロープに飛ぶが、MIRAIが交わして走り込むも、テクラはカニバサミで倒してランニングケンカキック。避けたMIRAIがバックを取って担ぐが、テクラが着地しカサドーラも2。
 テクラはバズソーキックも、避けたMIRAIにバックキック。ロープに飛ぶが、MIRAIは巻き込んで担ぐとバックフリップ。MIRAIは天咲にタッチ。

 天咲はDDTからロープに飛んで後頭部にドロップキック。フォールも2。
 天咲はゆりかもめで捕らえるがテクラはロープに足を伸ばしブレイク。
 天咲はDDTからコーナーに振ってスペースローリングエルボーも、テクラが避けると天咲がガットショットからロープに飛ぶ。テクラはエルボーで迎撃し、フィッシャーマンスープレックスホールドも2。
 テクラは桜井にタッチ。

 桜井はビッグブーツからストンピング。エルボー連打からコーナーに振って串刺しビッグブーツからロープに飛んでドロップキック。フォールも2。
 桜井はSTFで捕らえるがMIRAIがカット。
 MIRAIは桜井を丸め込んでからDDT。コーナーに叩きつけると、エプロンに降りて桜井の動きを止め、天咲がスペースローリングエルボーから天聖。フォールも2。
 天咲は改めて天聖を狙うが、耐えた桜井を見てロープに飛ぶも、桜井はレッグラリアートで迎撃しフォールも2。
 桜井はSTFで捕らえ、天咲はロープを掴みブレイク。
 桜井はビッグブーツからエプロンからテクラが蹴りつけ、桜井がフェイスバスターからテクラがダイビングクロスボディアタック。さらに桜井がノーザンライトスープレックスホールドもMIRAIがカット。
 桜井は担ごうとするが、天咲が首固めも2。
 桜井はシャイニングウィザードからフォールも2。
 桜井はシャイニングバスターから貴婦人おクラッチで3カウント。

桜井「大田区総合体育館に起こしの、超庶民の皆様ごきげんよう!今日から、タッグリーグが、開幕致しますが、MIRAI?タッグリーグ、よろしくね。あなたもこのポーズしなさいよ!」
MIRAI「魂込めてって言ってくれたらやる」
桜井「おだまり!しっしっし、おかえり。ってことで、あなたたち超庶民は、ミライサクを応援してちょうだい。それでは、ごめんあそばせ」

<試合後コメント>

テクラ
「ヨシ!いい試合が出来た。今年こそマフィアベラが優勝する。ヨロシクネ!」

桜井まい
「勝ったのは嬉しいのですが、今日はタッグリーグの開幕戦ということで。私、MIRAIが隣りにいると思ったらまさかの対角にいるじゃない!なんなの?!心の準備が色々ぐちゃぐちゃしてるわよ!ということで、庶民の貴方たち、MIRAISAKUを応援して頂戴。お優勝致しますわ。それでは、ごめんあそばせ」

第2試合


 リング中央で睨み合い、MICHIKOが突き飛ばしてエルボー。ジュリアが手を広げ、MICHIKOがエルボーを打ち込んでいくがジュリアは動じずにエルボーを受けていく。MICHIKOのエルボー連打を受けきったジュリアが強烈なビンタ、さらに足を刈って倒しマウントエルボー連打からビンタ。MICHIKOが切り返してマウントエルボー連打も、ジュリアが切り返してビンタ連打から打ち下ろし式のエルボー。さらに腕ひしぎで捕らえると、MICHIKOはロープに足を伸ばしブレイク。

 ジュリアは顔面を蹴りつけ、エルボーからロープに飛ぶが、MICHIKOは追走してスライディングで足を掴んで場外に引きずり落とす。そのまま場外乱闘へ。
 MICHIKOはエプロンへのパワーボムで叩きつけ、倒れたジュリアにイスを叩きつけるとリングにイスを投げ入れる。

 リングに戻るが、すぐにMICHIKOはジュリアを場外に投げ捨て実況席の机を奪う。その上でMICHIKOはジュリアにパイルドライバーを狙うが、ジュリアがヘッドバッドから机上パイルドライバー。

 リングに戻り、ジュリアはエルボー連打。さらにMICHIKOのビッグブーツをキャッチしてナックルを叩き込み、膝立ちになったMICHIKOにランニングニー。フォールも1。

