映画タイアップ企画でプロレスデビューした最年長女優がタップ量産で連勝!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・後楽園ホールにてアイスリボン『不思議の国のアイス2023』が開催。映画のタイアップ企画で古川奈苗(ふるかわななえ)がプロレスラーデビューを果たした。

 アイスリボンは女子プロレスラーとしてデビューすることを条件に映画出演ができるプロジェクトをかねてより行っており、映画『スリーカウント』では藤本つかさ、志田光、松本都らがデビュー。
 今回10年ぶりに株式会社FAITHentertainmentの窪田将治監督とアイスリボン運営会社のネオプラスがプロレス映画制作に向け、出演をかけた新人レスラーデビュープロジェクトが始動。

 映画『THE CHALLENGER-希望のリング-』は8月26日アイスリボン後楽園ホール大会にてデビューすることが映画出演の条件となっており、この日は生き残った6人が約4ヶ月の練習を経てプロレスラーとして正式にデビューを果たした。

 第2試合では、咲蘭&古川奈苗&南ゆうき vs しのせ愛梨紗&小池真優香&花屋ユウのイリミネーション6人タッグマッチが実施。最後の1人になるまで闘い続けるという特殊な試合形式で古川、南、小池、花屋の4人がデビューを果たした。

 歌舞伎町・人間レストラン店長で劇団『兎座』共同主宰の古川は、『希望のリング』メンバー最年長の姉御肌としてメンバーを牽引。
 運動が苦手で練習に苦戦するも自主練を重ねてデビューにこぎ着けたという古川だが、「舞台と一緒でお客さんに見てもらうことで完成する」と語るなどプロレスラーとして大切なことを自分自身で悟るなどマインドの面では高い期待をかけられていた。

 古川は試合序盤にはしのせら3人に集中砲火を浴びて苦戦するものの、巧みなサブミッションで翻弄していき、人おり(※ダブルアームバー)を決めてわずか4分12秒で同期の小池からタップを奪う。
 デビュー戦で初勝利を飾るも試合は継続。花屋が多彩な蹴り技で攻め立てていくものの、古川は蹴り足を取ってスピニング・トゥーホールドから人間4の字(※変形足4の字固め)でギブアップを奪取。
 デビュー戦から2連勝という快挙を成し遂げた古川は先輩・しのせにも腕十字を極めてあわや3連勝というところまで追い込むも、しのせが上から潰してフォールし3カウント。古川は敗退するも、十分な爪痕を残した。

 試合を終えた古川は安堵からか号泣しながら「本当に無事この日が、みんなで迎えられて……ホントに、よがったぁ……!ホントにありがとうございました!」と思いを吐露。
 そして「自分の俳優の活動と並行しながらなんですけど、やっぱり今日立ってみて、プロレス楽しかったので、また立ちたいです」とプロレス活動を“映画の役作り”で終わらせる気は無いという前向きな意志を示した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る