10・6に公開の映画『アントニオ猪木をさがして』の豪華キャスト&内容詳細が発表!藤波辰爾、藤原喜明らベテランからオカダ・カズチカ、海野翔太ら最前線選手が出演!くりぃむ有田が棚橋弘至に“脱・猪木”を掲げた真意を問う

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10月6日(金)に公開となる、アントニオ猪木の軌跡を追うドキュメンタリー映画『アントニオ猪木をさがして』の出演者情報が解禁となった。
 本作は、「元気ですか!?」「馬鹿になれ!」等、誰もが一度は耳にしたことのあるアントニオ猪木の発した【言葉】の数々を切り口に、“挑み続けた男・アントニオ猪木”の真の姿に迫っていくドキュメンタリー映画である。

 本作品を構成するのは下記の3要素。
ドキュメンタリー:猪木に影響を受け、猪木を追い続ける様々なジャンルの人物が“旅人”としてそれぞれの視点で。それぞれの場所で“人間・アントニオ猪木”を語る。
短編映画:テレビや試合会場、その他様々なシチュエーションで猪木の【言葉】から力を貰ったであろうファン視点のドラマを80年代の少年、90年代の青春、2000年代の中年の人生ドラマとして描き出す。
貴重なアーカイブ映像やスチール:随所に猪木の生命力、凄み、美しさが存分に味わえる映像やスチールを散りばめる。

 ドキュメンタリーパートには、藤波辰爾(ドラディション)、藤原喜明(藤原組)、オカダ・カズチカ(新日本プロレス)、棚橋弘至(新日本プロレス)、海野翔太(新日本プロレス)、有田哲平(芸人)、安田顕(俳優)、神田伯山(講談師)が出演。
 短編映画パートには、田口隆祐(新日本プロレス)、後藤洋央紀(新日本プロレス)が出演する。

 新日本プロレスのリングで現在、壮絶な闘いを繰り広げている棚橋弘至、オカダ・カズチカ、海野翔太。
 彼らにとって、今なお語り継がれる団体の創設者であり、伝説のプロレスラー・アントニオ猪木とは一体どんな存在なのか?彼らは何を語るのか?さらに、猪木と多くの時間を共に過ごした弟子でもあり、プロレスの一時代を築き上げた藤波辰爾、藤原喜明が証言する真の猪木像とは?そして、新日本プロレスの現役プロレスラーの田口隆祐と後藤洋央紀は短編映画に俳優として出演し、猪木から力を貰った市井(しせい)のある男の人生ドラマに花を添える。

 また、今回はプロレス界以外からの豪華な著名人たちの出演も発表された。
 お笑い界随一のプロレス通として知られる、くりぃむしちゅーの有田哲平。2002年の“猪木問答”に若手ながら確固たる意志で立ち向かい、新日本プロレスの野毛道場に不動明王のように掲げられた猪木のパネルを外し“脱・猪木”路線を進めてきた棚橋に対し、かの道場で当時の行動の真意を問う。

 さらには、1987年に行われた、猪木vsマサ斎藤による“巌流島の戦い”を、猪木から多大な影響を受けた講談界の風雲児・神田伯山が当時、日本中が注目した伝説の試合の模様を書き下ろしの講談で披露。圧倒的な熱量で猪木を追悼する。
 プロレスを愛してやまない人気俳優の安田顕は、16歳からアントニオ猪木の写真を撮り、いつもその傍に居続けた写真家・原悦生氏との対談を実現。安田に「映画の話を聞いて、最も会いたいと思った人」と言わしめた原氏から猪木の知られざるエピソードを聞き出し、短編映画にも出演を果たしてファンとして、そして俳優として、猪木の花道を見事に飾って見せている。
 現在、映画は公開に向けて鋭意制作中だ。

 今回発表された出演者たちからのコメントは以下。

<オカダ・カズチカ>
「アントニオ猪木をさがして」僕は東京ドームへ行きました。リングのない、パイプ椅子のない東京ドームは、この姿が普通だとしても、プロレスラーとしては違和感でした。その東京ドームで猪木さんを探しました。見つけられたんでしょうか?この映画を見て、色々と感じ皆さんも探してもらえたらなと思います。中々探しても見つからないと思いますが」