 ジュリアはロープに飛ぶが、MICHIKOはレフェリーを盾にするとジュリアのドロップックがレフェリーに誤爆。MICHIKOはその隙をついてジュリアにファルコンアローから、イスへのパイルドライバー。フォールも2。

 MICHIKOは投げようとするが、ジュリアがバックドロップで叩きつけ、髪を掴んで引き起こすとグロリアスバスターを狙う。だがMICHIKOが切り替えして、腕を掴んだ状態でビッグブーツ連発。ジュリアは避けるとエクスプロイダーからフォールも2。

 ジュリアはノーザンライトボムからフォールし3カウント。

ジュリア「大田区にお越しの諸君ごきげんよう!おいおいおいアンドラス、じゃなくてMICHIKO、久しぶりだな。お前が1人で乗り込んできたことは認めてやるけど、私と、おめーは、見ているところが全く違う。これで、ほんとに、アリーヴェデルチ、さよならだよ」
MICHIKO「ここで、起きたこと、全て、後悔させてやるぞジュリア~!」
ジュリア「終わり!」

<試合後コメント>

ジュリア
「今日はタッグリーグの開幕戦だぞオイオイオイ!二冠チャンピオンのジュリア様の開幕戦のお相手は、アンドラス宮城……いやいやMICHIKO。なんだか去年あたりから色んな再会があるけど、お前が一番何考えてるか分かんなくてやりづらかったよ正直。困らせんなよ、私を!ただ、さっきも言った。1人で来たこと、だけは!認めてやるけどな。私とアンタは住む世界も目指す場所も何もかもが違う。……これでホントに最後なんだろうな。じゃ、入場式あるから。またな」

MICHIKO
「あぁ!あぁ!ジュリア!ジュリア!!ジュリアーーッ!!!ここでやったこと、絶対、必ず、後悔させてやるからな!覚えてろ!」

第3試合


 入場式が行われるが、全選手入場後に世羅とくるみがすずをリングに投げ入れボコボコに。メイが助けに入ると世羅がマイクを持つ。

世羅「ごちゃごちゃうるせーんだよ!今すぐ試合させろ。逃げねーよなすず?」
すず「おいおいおいおいプロミネンスさんよー気がはえーよ!いいよ、逃げるわけねーだろやってやるよ」

 そのまま場外乱闘になり試合開始。

 リングにくるみとメイが戻り、くるみが串刺しボディスプラッシュからロープに飛んで低空ドロップキック。くるみは顔面を蹴りつけていき、そのままロープ際で踏みつけると世羅がエプロンから髪を引っ張って挑発。
 くるみが走り込むがメイがカニバサミで倒し、エプロンからのドロップキックを顔面に叩き込むと、ロープに飛んで再度ドロップキック。
 メイはレッドインクで捕らえるが世羅がカット。
 メイはロープに飛ぶが、くるみはパワースラムで迎撃しサンセットフリップ。フォールも2。
 くるみは世羅にタッチ。

 世羅はバックドロップを狙うが、メイは着地してガットショットからカニバサミで倒し横入り式エビ固め。これを離してロープに振るとジャンピングソバット。受けきった世羅が走り込んできたメイにセラリズムバスターからフォールも2。
 世羅はコンバインを狙うがすずがカット。
 すずとメイが世羅をロープに振って、メイが飛び越えるとすずがビッグブーツ。メイが丸め込み、そこへすずがドロップキックから、メイとダブルのドロップキック。
 くるみがメイとすずの背中にエルボーからコーナーに振り、世羅が串刺しボディスプラッシュからくるみが世羅ごと串刺しボディスプラッシュ。
 世羅はメイを担ぐが、着地したメイの顔面に膝蹴り連発。
 ロープに飛ぶが、メイが顔面にドロップキックを叩き込みすずにタッチ。

 すずはエプロンのくるみをエルボーで落とし、世羅の顔面を蹴り飛ばしてエプロンから上半身を出すと、場外を走り込んで顔面にドロップキック。フォールも2。
 すずはアキレス腱固めで捕らえるが、世羅はそのままエルボーから蹴り飛ばす。すずもエルボーから髪を掴んで引き起こすと、世羅のエルボーを避けてハイキック。キャッチした世羅にすずが延髄斬りも、世羅は避けてコンバイン。世羅は担ぎ上げてコーナーに叩きつけると、串刺しニーを発射するがすずは避けて背中にエルボー。すずは世羅をセカンドロープに座らせ、スライディングジャーマン。すずはコーナーに登るも、世羅はビンタからエルボーを叩き込んで担ぐとパワーボムを狙う。これをすずが巻き投げて走り込むが、世羅はカウンターのファルコンアロー。
 世羅はエルボーから担ぐが、着地したすずが投げようとするが、世羅が耐えてエルボー。エルボーの打ち合いから世羅が髪を掴んでエルボー連打。すずのエルボーを巻き込んで左右のエルボー連打も、すずはナックルで返し両者ダウン。
 世羅はくるみにタッチ。

