【試合詳細】10・1 スターダム武蔵野の森総合スポーツプラザ大会 【5★STAR GP決勝戦】中野たむvsジュリア 岩谷麻優vsスターライト・キッド ジュリアvs鈴季すず 舞華vsひめか

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『LEC ふわるんマスク Presents 5★STAR GP 2022~優勝決定戦~』
日程:2022年10月1日(土)
開始:15:00
会場:東京都・武蔵野の森総合スポーツプラザ
観衆:2,343人

▼5★STAR GP 2022 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[God‘s Eye]○MIRAI【7勝4敗1分=15点】
6分57秒 グラウンド式レイネーラ
[STARS]●飯田沙耶【2勝9敗=4点】

▼5★STAR GP 2022 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[COSMIC ANGELS]●なつぽい【6勝6敗=12点】
7分50秒 足4の字固め
[COSMIC ANGELS]○白川未奈【5勝7敗=10点】

▼5★STAR GP 2022 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[STARS]●葉月【7勝5敗=14点】
10分24秒 ピーチ・サンダー→体固め
[大江戸隊]○渡辺桃【6勝6敗=12点】

▼5★STAR GP 2022 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[Queens Quest]▲上谷沙弥【6勝4敗2分=14点】
8分21秒 両者リングアウト
[God‘s Eye]▲壮麗亜美【5勝6敗1分=11点】

▼5★STAR GP 2022 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[STARS]○岩谷麻優【7勝4敗1分=15点】
13分9秒 二段式ドラゴン・スープレックス・ホールド
[大江戸隊]●スターライト・キッド【7勝5敗=14点】

▼5★STAR GP 2022 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[Donna Del Mondo]△ジュリア【8勝3敗1分=17点】
15分0秒 時間切れ引き分け
[プロミネンス]△鈴季すず(フリー)【7勝4敗1分=15点】
※ジュリアが5★STAR GP決勝戦進出。

▼5★STAR GP 2022 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[COSMIC ANGELS]○ウナギ・サヤカ【2勝10敗=4点】
5分24秒 大儀であった→片エビ固め
[STARS]●向後桃【2勝10敗=4点】

▼5★STAR GP 2022 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[Queens Quest]●AZM【7勝5敗=14点】
0分44秒 起死回生
[大江戸隊]○鹿島沙希【6勝6敗=12点】

▼5★STAR GP 2022 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[Queens Quest]●林下詩美【7勝5敗=14点】
6分1秒 コグマ式ヨシタニック
[STARS]○コグマ【7勝5敗=14点】

▼5★STAR GP 2022 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[COSMIC ANGELS]○中野たむ【8勝4敗=16点】
7分36秒 バイオレット・スクリュー・ドライバー→片エビ固め
[COLOR‘S]●SAKI(フリー)【5勝7敗=10点】

▼5★STAR GP 2022 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[Donna Del Mondo]△舞華【7勝4敗1分=15点】
15分0秒 時間切れ引き分け
[Donna Del Mondo]△ひめか【7勝4敗1分=15点】

▼5★STAR GP 2022 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
[God‘s Eye]●朱里【7勝5敗=14点】
12分11秒 エビ固め
[プロミネンス]○世羅りさ(フリー)【7勝4敗1分=15点】
※中野たむが5★STAR GP決勝戦進出。

▼5★STAR GP 2022 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
【レッドスターズ1位/COSMIC ANGELS】●中野たむ
17分28秒 ノーザンライト・ボム→片エビ固め
【ブルースターズ1位/Donna Del Mondo】○ジュリア
※ジュリアが5★STAR GP 2022優勝。

ジュリアがたむとの再戦を制し5★STAR GP初優勝!すずがついにジュリアと一騎打ちも時間切れ引き分け!刀羅ナツコが因縁の詩美を襲撃し復帰を宣言!

