「今の状態の貴女に勝っても嬉しくない!」ブレイキングダウンにも出場した“筋肉女子Youtuber”ちゃんよたが3ヶ月ぶりの復帰戦で大物食いも再戦要求!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、東京都・新木場1stRINGにて『PPPTOKYO SUMMER NIGHT BEER PARTY』が開催。ちゃんよたが約3ヶ月ぶりのプロレス復帰を果たした。

 ちゃんよたは“筋肉系Youtuber”として13万人以上の登録者を誇り、セクシー女優としても活躍中。
 PPPで初めてプロレスを観戦し、『私もカッコよくて強いだけじゃなくて、すごくキレイで華のある女性になりたい』と憧れプロレスラーの道へ進み、パワーリフティングの全国大会にも出場し、フワちゃんのプロレスデビューで話題のスターダムにも参戦すると横浜アリーナでの試合も経験。朝倉未来主催の『BreakingDown』への出場や、世界的ムービースターが集まる『コミックコンベンション』でプロレスの試合を見せるなど多方面での活躍を見せている。

 そんなちゃんよただが、5月に行われたPPP初の後楽園ホール大会を以てリフレッシュ休業を発表。
 「ここ数ヶ月ありがたいことに仕事をたくさんいただいて休みが取れていませんでした。筋トレもプロレスの練習もちゃんとするので、試合がなかったり撮影がなかったりするだけ。体調不良や怪我はないので安心してください。心身ともにリフレッシュするため。ネガティブな休業じゃないので安心してください」と理由についての説明が為されていた。

 この日はちゃんよたの約3ヶ月ぶりのプロレス復帰戦として尾崎妹加とのシングルマッチが実施。妹加は元ウエイトリフティング三冠王者という経歴を持つ女子プロレス界屈指のパワーファイターであり、ちゃんよたとの腕力自慢対決に注目が集まっていた。
 妹加は8月2日の666後楽園ホール大会でのラダーマッチでヒザを負傷したことを明かしていたものの、ちゃんよたの復帰戦の相手を熱望していた妹加は無理を押して出場。さらにこの日はダブルヘッダーの2試合目でちゃんよた戦に臨んでいた。

 妹加のセコンドにはRebel&Enemyの盟友でありちゃんよたとの因縁もあるラム会長が付く。
 ゴングが鳴ると、手4つでの力比べや互いに得意とするアルゼンチン・バックブリーカーを狙う攻防が展開され、ラリアットで正面衝突していく清々しいパワーファイトが展開。
 ちゃんよたも久々の試合ということもあってか早々に息が上がってしまうが、ヒザのダメージが深いのか最初に倒れ込んだのは妹加。ヒザをかばう妹加に対し、ちゃんよたはヒザへの集中攻撃を展開する勝利への執念を見せ、シュバインやコブラツイストなど欠場前には見せてこなかった技を解禁。アルゼンチン・バックブリーカーからのバックフリップを決めるも仕留めきれず。
 ちゃんよたはラリアットを狙うも、場外からラム会長が足を引いて妨害。妹加はお返しのアルゼンチン・バックブリーカーからフロントフリップを決めるも、ヒザが限界の様子。そこへラム会長が飛び込んできてエクトプラズムを噴射するが、これが妹加に誤爆。粉塵舞うリングの中でちゃんよたがスクールボーイで3カウントを奪った。


 マイクを取ったちゃんよたは、「妹加さん、復帰戦の相手になってくれてありがとうございます!私はプロレスを始めてからずっと自分のスタイルに悩んでて。でも妹加さんと闘ってシンプルにぶつかり合うのが自分の好きなスタイルなんだなって気付きました。ありがとうございます」と真っ先に感謝の言葉を口にして深々と一礼。
 実績豊富な妹加から金星を挙げた形のちゃんよただが、「今の状態の妹加さんに勝っても嬉しくない!だから、怪我が治ったらもう1回シングルで闘ってください。お願いします!」とヒザの完治後の再戦を求めた。

 清々しいやり取りが繰り広げられる中、ちゃんよたは「ラム会長!お前は何出てきてんだよ途中で!足引いただろ!」と因縁をつけ、9月21日の新宿FACE大会でパートナーである夏すみれと組んで妹加&ラム会長とタッグマッチを行うことを要求。
 しかし、ラム会長は「私、売れっ子なもんでその日アメリカにいます!ごめんね。いつでも試合できると思うなよ!」とプロレスラーとしての圧倒的な格の違いを見せつけつつも妹加の全快を待ってからの再戦を約束した。


 復帰戦を終えたちゃんよたは、「筋トレはちょっとやってたんですけど筋トレってずっと息を上げてやらないから、やっぱちょっと呼吸がすごく乱れるというか。いやー、あの、3ヶ月ぶりは体力がちょっとまだ続かなかったなって、思います。また試合やって、戻していこうと思います」と復帰戦を反省。

 そして、「リフレッシュはすごくできたし、この3ヶ月お休みをいただいて、時間がなくて、出来なかったこととかが出来ました。自分の今後とか、これからどうなりたいかとか、そういう考えがまとまった3ヶ月だったと思います。プロレスもそうだし他の今やってる仕事とかこれから自分がどうしていこうかなっていうのがまとまりました」と精神面で一皮むけてきたことを明かした。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る