 くるみはカナディアンバスター。コーナーに登り、セカンドロープからのダイビングフットスタンプを投下しフォールも2。
 くるみはロープに飛ぶが、すずが避けるとメイがスワンダイブローリングネックブリーカードロップからすずがドロップキック。
 すずはミサイルキックからフォールも2。
 すずはテキーラショットを狙うが、くるみは力づくで引き寄せてブラックホールスラムで叩きつける。
 世羅がすずをコーナーに押し込み、串刺しダブルニーからくるみがキャノンボール。さらにロープに飛んでラリアットでなぎ倒しフォールもメイがカット。
 くるみは人でなしドライバーで突き刺しフォールも2。
 くるみはダイビングサマーソルトドロップも、すずが避けて自爆させるとすずがバックを取る。そこへメイがダイビングコードブレイカーからすずがぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールドも世羅がカット。
 すずはコーナーに登るが、世羅がエルボーから正面に登り、雪崩式羅紗鋏からくるみが変形エメラルドフロウジョン。フォールも2。
 すずはカナディアンデストロイヤーも2。
 すずは走り込むが、くるみがラリアットでなぎ倒す。再度すずが走り込んでテキーラショットも2。
 すずは往復バズソーキックからランニングバズソーキック。投げようとするが、くるみがリバースしてインプラントも2。
 膝立ちでエルボーの打ち合いからくるみがジャーマンで投げ捨てるが時間切れ引き分けに。

<試合後コメント>

世羅りさ&柊くるみ
世羅「ドローかぁ……。いやあ、ああやってね、奇襲を仕掛ければ、ちょっとこっちが確実に勝つんじゃないかって、こっちも色々考えてたわけですけど、やっぱりあっちがこっちを知りすぎてるんだろうなと思った。こっちももちろん、アイツの性格は分かってるし、ああやって挑発すれば絶対に受けて立つのはわかってたし。ただ、いまのあいつは5★STAR優勝者?ノリにノってる鈴季すずと、ハイスピードチャンピオンの星来芽依でしょ?落としたくはなかったんだよね、初戦」
くるみ「うん」
世羅「奇襲したのにドローで終わるのはちょっと不甲斐ない結果ではありますけど。我々、今日でどんなタッグか分かってもらえたと思うので。これからバンバン大型の2人でバンバンバンバンスターダムの選手をなぎ倒していってやるから。楽しみにしときな、残りの奴ら」

――タッグリーグでの一番の狙いは
世羅「狙い?もちろんすずの首だったんですけど、まあちょっと初戦だったし、今日の奇襲も失敗しちゃったんで。とりあえずは方向転換。アイツに並ぶには優勝しかない。優勝して、すずと同じ位置に立って、改めてアイツをボコボコにしてやりたいと思います。以上!」

鈴季すず&星来芽依
すず「おいおいお~い!プロミネンスぅ!ちっとお前らちっと気がはえーよ。久しぶりのスターダム参戦で嬉しくなっちゃったんじゃないの?まあまあ、私が一番よくお前らの強さとお前らのしぶとさは分かってんだよ。だけど、もうお前らと一緒にやってたころの鈴季すずはいねーんだよ。ふざけた真似しやがって。お前らよりも高い高い高いところに上り詰めていこうとしてんだよ、こっちは!邪魔してくんじゃねーよ。2度と私の前に現れるなよ」
星来「初、初戦がプロミネンスで、しかも入場式でいきなりすずに。私、どうしたらいいかわかんなくなっちゃった。でも、自分は負けより引き分けという結果がめっちゃくっちゃ嫌いなんですよ。しかもあと、自分より遥かに大きい人、あまり対戦してこなかったので、これで自分の足りないところっていうのも分かったので、今後またそれを直していく。頑張ります」