第1試合


 両者走り込みショルダータックルのぶつかり合い。飯田がロープに飛ぶが、MIRAIも鋭角にロープに飛ぶとショルダータックルで吹っ飛ばす。すぐに立ち上がった飯田がヘッドロックで捕らえ絞り上げる。MIRAIはロープに足を伸ばしブレイク。

 チョップの打ち合いから飯田がボディスラム。ロープに飛んでスライディングバックエルボーからエルボードロップを投下しフォールも2。

 飯田がロープに飛ぶが、MIRAIがバックエルボーで迎撃し、ボディスラムから串刺しラリアット。コーナーに登るが、飯田が背中にチョップを打ち込み、MIRAIがコーナーから蹴りつけるが飯田はラリアットで場外に叩き落とす。
 さらに飯田がエプロンからダイビングハンマーブローを背中に落とし、場外でラリアットのぶつかり合いから両者ダウン。

 リングに戻り、ラリアットの相打ち連発をMIRAIが打ち勝ちフォールも1。
 飯田はヘッドバッドからラリアットでなぎ倒し、ロープに振ってベアハッグで捕らえるとそのままリングに叩きつけフォールも2。

 飯田は投げようとするが、耐えたMIRAIにダブルチョップ。髪を掴んで引き起こし、ブレーンバスターを狙うが着地したMIRAIがサムソンクラッチも2。

 MIRAIはミラマーレで捕らえるが飯田はロープに足を伸ばすが、そのままローリングクレイドルのように回転しフォールも2。

 MIRAIはグラウンド式レイネーラでギブアップを奪った。

<試合後コメント>

MIRAI
「飯田沙耶、飯田沙耶との試合はメチャメチャ楽しいです!またやろう。もっともっとやろう。ただ、何回やっても負けないですけど。今回自分は春・夏制覇って夢は叶わなかったです。今までのすべての悔し涙を虹に変えるっていうことも出来なかったわけですけど、虹に変える準備はできたと思える夏だったので、MIRAIの夏の物語は、秋へとTo be Continuedかなと思います。終わらせない。そして最後に1つ。改めて、真夏に輝くシンデレラストーリー、覚悟を持った勇気の夏。この灰被りシンデレラのMIRAIはスターダムのエースになります。ということは、イコール、プロレス界のエースってことです。この夏の最後に魂込めて!誓います」

第2試合


 なつぽいが握手を求めるが、白川は座り込んで下から睨みつける。なつぽいも座って目を合わせるが、白川が髪を掴んで睨みつけるとそのままエルボーの打ち合いへ。
 白川が打ち勝つが、立ち上がってエルボーを返したなつぽいに白川がエルボー連打。白川はロープに飛ぶが、なつぽいはドロップキックで迎撃し、足を刈って膝をつかせると顔面にドロップキック。さらにロープに飛んでロープを貫いてのドロップキック。
 なつぽいはストンピングからエルボー。さらにケンカキックで転がし、髪を掴んでバックキック。ストンピング連打からマウントを取りエルボー連打。
 髪を掴んでなつぽいが引き起こすと、白川がエルボーもなつぽいはソバットからロープに飛ぶ。だが白川も鋭角にロープに飛んで低空ドロップキック。
 白川はニークラッシャーから足4の字で捕らえ、なつぽいはロープを掴みブレイク。

 白川は足へのストンピング連打から「立てよ!」と要求し、ロープを掴んで立ち上がったなつぽいにバックブローを叩き込む。ぐったりとするなつぽいの髪を掴んで引き起こすとリバースDDTの体勢に。だが逃れたなつぽいがバックラッシュからジャックナイフも2。

 なつぽいは走り込むと投げ捨てジャーマン。すぐに立ち上がった白川が延髄斬りからドラゴンスクリューを狙うが、耐えたなつぽいにエルボーからロープに飛ぼうとするも、なつぽいはジャーマン・スープレックス・ホールドも2。

 なつぽいは水面蹴り式のソバットからコーナーに上りフェアリアルギフトを狙うが、白川が正面に登りエルボー連打。なつぽいは強烈なエルボーで叩き落とすも、白川が雄叫びを上げて立ち上がるとビンタからドラゴンスクリューでリングに投げ落とす。

