『ミス・ティーン・ジャパン』ファイナリストの最強チアガールがプロレスデビュー戦で鮮烈勝利!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・後楽園ホールにてアイスリボン『不思議の国のアイス2023』が開催。映画のタイアップ企画で芦田美歩(あしだみふ)がプロレスラーデビューを果たした。

 アイスリボンは女子プロレスラーとしてデビューすることを条件に映画出演ができるプロジェクトをかねてより行っており、映画『スリーカウント』では藤本つかさ、志田光、松本都らがデビュー。
 今回10年ぶりに株式会社FAITHentertainmentの窪田将治監督とアイスリボン運営会社のネオプラスがプロレス映画制作に向け、出演をかけた新人レスラーデビュープロジェクトが始動。

 映画『THE CHALLENGER-希望のリング-』は8月26日アイスリボン後楽園ホール大会にてデビューすることが映画出演の条件となっており、この日は生き残った6人が約4ヶ月の練習を経てプロレスラーとして正式にデビューを果たした。
 第1試合では、弓李&藤滝明日香vsトトロさつき&芦田美歩のタッグマッチが実施され、芦田と藤滝がデビュー。


 ミス・ティーン・ジャパン2013ファイナリストの経歴を持ち、現在もすらりとしたスタイルを持つ芦田はタレントとチアダンスの教師をしており高い運動神経が武器。
 高い期待を背負う中で「何度イメトレをしても頭が真っ白になるのでしっかり練習して身体に動きを覚えさせた」と熱血な一面を垣間見せつつデビュー戦を迎えた。

 芦田は同じくデビュー戦の藤滝のパワーファイトや、自由奔放な弓李の攻撃に大苦戦。
 しかし、終盤にはサポートに徹していたトトロの活躍で勝機を掴み、見事なドロップキックの連打や身体の柔らかさを生かしたY字バランス式ギロチンドロップを放つなど躍動。
 最後は藤滝との一騎打ちとなり、ランニング・バックフリップを被弾するなど窮地に陥るが、最後はチアガール(※カサドーラからのジャパニーズ・レッグロール・クラッチホールド)で3カウント。デビュー戦を白星で飾った。

 試合を終えた芦田は、安堵のあまり号泣。「楽しいだけじゃ全然なくて、苦しくて、痛くて。どこまで自分が頑張れるんだろうって……何回もリングから降りて(入場ゲートの)幕の中に帰りたいと思った」と胸中の不安を吐露。

 しかし、「この4ヶ月半くらいこのプロレスっていう業界に携わらせていただいて、見てるだけじゃなくてやってみる魅力っていうのはたくさんあって。今日試合に実際に出て勝つっていう快感を知ってしまったので、まだ続けたいって思います」とプロレス活動を“映画の役作り”で終わらせる気は無いという前向きな意志を示した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る