第4試合


 先発は月山と飯田。月山のドロップキックを避けた飯田がエルボーからショルダータックルで倒し、逆水平チョップ連発でロープに押し込む。ロープに振ってドロップキックからフォールも2。
 飯田はスリーパーで捕らえるが、ストンピングからロープに飛ぶ。だが月山は転がって足を刈って倒すと、ロープの反動を使ってリング中央に転がし、白川と一緒にダブルのドロップキックを後頭部に叩き込む。フォールも2。月山は白川にタッチ。

 白川はドロップキックからミドルキックを打ち込んでいくが、飯田は後ろ手に組んで受けきっていく。白川はなんとか蹴倒すがHANAKOが出てきてビッグブーツ。だが白川はロープに飛んで低空ドロップキックでロープにもたれさせると月山にタッチ。

 月山が往復ヒップアタックから飯田をフォールも2。
 月山は白川にタッチ。

 白川はビンタからストンピング。白川のハイキックをガードした飯田がバックエルボーからエルボースマッシュ。さらにロープに飛んでダブルチョップを叩き込みHANAKOにタッチ。

 HANAKOはショルダータックルで倒し、走り込んできた月山もショルダータックルで迎撃。飯田とHANAKOがそれぞれ串刺しボディスプラッシュから、HANAKOが白川にボディプレス。さらにボディスラムからフォールも2。
 HANAKOは投げようとするが、着地した白川に膝蹴りからロープに飛ぶ。だが白川はローリングエルボーで迎撃しフォールも2。
 白川はインプラントDDTを狙うが、飯田が走り込んでラリアットでなぎ倒す。さらにHANAKOが飯田を担いで白川に投げ捨てると、飯田はそのままエルボードロップ。そへHANAKOがニードロップを投下しフォールも2。
 HANAKOは引き起こしてブレーンバスターからフォールも月山がカット。
 HANAKOはアルゼンチンで担ぐが、月山が飯田を叩きつけてカット。
 月山はクロスボディも、飯田とHANAKOはキャッチするが、白川が月山もろともドロップキック。
 白川はHANAKOにネックブリーカードロップからフォールも2。
 白川は起き上がるが、HANAKOがエルボー連打からダブルチョップ。ロープに飛んでビッグブーツも、キャッチした白川がバックブロー。白川は延髄斬りからフォールも飯田がカット。
 月山が飯田をドロップキックで迎撃し、白川と一緒にHANAKOにダブルのDDT。さらに白川がインプラントDDTからフォールし3カウント。

<試合後コメント>

白川未奈&月山和香
白川「イエ~イ♪和香!」
月山「イエ~♪未奈!」
白川「Moonlight Venus、初戦勝ちましたね!どうよ?憧れのNEW BLOODタッグチャンピオンがいたでしょ?」
月山「私はスターダムに来た当初から、飯田さんという人はすごく身体がムキムキで、一度ああなりたいと思ったんですけど、一向になれず……(※白川が月山の腹をポンと叩く)お腹はそんな……。でも今日チョップ受けて、飯田さんっていうのは心の強い人だから私はもっと精神面も鍛えなきゃいけないと思いました」
白川「おう、精神面鍛える?いいこと思いついた。私タイに行くからムエタイの道場行きたいんだけど、行きましょう。それでClub Venusのfromタイもスカウトできるかもしれないし」
月山「fromタイ!(※拍手)」
白川「行きましょう。Club Venus、第二ストーリー、スタートだからね。頑張るぞ!和香がキーポイントだぞ!」
月山「NEW BLOODタッグ挑戦するからな!待ってろよ!飯田!羽南!待ってろよ!」

第5試合


 先発はメーガンとレディ。レディがエルボー連打でロープに押し込み、舞華も壮麗がロープに押し込むとそれぞれマシンガンチョップ。ロープに飛ぶが、メーガンと舞華はショルダータックルで迎撃し、メーガンはレディにボディスラム。
 メーガンはレディを担いでコーナーに叩きつけ、チョップから舞華にタッチ。

 舞華はコーナーに振って串刺しラリアット。逆コーナーに振って串刺しラリアットから、ロープに飛んでショルダータックルで倒す。
 舞華はブレーンバスターを狙うが、耐えたレディがガットショットからロープに飛ぶが、舞華はパワースラムで迎撃しフォールも2。
 舞華はロープに飛ぶが、レディは追走ビッグブーツからロープに飛んでネックブリーカードロップ。フォールも2。レディは壮麗にタッチ。