  白川はドラゴンスクリューから足4の字で捕らえ、これでなつぽいはギブアップ。

<試合後コメント>

白川未奈
「(※詰めかけた報道陣を見て)人、今日珍しく多い!今日は絶対に負けられない闘いでした。そしてたむの隣を争う闘いなんて、私たちはしてない!そうじゃない。そんなことよりも、2人が、たむぽいとしてタッグとして強くなっていくんだったら、白川未奈はシングルプレイヤーとして結果を残して強くなっていく。中野たむが白いベルトのチャンピオンになって、去年のわたしたちをずっと引っ張って支えてくれたように、今度は私が白いベルトのチャンピオンになってコズエンを引っ張る。私は、白いベルトのチャンピオンになるということが希望で、そして私のこれが覚悟です。白川維震、やってやるって!」

第3試合


 葉月が入場してエプロンに上がるが、そこを桃が蹴り落とし場外乱闘で試合開始。
 桃は鉄柱に叩きつけてバットをフルスイングするが、避けた葉月を桃は再度鉄柱に叩きつけてからリングに投げ入れフォールも2。

 桃は背中にサッカーボールキックから顔面を踏みつけ、ケンカキックからピーチサンダーを狙うが葉月がコルバタで投げ捨てケンカキック。さらに顔面にバイシクルキックから顔面ウォッシュ。
 葉月はバックを取るが、耐えた桃がミドルキック。葉月のビッグブーツと桃のミドルキックの打ち合いとなり、桃がミドルキック連打かラロープに飛ぶが葉月が追走バックエルボー。葉月がロープに飛ぶと桃は追走バックエルボー。葉月が再度追走バックエルボーからロープに飛んでバイシクルキックも、避けた桃がテキーラサンライズ。桃が走り込むも、葉月はカウンターのみちのくドライバーIIで突き刺し両者ダウン。

 エルボー合戦から葉月がエルボー連打。コーナーに振って串刺しバックエルボーからスイングDDTで突き刺しフォールも2。

 葉月はコーナーに登るが、桃がエルボーから正面に登り雪崩式裏投げを狙う。耐えた葉月がエルボー連打から背中にフットスタンプからリングに飛び込み、バッククラッカーからリング上に座らせるとコードブレイカー。フォールも2。

 葉月は投げようとするが、耐えた桃がハイキックからロープに飛ぶが、葉月はバイシクルキックからボディスラムで叩きつけコーナーに登るとダイビングセントーンを投下。さらに変形みちのくドライバーII連発から垂直落下式ブレーンバスターで突き刺しフォールも、2でナツコが場外からレフェリーの足を掴んで引きずり落とす。

 葉月がリングにレフェリーを戻しフォールしようとするが、桃が首固めも2。桃は場外へ転がって逃れる。

 葉月はエプロンに降りて桃を引きずり上げるが、桃はエプロンでのBドライバー。
 再度リングでBドライバーからフォールも2。

 桃はチキンウィングフェイスロックからピーチサンダーを狙うが、葉月は葉・月ストラルを狙うも桃は切り返すと顔面を蹴りあげる。
 桃はイスをリング中央において、リバースBドライバーで突き刺す。さらに投げ捨てテキーラサンライズからフォールも2。

 桃はピーチサンダーで突き刺し3カウント。

<試合後コメント>

渡辺桃
「はぁ~、はぁ、葉月……ちょ、待って。痛い痛い痛い……(※後頭部を押さえる)。なんか、東スポのなんか見たよ?スパナ期待しちゃってたみたいだけど、お前ごときにスパナなんて使わねーよ。スパナキック対策だっけ?してたんだっけ?出るとこなくなっちゃったねえ?でさ、また私に負けて。アイツいつになったら完全復活すんだよオイ(笑)私はその日がスゲー楽しみだよ。もう帰るわ。あっつ。いってぇ……」

