赤井沙希が8・27後楽園で男色ディーノと禁断のシングル戦!「モヤモヤを抱えたまま、11月の両国を迎えられない」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが7月30日、東京・後楽園ホールで『Summer Vacation 2023』を開催した。11月に引退する赤井沙希が男色ディーノとのシングル戦を熱望し、8月27日の後楽園で実現することが決まった。

 赤井は2016年11月23日、後楽園で当時DDT EXTREME王者だったディーノに挑戦したが、この一戦がプロレス人生を左右するきっかけになったのだという。


 この日、赤井は第2試合(飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノvs彰人&土井成樹)が終わると登場。赤井は「男色“ダンディ”ディーノ選手じゃなく、男色ディーノ選手に用事があって来ました。7年前、ここでディーノさんとEXTREMEのベルトかけてタイトルマッチしました。あの試合でたくさんの大事なことを教えていただいて。浮いてるんじゃないかと思ってる自分に対して、“オマエは仲間だ”だと言ってくれたり。居場所は自分でつくれと言っていただいて。それはすごい自分に刺さって、今日ここまでやってこれました。だけど、どうしても納得いかないことがあって。あのとき、もっともがいてる姿を見せろとか、人間臭さを見せろっておっしゃいましたよね。それがまだ納得できなくて。プロレスラーって夢を見せる職業だと思うんです。ずっとモヤモヤしてて、そのモヤモヤを抱えたまま、11月の両国を迎えられないんで、シングルマッチを要求しに来ました」とアピール。

 ディーノは「10年やってきて、引退発表して11月か。まだ自分のなかで解決してない問題が出て来たってことだな。私は全部さらけ出してこそのプロレスラーだと思ってる。テメエはそうは思ってない。プロレスラーであるうちに、プロレスラーでよかったと思わせてやる。覚悟があって言うなら上がって来い。私の思想を全部、テメエに叩き込んでやる」と受諾し、8・27後楽園での対戦が決定した。

 バックステージで赤井は「前にタイトルマッチしたときに刺さった、糧になってる言葉がいくつもありまして。一つだけ、もがいてる姿を見せろって言葉がいまだに納得いかなくて。リング上でプロレスラーは夢を見せる存在であってほしいので。自分はもがいてる姿はあまり見せたくない。そこがずっと引きずってる部分があって。このままベルトとか防衛ロードとかだけで終わらせたくないなっていうのがあったので行動に移しました」とコメント。

 ディーノは「引退前にいろいろ思い出してナーバスになってんのか? こっちは前だけ向いて行ってんだよ。後ろ向いてるヤツの相手なんか…してやるよ。せいぜい後ろ向いて答え合わせすればいい。こっちは未来の答えを探してんだ。後ろ向いて探してるようなヤツに一切引く気はない。その覚悟でこい」と受けて立つ構え。

 また、8・13後楽園での「赤井沙希デビュー10周年記念試合vol.2」の対戦カードが、赤井&雪妃真矢&朱崇花vs彩羽匠&山下りな&Xと発表されていたが、Xが中島翔子(東京女子プロレス)に決まったことがアナウンスされた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る