<棚橋弘至>
「僕にとっての猪木さんは2人いました。好き嫌いではなく、善と悪とでも言いましょうか。道場の猪木さんのパネルを外した真相も語っています。結局、なんやかんや言っても猪木さんが好きなんでしょうね。映画の中では、皆さんにも、色んな時代の、すべての猪木さんが現れてくるはずです」

<藤波辰爾>
「突然の別れから一年。リングの上にいると、あなたの鋭い視線を今でも感じています。この映画で、僕自身も、もう一度猪木さんとの記憶を辿りたいと思います。映画を通して、多くの皆さんの人生に、“永遠のヒーロー”アントニオ猪木をより深く刻み込んでいただきたいです」

<藤原喜明>
「猪木さんは、いたずらが好きだった。葬式で お経を唱えていたお坊さんが椅子に座ろうとして椅子を引き寄せて座ったら椅子がバラバラ。お坊さんはスッテンころり。今でも夜中に俺の部屋のドアがバターンと開いたりする。風もないのに…それが何となく嬉しかったりする……」

<田口隆祐>
「私が新日本プロレスに入門したのは猪木さんが引退されてからで、お会いする機会はあまりありませんでした。私が海外修行中の2005年、メキシコで食事をご一緒させていただいたのは、良き思い出です。そんな私ですが、この映画にドラマパートで関わらせていただき、大変光栄に思います。撮影が終わりふと我に帰ると、プロレスをワクワク楽しみにしている、ファンに戻った私がいました」

<後藤洋央紀>
「ドラマパートに出演させて頂きました後藤洋央紀です。世代を越えて日本人の心に勇気と明日への活力を与えてくれたアントニオ猪木さん。私自身もその影響を受けた人間の一人として、この映画に出演させて頂いた事を光栄に思います。今を生きる全ての人に闘魂はある!私はそう確信しています」

<海野翔太>
「皆さんこんにちは! 新日本プロレス Roughneck 海野翔太です。この映画のお話を頂いて、まず自分にとってアントニオ猪木とはなにか?と考えた時に、プロレス界の神様だと思いました。もちろん会ったこともなければ話したこともないですし、昔見てたビデオの中の人、というイメージでした。でも猪木さんのプロレスも大好きでしたし、新日本プロレスを設立して支えてくださった方なので、尊敬しかありません。そんな猪木さんを題材にした映画に参加できることは僕にとっては名誉なことです。撮影や現場で知る、新たな一面。感じるもの。得るもの。これからの意識確認。少しの時間でしたが、自分にとってとても実りのある撮影だったのも覚えてます。皆様もぜひ劇場に足を運んで頂いて一緒に映画を見ましょう!」

<神田伯山>
「巌流島にて、猪木さんとマサ斎藤さんの決闘を講談で読みました。白いマットに講釈台を置き、張り扇を打ち、四方に篝火をたき、雨が降ったら一発アウトな中、梅雨の時期に撮りきりました。私に出来ることは講談しかないので、語り継ぐという鎮魂が出来たら幸いです。 「今まで猪木さん、楽しませて頂いてありがとうございました。」その気持ちを講談に」

<安田顕>
「敬愛するアントニオ猪木さんのドキュメンタリー映画に出演させていただけること、大変光栄に思います。本作品は、猪木さんがどのような人生を歩まれたのか、どれだけ多くの方に感動を与えてこられたのかを目の当たりにできる作品になっています。猪木さんの生き様は、これからも多くの方の心を奮い立たせ、背中を押してくれることでしょう。1人の猪木さんファンとして、この作品を拝見するのが楽しみです。皆様、是非、劇場でご覧ください」

『アントニオ猪木をさがして』
公開:2023年10月6日(金)
出演:アントニオ猪木、有田哲平、海野翔太、オカダ・カズチカ、神田伯山、棚橋弘至、藤波辰爾、藤原喜明、安田顕、田口隆祐、後藤洋央紀
監督:和田圭介 三原光尋 
製作:「アントニオ猪木をさがして」製作委員会 
制作:パイプライン スタジオブルー
配給:ギャガ
©2023「アントニオ猪木をさがして」製作委員会
公式サイト:http://gaga.ne.jp/inoki-movie/  公式X:@inoki_movie

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る