大石真翔がKANONとの前哨対決を制す!「この調子でタッグタイトル戦、余裕で勝ってやる!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが8月19日、東京・蒲田の大田区産業プラザPiO小展示ホールで「高尾蒼馬地元凱旋! 夏休みの思い出2023 TOUR in OTA-KU」を開催した。KO-Dタッグ王者の大石真翔(パートナーは火野裕士)が9月9日、東京・大田区総合体育館で王座を争う挑戦者のKANON(パートナーは藤田ミノル)とのシングルでの前哨戦を制し、防衛に自信を深めた。

 大石はK-DOJO、KANONはJUST TAP OUT(JTO)出身で、同じ師匠(TAKAみちのく)を持つ間柄。試合形式は、ジャスト・ノーフォール・ノーロープマッチ。ロープを外した状態で戦い、3カウントフォール決着はなし。それ以外は、通常と同じルールだ。

 ヒール同士の対戦だったが、意外にもクリーンに握手で開戦。じっくりしたグラウンドレスリングの攻防となり、大石はフジヤマ・ニーロックでKANONの足を攻め立てた。戦場が場外に転じると、大石はイスを利して、KANONの首と足を固定する拷問技。返したKANONはコブラツイストで絞め上げた。KANONがリングに戻るとすると、大石が足にキックを見舞ってリングインし、まんまとリングアウト勝ちを収めた。

 大石は「余裕の快勝だった。私の手の平で転がしてやった。この調子で、タッグタイトル戦、余裕で勝ってやる。(相通ずるものはあったか?)正直、同じ血が流れてるという気はしますが、かわいい弟的なとこもありつつ、アイツは敵だ!」とニヤリ。

 KANONは「さすがあの人の弟子といったところ。大石真翔に一本取られちゃったし、負けてたら世話ないし。なんて言うと思ったか! アイツはただ場外に逃げただけだ。だから次は必ず、アイツを絞め落としてやる」と雪辱を期した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る