逆転満塁3ランホームランで今世紀最高のガチムチバディ集団が侵略者のルチャドール軍団を破りタッグ王座V5!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、東京都・後楽園ホールにて、GLEAT『G PROWRESTLING Ver.49 -Invader(侵略者)-』が開催され、田村ハヤト&チェック島谷がG-INFINITY王座の5度目の防衛に成功した。

 GLEATは、2021年7月に田村潔司とNOAHの元親会社であるリデットエンターテインメントが本旗揚げした新団体。GLEATには令和のUWFを創ることを目的とする“LIDET UWF”と、純プロレスを追究する“G PROWRESTLING”、 総合格闘技の“GLEAT MMA”の3部門が存在し、この日はG PROWRESTLING(以下G PRO)が後楽園ホール大会を実施。

 G PROには独自のタッグ王座であるG-INFINITY王座が存在し、現在は“BULK ORCHESTRA”の、田村ハヤト&チェック島谷が王者として君臨。
 BULKの面々は“今世紀最高のガチムチバディ集団”を自称し、ヒールでありながらどこか憎めない悪童ぶりと底抜けの明るさでファンからの高い支持を受けているユニットだ。

 5度目の防衛戦となる今回は、石田凱士率いる“BLACK GENERATION INTERNATIONAL(BGI)”の フラミータ&エル・ベンディートという本場メキシコのルチャドール軍団を迎え撃った。


 試合はBGIの四次元殺法連携が冴えわたる展開も、ベンディートが日本とメキシコのロープの違いに対応が遅れ、技の失敗の隙を突かれて一時はBULKの逆転を許してしまう。しかし、兄貴分のフラミータがしっかりカバーして盛り立てていき、終盤にはベンディートがトップロープに飛び乗ってから放つ場外へのトルニージョという離れ業を見せ場内は大歓声。

 ベンディートは、コーナートップからのスパニッシュフライやシューティングスタープレス、島谷のダイビング・クロスボディをキャッチしてのノーザンライト・ボムと大暴れしていくが、田村が飛び込んできてダブルラリアットで蹴散らし、プランチャで追撃。さらに田村のチョークスラム+島谷のダイビング・ネックブリーカードロップの合体技も決め、強烈なラリアット連打からハヤトオーケストラ(※キン肉バスター)でベンディートから3カウントを奪った。

 バックステージに戻った島谷は、「V5だV5!相手はメキシコ人のタッグチームだったけど、文化の違い、手間取った部分はあるけど、最後は見ての通り!逆転満塁3ランホームランで俺たちの勝利だ!」と勝鬨。
 元高校球児の田村が「満塁だけどな、1人ホーム踏み忘れて3ランになってんだよ!だから4点じゃなくて3点なんだよ!分かるかコラ!」と補足し、「いつでもどこでも防衛してやんだよ!いつでもどこでも誰でもどこでも路上でもかかってこい!路上はダメだけどな!リングの上だけだけどな!」とBULKらしさ全開のコメントを残し、2人でV5を大喜びしながら去っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る