スターダム戦略発表会でジュリアが怪我人続出の窮状解決を経営陣に直訴!15億円の売上を叩き出す女子プロレス界トップ団体の海外戦略とは?

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10日、東京都・飛行船シアターにて『新日本プロレス&STARDOM戦略発表会 2023』が開催。

 新日本プロレスとスターダムがそれぞれ例年行ってきた戦略発表会だが、最近は両団体の接点が増えてきていることもあり初の2団体合同の戦略発表会を開催するに至った。
 同会は、スターダムパート、新日本プロレスパート、合同パートの3部制で実施された。

 スターダムパートには株式会社ブシロードファイトの原田克彦社長、木谷高明オーナー。さらになつぽい、ジュリア、岩谷麻優がゲスト選手として登場。

 2021年度には4.6億円、2022年度は10億円だった売上高は、2023年度には15億円に。経常利益も2.5億円と最高利益を出しており、原田社長が「すごくない?」と照れ笑い。選手・スタッフの頑張りのおかげだとフォローしつつさらなる発展を誓う。

 YouTubeチャンネルも視聴回数1.2億回を誇り、登録者数も100万人達成が秒読み。月平均100本以上の動画を上げるなど発信の努力が結実したものとなった。
動画での発信についての歓談が盛り上がる中、岩谷がファンがSNSに投稿した動画がバズりにバズっていることを嬉しそうに報告。

 “ファンからの発信”の話題となると木谷オーナーの中でなにかのスイッチが入ってしまったか、「団体が出来て以来、今年初めて(観客動員数が)10万越えようとしてる団体で『お客さんが減ってる』みたいなクソみたいな動画上げてるサイトとかあるじゃない。ホントにもう、ネガティブキャンペーンやめてほしいですよね。事実と反してる。ちゃんとした数字ですからね。ちゃんと有料入場者数を出してますから」とぼやき始める。
 さらに「結構間違ったこと言ってんのよ。よく分かってないクセに言ってる。会社の利益のことなんかも経常利益も営業利益も最終利益もなぁ~んも分かって無くて喋ってる。メタメタなのよ。これ以上言うと宣伝になっちゃうか。あ~スッキリした!(笑)」と内に溜めに溜め込んだ愚痴を吐き出し、場内からは笑いが起こった。
 


 その後、スターダムはアジア進出に力を入れていく方針を発表。
 YouTubeの視聴回数国別ランキングは1位がインド、2位がインドネシア、3位が日本という順。インドは日本の約2倍の視聴者数を誇るなど、大きなブルーオーシャンを感じさせる。
各国で開催される『Bushiroad Expo』にてスターダムの試合を見せていく方針が明かされ、今年10月21日~22日にタイ、11月24日~26日にシンガポールでの大会開催を予定。

 原田社長は「タイは先日視察に行きましたが、非常に経済成長が著しく、バブル前の東京みたいな雰囲気がありまして。より一層成長を期待できるかなと。スターダム、ブシロードファイトもその経済成長を享受すべく中長期的な戦略を練って東南アジアに進出していきたいですね」と意気込み。
 木谷オーナーも「現地の人に知ってもらうことが第1目標。最終的に興行できればいいかなと思いますけど、そこで見た人たちが日本に来て見てみたいと思って欲しい。インバウンドにつながればという気持ちがあります。我々は日本人であり日本の会社ですから、最終的に日本のためになることをやりたいですね」とビジョンを語った。

 また、現在スターダム内で怪我人が続出している状況にも言及。
 約2ヶ月に渡るリーグ戦『5★STAR GP』のさなかに地方ビッグマッチでの各王座戦が行われたり、歴代女子プロレスレジェンドが大集合した『ミッドサマーフェス 2023』や一夜限りのタッグが生まれた『ドリーム・タッグ・フェスティバル 2023』といった特番的なビッグマッチが行われたりと、選手にとってはあまりにも過酷なスケジュールが詰め込まれたことが原因であると分析された。

 これについてジュリアが「2ヶ月間でタイトルマッチとか組まれる選手は組まれてしまったり、ドリームタッグとか色んなものがありましたよね。皆さんNetflixとかでドラマとか一気見したくないですか?その方がグッと見られるとか、そういうのと近いのかなと思っていて。私はもっと短い、1ヶ月とかで(リーグ戦をやって)、終わってからタイトル戦とかテーマのある大会が開かれたほうが皆さんも見やすいですし、選手も集中しやすいですし、身体の負担も変わってくるんじゃないかな。……というのが選手たちの意見ですね」と直訴すると、場内からは大喝采。

 原田社長もこの現状と選手からの声を重く受け止め、来年の5★STAR GPの日程については期間を短くする方針に転換することを明かし、「選手たちの健康と安全を守っていければ」と語った。

 その他、2024年1月4日にTDCホール大会が開催されること、2024年中にこれまで未上陸だった大分県、宮崎県、沖縄県で大会を行って47都道府県を制覇すること、2024年4月27日に横浜文化体育館改め“横浜BUNTAI”で初めてのプロレス興行を行うことなどが発表された。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る