第4試合


 ロックアップから壮麗がロープに押し込むが、お互い体勢を切り返しあうと壮麗がコーナーに押し込み強烈なチョップ。
 上谷がエルボーで返すが、壮麗がコーナーに振ると上谷は走り込んできた壮麗を飛び越え、アームホイップから顔面に低空ドロップキック。
 上谷は串刺しジャンピングニーからロープに飛んでドロップキック。フォールも2。

 上谷はロープに飛ぶが、壮麗が追走ニーからロープに飛んでショルダータックルで倒す。フォールも2で返されるとそのまま逆エビ固めへ。上谷はロープを掴みブレイク。

 壮麗はアルゼンチンも、上谷が着地しスピンキック。避けた壮麗に再度スピンキックを叩き込み、ロープに飛んで走り込むが壮麗はダブルチョップで迎撃。
 壮麗はショルダータックルで倒しフォールも2。

 壮麗は担ぐが、着地した上谷にガットショットからロープに振るが、上谷はニールキックで場外に叩き出し、スワンダイブのプランチャを投下する。
 そのまま場外戦になるが、壮麗は鉄柱に上谷を突き飛ばすと串刺しラリアット。上谷が避けて自爆させると、エプロンに乗せてフットスタンプ。
 なんとか壮麗はリングに戻ると走り込み、ラリアット2連発からフォールも2。

 壮麗は担ぐが上谷が空中で体勢を切り返してフォールも2。

 上谷はスタークラッシャーを狙うが、耐えた壮麗がショートレンジラリアットでなぎ倒し、ロープに飛ぶが上谷がフランケンで丸め込むが2。

 壮麗はラリアットでなぎ倒し、ロープに飛んでラリアットで場外に叩き落とす。
 場外で壮麗は担ごうとするが、上谷がノーザンライトスープレックス。立ち上がった壮麗がラリアットでなぎ倒し、上谷を担ぐが上谷はフランケンからリングに戻ろうとする。その足を掴んだ壮麗とエルボーの打ち合いから壮麗が担ぐと、そのまま花道へのカミカゼ。
 両者リングに戻ろうとするが、お互いの足を引っ張りあいカウント20。両者リングアウトでドローとなった。

第5試合


 キッドが走り込んでドロップキックからロープに振るが、岩谷がアームホイップから走り込むも、キッドはコーナーで飛び越えてアームホイップから走り込む。岩谷が足を刈って倒しフォールも、すぐに抜けたキッドが距離をとる。
 キッドが突き飛ばすと、岩谷はスネへのソバットからロープに飛ぶが、キッドは追走してジャンピングエルボーで倒すと顔面を蹴りつけコーナーに押し込みエルボー連打。
 キッドはチョークも、岩谷はエルボーで逃れると背中にサッカーボールキック連発。フォールも1。

 岩谷はボディスラムからフォールも2で返されると腕ひしぎ。キッドはロープに足を伸ばしブレイク。

 岩谷はケンカキックからロープに飛ぶが、キッドは低空ドロップキックで迎撃し串刺し攻撃。避けた岩谷がスクールボーイからバカタレスライディングキックを叩き込む。
 岩谷は投げようとするが、耐えたキッドとチョップの打ち合いからキッドがチョップ連打。さらにダブルチョップで倒し、その場飛びムーンサルトからフォールも2。

 キッドはビンタからロープに飛ぶが、岩谷がスリングブレイドで迎撃しスタンディングドラゴンスリーパー。これを離すとトラースキックからコーナーに登りムーンサルトを投下するが、避けたキッドがバカタレスライディングキック。両者ダウン。

 キッドがゼロ戦キックも、岩谷が延髄斬りで返そうとするが避けたキッドがマフラーホールド。岩谷はロープを掴みブレイク。

 キッドがコーナーに上り、旋回式ダイビングボディプレスからフォールも2。

 キッドは背中を蹴りつけ、コーナーに上るとムーンサルト2連発。フォールも2。

 キッドはタイガースープレックスの体勢も、切り返した岩谷が投げ捨てジャーマン。
 岩谷は再度バックをとるも、切り返したキッドはグラウンドドラゴンスクリューからマフラーホールドで捕らえ黒虎脚殺へ。岩谷はなんとかロープを掴みブレイク。

