190cmを超える元力士の双子タッグが聖地で大暴れし3度目の王座防衛!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・後楽園ホールにて『GLEAT Ver.& グレイト×全日本プロレス~Life is a Challenge~』が開催。【SAITO BROTHERS】斉藤ジュン&斉藤レイがG-INFINITY王座の3度目の防衛に成功した。

 GLEATは、2021年7月に田村潔司とNOAHの元親会社であるリデットエンターテインメントが旗揚げした団体。GLEATには令和のUWFを創ることを目的とする“LIDET UWF”と、純プロレスを追究する“G PROWRESTLING”、 総合格闘技の“GLEAT MMA”の3部門が存在。
 各ブランドごとの大会が開かれてきたが、今回はGLEATと全日本プロレスの合同大会。交流戦や、互いの団体に渡っている王座の防衛戦など多彩なカードが並んだ。

 GLEATのタッグ王座であるG-INFINITY王座を保持しているのは、全日本プロレスでVOODOO-MURDERSの一員として活躍する元力士の双子タッグ【SAITO BROTHERS】斉藤ジュン&レイ。
 今年6月に田村ハヤト&チェック島谷を圧倒的なパワーで倒してG-INFINITY王座を奪取し、GLEAT史上最大のビッグマッチである両国国技館大会でも河上隆一&ガレノ・デル・マルを破って防衛を重ねるなど確固たる地位を確立している。
 さらに、SAITO BROTHERSは地元・ミヤギテレビの『OH!バンデス』の1コーナーである『TAXIめし リターンズ』のレポーターに兄弟揃って抜擢されお茶の間を賑わせるなどリング内外で大人気。プロレス界をDOOMしつつある。

 今回SAITO BROTHERSに挑戦したのは、GLEAT内で急速に勢力を拡大している【BLACK GENERATION INTERNATIONAL(BGI)】の鈴木鼓太郎&ハートリー・ジャクソン。GLEATの宝を全日本から奪還せんと燃えていた。


 王者組の選手コールが終わるとともにSAITO BROTHERSが奇襲をかけ、場外戦となる中でゴング。レイとジャクソンが重厚な打撃戦を展開する中、ジュンは体格差を活かし鼓太郎を圧倒。ジュンが鼓太郎を踏みつけながら髪をかきあげると場内から黄色い歓声が上がる。
 劣勢に追い込まれた鼓太郎だが、巨漢殺しの定石である足攻めをジュンに見舞って動きを鈍らせるアシストを見せ、ジャクソンが圧倒的パワーで蹂躙。鼓太郎がジュンにタイガードライバーを見舞うもレイが喉輪でカットしてチョークスラムで叩きつける豪快なカット。レイがジャクソンにパイルドライバーを狙われるとジュンがラリアットでカットと抜群のタッグワークを見せる。
 最後は、SAITO BROTHERSの合体チョークスラムからレイがダイビング・ボディプレスを見舞ってジャクソンから3カウントを奪った。

 バックステージに戻ったSAITO BROTHERSが「無限に防衛してやろうぜ」と高笑いとしていると、鼓太郎&ジャクソンが乱入。
 鼓太郎が「情けねえけどもう1回ジャクソンとそのベルトに挑戦させてくれ」と泣きのリベンジを求めると2人も「面白そうじゃねーか」と快諾。その場で4日後の全日本プロレス名古屋大会でのリマッチを決定した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る