 壮麗はチョップ連発からロープに飛び、舞華を担いでリングに叩きつけるとフォールも2。
 壮麗と舞華はショルダータックルのぶつかりあい。壮麗がロープに飛ぶが
舞華はコーナーに飛んでショルダータックルで倒す。すぐに立ち上がった壮麗がショルダータックルで倒し、ショルダータックルの打ち合いから両者タッチ。
 メーガンがレディにドロップキックから壮麗にラリアット。壮麗とレディにそれぞれ串刺しラリアットから、レディを壮麗のいるコーナーに振って2人まとめて串刺しボディスプラッシュ。
 メーガンはレディを担ぎ、走り込んできた壮麗をキャッチすると2人まとめて投げ捨てる。フォールも2。
 メーガンはロープに飛ぶが、レディ・Cと壮麗はダブルのフラップジャックで迎撃しフォールも1。
 壮麗とレディ・Cは投げようとするが舞華がカット。
 メーガンがレディを、舞華が壮麗をロープに振って、それぞれガットショットからブレーンバスター。フォールも2。
 メーガンは担ぐが、着地したレディがスクールボーイの体勢。そこへ壮麗がラリアットでアシストして丸め込むが舞華がカット。
 舞華が壮麗をラリアットで迎撃し、レディを肩車するとメーガンがコーナーに登りダブルインパクト。さらにメーガンが担いでF5で叩きつけフォール。これで3カウント。

<試合後コメント>

壮麗亜美&レディ・C
レディ「おい!メーガン!分かってんだよ!チョップでお前の胸が裂けてることも!実は痛そうな顔してることも分かってんだよ!絶対お前を倒すから!今日はごめん……」
壮麗「私はレディと余り物のタッグになるつもりはないんで。今日は負けたけど、レディは全然心折れてないから一緒にこのタッグリーグ、進んでいきます」
レディ「見てろよ!」

舞華&メーガン・ベーン
舞華「いやあ、いいねえ!メーガン!ちょっとごめんね?メーガン(身長が)高いから(※とコメント用カメラの画角を上げる)。OK!色々あったけどこのタッグリーグ、メーガンと組めてよかった。ユーアーグッド―パートナー!アイムルッキングフォワードトゥファイティングウィズユー!」
メーガン「グッドパートナー、グレイトチーム。誰も私たちのチームに勝つチャンスすら訪れない」

第6試合


 先発は鹿島とナツコ。試合が始まるなり鹿島が一目散に入場ゲートに逃げ、朱里が追いかけて鹿島を捕まえてリングに戻す。
 渡辺とナツコが鹿島にストンピングからロープに振り、ナツコがボディスラムから渡辺がPK。ナツコがフォールも2。
 ナツコはスリーパーで捕らえ、フロントネックに切り替えて渡辺にタッチ。

 渡辺はヘアーホイップ連発から顔面を踏みつける。渡辺はナツコにタッチ。

 ナツコはエルボー連発からロープに飛ぶが、鹿島はビッグブーツで迎撃し朱里にタッチしようとするが、渡辺が朱里の足を場外から掴んで引きずり落とし、ナツコがストンピングでタッチをカット。
 ナツコはエルボー連発からラリアットも、避けた鹿島がコルバタで投げ捨てビッグブーツ。さらにロープを蹴り上げてからビッグブーツを叩きこみ朱里にタッチ。

 朱里はジョン・ウーも、渡辺が朱里の背中に殴りかかり、ナツコとともにロープに振るが、朱里は渡辺を突き飛ばしてナツコに同士討ちさせると、渡辺にバッククラッカーからナツコにネックチャンスリー。朱里は腕ひしぎで捕らえるがナツコはロープに足を伸ばしブレイク。

 朱里はガットショットからロープに飛ぶが、ナツコは担ぐも朱里は丸め込もうとする。ナツコは耐えてヒッププレスも、避けた朱里がサッカーボールキックからPK。これを丸め込んだナツコがラリアットからキャノンボール。
 ナツコは担ぐとバックフリップから渡辺にタッチ。

 渡辺は串刺しドロップキックから串刺しサッカーボールキック。さらに投げようとするが、耐えた朱里はミドルキック。ミドルキックの打ち合いになり、渡辺はミドルキック連打。ロープに飛んで朱里が串刺しニーから二段式の膝蹴り。朱里は鹿島にタッチ。