 キッドは黒虎天罰で突き刺しフォールも2。

 キッドは後頭部への蒼魔刀からコーナー上に座らせ、正面に登るが、岩谷はダブルチョップ連発から雪崩式フランケンで投げ捨てる。
 キッドはすぐに立ち上がりロープに飛ぶが、岩谷はカウンターのツームストンパイルドライバー。両者ダウン。

 膝立ちでキッドがエルボー連打から岩谷もエルボー連打。岩谷はトラースキックから高速ドラゴンスーうレックスホールドも2。

 岩谷はコーナーに登ろうとするが、キッドはスクールボーイも2。

 岩谷はバズソーキックからコーナーに上りムーンサルトを投下。フォールも2。

 岩谷は二段階式ドラゴンスープレックスホールドで3カウント。

<試合後コメント>

岩谷麻優
「5★STAR、もうこの試合が始まる前に優勝決定戦に出れないってのは分かってたんですけど、最終戦の相手がキッドで良かったなって、改めて思いました。まあね、打倒・岩谷麻優、その覚悟と気持は伝わってきたし、でも、1年間でキッドの成長はスゴかったね。スゴかった。もう最後、勝つのがいっぱいいっぱいで、なんか試合後にどうキッドに言葉をかけて良いのか、そういうのも頭が働かないくらい追い詰められたかなって。でも、キッドは今、キッドが持ってる技をすべて出しそうになった上での勝利だったので、もうちょっと、もうちょっと、麻優を超えるのにはもうちょっとかかるかな。ちょっとうかうかしてられない。この熱い闘い、優勝、決勝決定戦?優勝決定戦にも進めなかった。それが今の岩谷麻優。くやしい。くやしい。でもすぐタッグリーグ始まるし、そのタッグリーグが終わったらシンデレラがあって、また5★STARがあって。乗り越えて、またどれか優勝できるように成長していく。頑張ります。応援してくださった皆様ありがとうございました」

第6試合


 ジュリアは涙しながらすずの正面に立ち、すずが往復ビンタからエルボー。ジュリアがタックルでコーナーに押し込み、すずが切り返してロープに押し込むとクリーンブレイク。

 すずがエルボーも、避けたジュリアがヘッドロックでグラウンドに持ち込み、すずがヘッドシザースで抜けるとジュリアはマウントを取る。これを抜けたすずの腕をジュリアがとり、マウントを取ろうとするがすずは切り返すとガードポジションに。ジュリアは下から腕を取ろうとするが、すずはこれを抜けて距離をとる。

 すずはドロップキックからヘアーホイップで投げ捨て、串刺しケンカキックから顔面ウォッシュ。
 すずは串刺しニーを顔面に叩き込み、場外に転がったジュリアをリングに投げ入れケンカキック。
 すずは腕をつかんでのケンカキック連発から、ハイキックを狙うもジュリアはキャッチしエクスプロイダー。
 ジュリアはすずの背中を蹴りつけ、ケンカキックから首投げで倒しスリーパー。すずはロープに足を伸ばしブレイク。

 ジュリアはビンタから顔面を蹴りつけ、ビンタ連発から髪を掴んで引き起こすもすずがビンタで倒すとエルボー連打。マウントナックル連打も、ジュリアが下から三角絞め。すずはロープに足を伸ばしブレイク。

 ジュリアは顔面ウォッシュから腿へのサッカーボールキック。
 立ち上がったすずがエルボー連打。ジュリアは右ストレートを叩き込んで倒すと、髪を掴んで引き起こすがすずはヘッドバッド。
 すずは投げ捨てジャーマンも、立ち上がったジュリアが走り込むが避けたすずが再度投げ捨てジャーマン。再々度ジャーマンを狙うが、耐えたジュリアがヘッドバッドからバックドロップ。両者ダウン。

