『ホントに見えないならやるべきじゃない』『払いに行ったんですよ。そこでやっちゃった』1R25秒ノーコンテストで消滅した王座戦に堀口恭司が語った言葉とは

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、さいたまスーパーアリーナにて『超RIZIN.2 powered by U-NEXT』が開催。BELLATORパートセミファイナルでは、堀口恭司と神龍誠によるBellatorフライ級タイトルマッチが行われたがノーコンテストとなった。

 Bellatorフライ級は今回新設されることになったベルトであり、このベルトに元RIZIN&ベラトールバンタム級王者である堀口と、DEEPフライ級王者の神龍誠が挑むことに。どちらが勝ってもベラトールに初のフライ級日本人王者が誕生することになる。
 試合が始まると堀口が右ハイで牽制しワンツー。これで神龍が目に指が入ったと主張しタイムストップ。
 そのまま神龍の右目が回復せず、1R25秒でノーコンテストとなった。

 バックステージに現れた堀口恭司は以下のようにコメントした。

<堀口恭司>
――偶発的なアクシデントで試合が終わってしまった。今の心境は
「指がしっかり目に入っちゃったので、『あーちょっと出来ないかな』と思って。自分もすぐ『痛がってるよ』みたいな感じで、止めましたね」

――神龍選手の治療を待ってる間の気持ち
「アクシデントだったので、そのまま続くだろうと思ったので闘う準備をしてました」

――神龍選手は、ドクターが止める判断をしたあとに『やりたい』と言ったが間に合わなかったと話していた。本人に続行の意志があったなら続行すべきだと思うか
「うーん……そうですね、そうだなあ……。ホントに見えないならやるべきじゃないと思いますね。やっぱり、プロフェッショナルなので、その成績がずーっと残るので。ホントに見えないのであれば、今回ので良かったんじゃないかと思います」

――仮に逆の立場だったら堀口選手も『出来ない』と言うか
「いや、自分はやります(笑)自分はアホなんで(笑)」

――スコット・コーカー氏がリマッチの意志を示したが、希望するか
「そうですね。もちろんやりたいですね」

――再戦するなら日本かアメリカか、リングかケージかの希望はあるか
「特に希望はないですね」

――『自分ならやる』という発言は、堀口選手が特別だから……
「(※食い気味に)そうですね、特別ですね」

――神龍選手が試合を止めたこと自体は非難されるべきことではないと思うか
「そうですね。そう思います」

――両者が踏み込んだタイミングで起きたアクシデント。あの近い距離で手を開いていたのはどういう狙いだったか
「払いに行ったんですよ。そこで、やっちゃったと」

――本当はもっと遠い間合いでやるつもりだった?
「そうですね」

――スコット・コーカー氏は「再戦は3~4ヶ月は無い」と言っていた。なるべく早くやりたいと思うか
「そうですね。いつでも大丈夫です」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る