 鹿島はケンカキックからコーナーに振って串刺しニー。コーナーに飛び乗りダイビングフットスタンプからフォールも2。
 鹿島はダブルアームの体勢も、耐えた渡辺がミドルキックからロープに飛ぶ。朱里が走り込んでソバットで迎撃し、鹿島のフェイスバスターと朱里のコードブレイカーの合体攻撃。さらに鹿島がコーナーに登りダイビングフットスタンプからフォールも2。
 鹿島はダブルアームフェイスバスターからフォールもナツコがカット。
 鹿島はバックを取るが、切り返した渡辺がハイキック。避けた鹿島が昇龍拳を叩き込み、串刺し攻撃も渡辺が避けるとナツコが走り込み串刺しラリアット。渡辺も串刺しラリアットから、ナツコのスライディングラリアットと渡辺のPKのサンドイッチ。渡辺が蒼魔刀も、これを切り返した鹿島がフォールも2。
 渡辺がバックを取りチキンウィングフェースロック。さらにピーチサンライズを狙うが、耐えた鹿島に渡辺がハイキックから投げようとする。そこを鹿島が起死回生もナツコがカット。
 助けに来た朱里にナツコがラリアットから、渡辺が担いでナツコが合体摩利支天。
 渡辺は鹿島にBドライバーからフォールも2。
 渡辺は担ごうとするが、鹿島が起死回生も渡辺が潰し2。
 渡辺はバズソーキックからテキーラサンライズで叩きつけ3カウント。

 大江戸隊がリングをあとにすると会場が暗転し、スクリーンに映像が映される。

ハリケーン「朱里、この私スカンジナビア・ハリケーンがお前に挑戦する。私は世界の最強女子だ。UWFルールでお前と戦ってやる」

朱里「早くも、世界から、名乗りを上げてくれました。私は、すごく嬉しいです!ちょっとあの、ね、映像出ると思ってなかったから誰かわかんなかったんですけど、とりあえず、対戦、しようよ。お前と、戦えるのは、楽しみにしてるから待ってろよ。えー、タッグリーグ、開幕戦、自分たちは負けてしまったんですが、沙希とのタッグ、アネコンで、挽回して、絶対に!絶対に!優勝するので見ててください!」

<試合後コメント>

刀羅ナツコ&渡辺桃
桃「うぇいうぇいうぇ~い♪ヨユーヨユー楽勝ぉ~。あんな、いっつも逃げてる鹿島沙希なんかにウチらXLが負けるわけねーんだよ。なあ?ウチらはこのタッグリーグ優勝して、まあ、まだね、特に目標も決めてないけど?色々狙っちゃったりするんじゃないの?まっ、今日は楽勝ってことで。じゃっ!」
ナツコ「じゃっ!」

第7試合


 先発は羽南と葉月。バックの取り合いから羽南がヘッドロックで捕らえるが、葉月がグラウンドに持ち込むも逃れた羽南が低空ドロップキック。ロープに飛ぶが、コグマが出てきて葉月とダブルのバックエルボーで迎撃し、ロープに振るとコグマがカニバサミで倒し葉月がセントーン。さらにコグマがボディプレスからサンドイッチドロップキック。
 葉月は顔面ウォッシュからコーナーに振って串刺しバックエルボーから、コーナーに振って走り込むが羽南はブーメランクロスボディで迎撃。羽南は岩谷にタッチ。

 岩谷はドロップキックからエルボーをガードしてエルボー。葉月はロープに振ろうとするが、岩谷はソバットからロープに飛び、コルバタで投げ捨てロープに飛ぶと低空ドロップキック。フォールも2。
 岩谷はバックをとるが、切り返した葉月がバックを取る。岩谷がバックエルボーで逃れてロープに飛ぶが、葉月がドロップキックで迎撃しコグマにタッチ。

 コグマはダイビングクロスボディアタック。これを飛び膝で迎撃した岩谷がソバット。さらにトラースキックから串刺しドロップキックを叩き込み、コーナーに登りミサイルキック。再度コーナーに登るが、葉月が足を掴んで動きを止めると、コグマがエルボー連打から横に登りダイビングガン・スタン。フォールも2。
 コグマはコーナーに登るが、岩谷はエルボーから雪崩式フランケンを狙う。これを力づくで止めたコグマを見て、葉月が走り込み岩谷にバッククラッカー。ぐったりする岩谷にコグマがミサイルキックから、葉月が担ぎ合体ガンスタン。コグマがコーナーに登るが、羽南がチョップからバックドロップでリングに投げ捨てる。走り込んできた葉月もバックドロップで叩きつけ、岩谷は羽南にタッチ。

