EVE王者・山下実優がソーヤー・レックのハードコア殺法に苦戦もV7に成功!「英国のEVEのベルトを日本で流出させるわけにはいかなかった」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが7月8日、東京・大田区総合体育館で夏の祭典「SUMMER SUN PRINCESS '23」を開催した。EVE王者の山下実優が挑戦者ソーヤー・レックのハードコア殺法に苦しみながらも蹴殺して、7度目の防衛に成功した。

 この一戦は当初ノンタイトル戦の予定だったが、山下の「日本のファンにもEVEの防衛戦を見せたい」との理由で、急きょ王座戦に変更された。規定により「スピリット・オブ・EVEルール」となるため、場外カウントはない。

 序盤から積極的に得意の蹴りで攻め込んだ山下だが、ソーヤーに場外戦に持ち込まれるとイス攻撃を受ける。花道奥の入場ゲートに連れて行かれると、イス殴打から、立てられたイスの上へのデスバレーボムで山下は悶絶。なんとかリングに戻ると、再びキックで攻め立てた。ソーヤーがイスを手にすると、制止したレフェリーを投げ飛ばす。レフェリー不在の隙にソーヤーはイスで殴ろうとするも山下は蹴りで迎撃。ソーヤーはゴリ―スペシャルを狙うも、脱出した山下はハイキックからSkull kickを叩き込んで激勝。

 ソーヤーのイス攻撃で予想以上に苦戦した山下は「イス、チェックしてって言ったじゃん。メッチャ、イス持ってきてたじゃん。この相手にEVEのベルトをかけた私がバカでした。メチャクチャされた。ボロボロ。でも勝ちました。持つべきものは一発の武器Skull kick。あれをジャストミートで当てられたから勝てたかな。英国のEVEのベルトを日本で流出させるわけにはいかなかった。いろんな責任を背負って戦って、勝つことができてよかった」と安堵の表情を浮かべた。そして、「(今後は)月1回ペースで英国に行って防衛して。米国のSPARK女子のベルトも持ってるんで防衛して、トーナメント(東京プリンセスカップ)も優勝して、目の前のことをしっかりやっていきたい」と意欲を見せた。

 また、1月29日の埼玉・春日部ふれあいキューブ大会で左手人差し指と中指を負傷して欠場していた“元空手世界王者”長野じゅりあが約半年ぶりに復帰。長野は宮本もかとの空手コンビで、「でいじーもんきー」(鈴芽&遠藤有栖)と激突。長野は突き、蹴りで攻め込むも、遠藤に捕獲されるとキャメルクラッチで絞め上げられギブアップ負け。長野は「鈴芽さんも有栖さんも強くなってて。練習していかないと勝てないと思った。また練習してリベンジの場を設けてほしい。自力勝利が1回しかないので、自力勝利を早々に取りたい」とコメント。

 なお、バートビクセンが保持するDEFY女子王座に挑んだ乃蒼ヒカリはトラースキック連打、ブリザードスープレックスで攻め込むも、バートビクセンの垂直落下式ブレーンバスターで撃沈し、王座奪取はならず。乃蒼は「強かった。体格も違うし、圧倒されるところが多くて。すごく悔しいです」と唇を噛んだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る