脱いだらすごいグラビアアイドルがプロレスデビュー戦でセクシー美技で先輩から大金星!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・後楽園ホールにてアイスリボン『不思議の国のアイス2023』が開催。映画のタイアップ企画で南ゆうき(みなみゆうき)がプロレスラーデビューを果たした。

 アイスリボンは女子プロレスラーとしてデビューすることを条件に映画出演ができるプロジェクトをかねてより行っており、映画『スリーカウント』では藤本つかさ、志田光、松本都らがデビュー。
 今回10年ぶりに株式会社FAITHentertainmentの窪田将治監督とアイスリボン運営会社のネオプラスがプロレス映画制作に向け、出演をかけた新人レスラーデビュープロジェクトが始動。

 映画『THE CHALLENGER-希望のリング-』は8月26日アイスリボン後楽園ホール大会にてデビューすることが映画出演の条件となっており、この日は生き残った6人が約4ヶ月の練習を経てプロレスラーとして正式にデビューを果たした。


 第2試合では、咲蘭&古川奈苗&南ゆうき vs しのせ愛梨紗&小池真優香&花屋ユウの6人タッグマッチが実施。最後の1人になるまで闘い続けるという特殊な試合形式で南、古川、小池、花屋の4人がデビューを果たした。

 学習院大学卒の才女でありミス湘南フォトジェニックグラドルの南ゆうきは“脱いだらすごい”をキャッチフレーズとして推していき高い人気を獲得。
 「音痴、運動音痴、方向音痴、三拍子揃ってる」と自称し「覇気を出すとか闘志を燃やすことが無い性格で、白黒つけるよりもグレーでふわっとして生きていたい」と自己分析していた南だが、最後まで折れること無く練習に食らいつき「やりきることと、楽しむこと」と腹を括ってデビューを迎えた。


 南はなんともジュピターなコスチュームで登場し月に代わってお仕置きしそうなポーズ。
 試合序盤は、パートナーである古川がデビュー戦にも関わらず2人からタップを奪う破竹の勢いを見せていたこともあり南はサポートに徹する。
 しかし、最後はしのせと南の一騎打ちの展開に。南は、デビュー後から初ピンフォールを奪って大喜びしていたしのせを背後から急襲。先輩の顔を踏みつけながらあざといポーズで観衆にアピールする肝の太さを見せ、ドロップキック3連打からグラビアポーズ式体固め。しのせが慌てて反撃に転じてロープに振ろうとするも、南が振り返し際に南の風(※回転腕十字の形から入るグラビアポーズ式エビ固め)で3カウントを奪った。

 バックステージに戻るとデビュー後を終えた安堵からか号泣する同期の古川をよそに、南は「私は勝っても負けても泣かない性格なので。楽しかったし、勝ちましたっ♪」とケロリ。最後の決まり手についても「落ち着いたらきっと出来ると思ってた」と語るなど大器の片鱗を感じさせた。
 なお、南はプロレス活動を“映画の役作り”で終わらせる気は無いという前向きな意志を示した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る