 羽南は場外に逃れたコグマにコーナーからのプランチャを投下。
 リングに戻り、羽南はスライディングエルボースマッシュ。さらにロープに飛んでフェイマサーからフォールも2。
 羽南は投げようとするが、耐えたコグマが走り込むも羽南は腰投げで迎撃。コーナーに登るが、葉月がエルボーからビンタ。正面に登り雪崩式ブレーンバスターで投げ捨てると、コグマがそこへダイビングボディプレスを投下。フォールも岩谷がカット。
 葉月が岩谷にコードブレイカーも、岩谷が葉月にサッカーボールキック。全員ダウン。
 膝立ちで羽南とコグマがエルボーの打ち合いから、コグマがエルボー連打を叩き込む。コグマがラリアットも、避けた羽南がバックドロップ。
 羽南はラリアットも、避けたコグマが投げ捨てバックドロップ。
 羽南は走り込むが、コグマがエルボーで倒す。
 コグマがエルボー連打からノーザンライトスープレックスホールドも2。
 羽南がコグマを丸め込むも葉月がカット。
 岩谷と羽南がコグマにダブルのフェイスバスター。さらに羽南がブロックバスターホールドも2。
 羽南は投げようとするが、耐えた羽南がエルボーからロープに飛ぶが、コグマが走り込んでスライディングで足を刈って場外に引きずり落とすと、そこへ葉月がトペ・スイシーダ。リングに戻り、葉月が串刺しバイシクルキックから担ぎ、コグマがそこへ走り込んで合体ガンスタン。フォールも2。
 コグマはダイビングボディプレスを投下しフォールし3カウント。

コグマ「タッグリーグ、開幕戦、ゆ、開幕戦?勝利したぞ~!3年連続、FWCで出場。去年はできなかったけど、ニ年ぶりの優勝、ニ個目の優勝リングを、私達が取りたいと思います!ありがとう。今日は大丈夫、泣かない。嬉しいから、ね。よし、今日、メインで、スターズ同士戦って、羽南なんて、いつぶり?わかんないよね?いつぶりかわかんないけど、全然違う人、違う選手になってて、なんか、いや、必死だった。なんか、この前のね、KAIRIさんみたいに先輩らしくとか思ってたんだけど、無理~必死だった。でも、こんなおっきい大会のメインで、スターズで試合できて、勝てて、ほんとに嬉しいです。ありがとうございます。そして!メインということは、しめがあるわけなんですけども、FWCのしめ、ちょっとね、考えたの。ごめん聞いてない?言ってなかったか。あたし、あたしが、今を信じて、明日に輝け、優勝するのはって言ったら、皆で福岡、ダブル、クレイジーって叫んでください!いいですか!?OK葉月も、OK?OK、よしじゃあ、初めてのFWCのしめ、いきますよー!もっと~!もっと~?もっと~!ありがとう、いくよ、今を信じて、明日に輝いて、優勝するのは~?福岡、ダブル、クレイジー!ありがとうございました!」

<試合後コメント>

葉月&コグマ
葉月「タッグリーグ、開幕戦。同門対決で無事勝利!」
コグマ「ホントに、無事……?」
葉月「無事」
コグマ「まあ、麻優さんが強いのは分かってることだけどね、羽南……」
葉月「前闘ったときより遠慮しなくなったね」
コグマ「うん。我を出してるというか、なんか、もう、先輩らしくとかなぁ~んも無理。もう必死。必死だった。なにあのバックドロップ」
葉月「ウチもやられた。でも勝ったのはね、私たちFWCなんで」
コグマ「勝ったし、メイン、FWCの締め!初めてやったけど、すごかった。みんな」
葉月「めっちゃ聞こえた!」
コグマ「フクオカダブルクレイジーって長いんだけど」
葉月「めっっちゃ言ってくれたね(笑)」
コグマ「優勝して、また締め。優勝のリングもだし、締めもやろう」
葉月「やろう。私たちはまたこのタッグリーグでタッグ屋としての力をさらにさらにレベルアップさせていきたいと思います」
コグマ「行くよ?今を信じて明日に輝け!優勝するのは~?」
2人「「フクオカダブルクレイジー!」」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る