上野勇希が7・2大阪での“あこがれの人”HUBとのシングル戦に武者震い! 「2度とないんじゃないかというくらい純度100%で試合できるのが楽しみ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが6月12日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を行い、7月2日に開催される大阪・コミ協ひがしなり区民センター大会(松井幸則レフェリー主催興行)のメインイベントで一騎打ちに臨む上野勇希とHUBが熱い思いを吐露した。

 松井レフェリーによると、竹下幸之介が大阪プロレス時代のHUBのファンで、HUBをリスペクトして戦うためにプロレスラーになったという。その両者が2016年5月に開催された松井レフェリー主催興行でシングル戦を行い、竹下が勝利。当時、まだ上野は練習生だったが、竹下がHUBの試合映像を見せまくった結果、上野は竹下以上にHUBのファンになった。その後、上野とHUBは何度かタッグで対戦。そんななか、上野はHUBの必殺技WRを使用していいかとHUBに願い出て、HUBが快諾。今では上野にとって欠かせない得意技になっている。そして、昨年10月10日の大阪大会(松井レフェリー主催興行)でのタッグ戦(佐々木大輔&HUB VS上野&勝俣瞬馬)を行い、試合後、上野がHUBにシングル戦を要望。2人の間には長い歴史があって、ついに初の一騎打ちが実現する。

 プロデューサーの松井レフェリーは「去年、上野からシングルの対戦表明があって、1年の時を経て実現することになりました。上野もDDTの中心になっていく人間なんで、負けるわけにはいかないし、HUBも竹下へのリベンジもあきらめていないと思うんで、負けられない戦いになる。ムチャクチャ期待しています!」と語った。

 上野は「DDTを見てプロレスを知って、こんなに面白いものが世の中にあるのかと衝撃を受けました。そこから頑張ってDDTに入ることができて、どんなレスラーになりたいか聞かれたときに、ずっと答えられなかった。昔、タケ(竹下)が大阪プロレスの映像を見せてくれてるなかで、今の僕より若いHUBさん、当時のゴアを見て、かっこいいと。DDTを見て面白いと思ったくらい衝撃があって。そこから、上がっていく途中のHUBさんに魅了されて、こんなかっこいいレスラーになりたいと。HUBさんが通ってきた軌跡のなかのWRという技を使わせてほしいとお願いして、快く受けてくれて、懐の深さにも感動して。会見にも来てくださってることにも背筋が伸びる思いで。1年間楽しみを待ったことなどなくて、7月2日が来るのが楽しみで怖くて。しょぼいと思われたくなくて勝ちたくて、いろんな思いはあるんですけど。2度とないんじゃないかというくらい純度100%で、松井さんの前で試合できると思うと楽しみです!」と武者震い。

 その熱い思いを受けて立つHUBは「初めて会った時、黒いパンツ履いたDDTの若い子って感じで。年が経って、松井さんの興行で、大阪府立第2で(木髙)イサミさんとタッグを組んで、吉村(直巳)君、上野君とやった時に、“あの時の子か”と衝撃でした。変貌を遂げてて、ビックリしました。それで、松井さんの興行でWRコンビで竹下君、ビリーさん(ビリーケン・キッド)とやって、上野君とは組むより対戦したいというのが試合中からありました。肌を合わせておきたいと。1年前、シングル組んでもいいよと言ったんですが、流れて。僕は8月で45歳、キャリア23年、24年。そのキャリアのマックスに自分のコンディションのレベルをもっていきたい。上野君と松井さんの興行でやるのはうれしい。大阪プロレスを離れて10何年、それでも松井さんが主催興行に呼んでくれて、メイン。年取るとコンディション下がってくるのが分かるんで、早めにシングルやっといた方がいい。それでも1年待ってくれた。バリバリとバリバリじゃない過去の人間ですから、3試合目くらいでいいんです。でもメインなので、コンディション整えまくって、10キロ痩せて、その間に彼はどんどんレベル上がって、ヤバいを超えて楽しみしかない。明日にでも戦いたい。レスラーは人間なんで一番は心。彼は心を持ってる選手。楽しみです」と期待感でいっ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る