 ジュリアは投げようとするが、耐えたすずにガットショット。だがすずがコーナーに振り串刺し攻撃を狙うが、足を伸ばしたジュリアをキャッチすると、その足をロープにかけてスライディングジャーマン。
 すずはコーナーに上るが、ジュリアがドロップキックからエルボー連打。さらに正面に登ると、雪崩式グロリアスバスターで叩きつけフォールも2。

 ジュリアはステルスバイパーで捕らえるが、すずはロープに足を伸ばしブレイク。

 ジュリアはファルコンアローからフォールも2。

 ジュリアは投げようとするが、耐えたすずがグランマエストロデテキーラも2。

 ジュリアは低空ドロップキックから、グロリアスドライバーで突き刺しフォールも2。

 ジュリアは担ぐが、着地したすずがジャーマン・スープレックス。

 すずがエルボーからバズソーキック。さらにトラースキックからバズソーキックを叩き込み、テキーラショットからフォールも2。

 すずはロコモーション・ジャーマン・スープレックス・ホールドも2。


 残り30秒ですずは仰向けのジュリアにエルボー連打。ジュリアは「もっと来いよ!」とこれを受けきり、すずは左右のエルボー連打も、時間切れになった瞬間ジュリアがすずを抱きしめた。

 試合後、アントニオ猪木さんへ追悼の10カウントゴングが行われた。

<試合後コメント>

鈴季すず
「あぁ……お゛あーっ……クッソ……、ジュリアをぶっ潰すためにこのスターダムのリングに上がったけど、アイツが背負ってきた3年間、アイツがスターダムにいた3年間、とってもデケーもんなんだと、今日改めて思ったよ。5★STARだけど、ジュリアとの闘いに関しては勝ちも負けも関係ない。ただ、ただ、ただ!ジュリアに3年間の想いを伝えたかった。それがちょっとは伝わったかな。だけど、まだまだ!鈴季すずはおわらねー!ジュリアをぶっ潰して、これからもジュリアと最強のライバルでいられるようにまだまだスターダムを引っ掻き回してやるよ!覚悟しとけよ!アァーッ!」

第7試合


 向後がドロップキックも、ウナギがすぐにギロチンドロップを投下。避けた向後がドロップキックを打ち込むが、立ち上がったウナギとエルボー合戦。向後がエルボー連打からロープに飛ぶが、ウナギは追走バックエルボーからロープに飛ぶも、向後も追走ドロップキックからロープに飛ぶが、ウナギはカウンターの開脚フェイスバスター。

 ウナギはフォールしようとするが向後が丸め込むも2。
 向後はスクールボーイも2。
 向後は再度スクールボーイも2。

 ウナギはビッグブーツも、キャッチした向後が転がしてジャックナイフも2。
 場外に転がったウナギへ向後はスライディングキックを叩き込み、リングに投げ入れるとスワンダイブ。避けたウナギがビッグブーツからロープに飛んでコードブレイカーからギロチンドロップを投下する。

 ウナギはロープに飛ぶが、向後がドロップキックで迎撃するとロープに飛んで619。さらにエプロンに降りると、スワンダイブミサイルキックからフォールも2。

 向後はロープに飛ぶが、ウナギはそんなことより一献くれまいか?で迎撃するとフォールも2。

 ウナギはカカト落としからコーナーに上りフロッグスプラッシュも、避けた向後がトラースキックからフロントネックで捕らえスイングDDT。フォールも2。

 向後はネクターピーチを狙うが、耐えたウナギが大外刈り。さらにビッグブーツからエルボーを叩き込んでの腕へのコードブレイカーからフォールも2。

 ウナギは大儀であったで叩きつけ3カウント。

<試合後コメント>

ウナギ・サヤカ
「単独ドベから、3人のドベに並んだのかな?勝敗には勝ちと負けしか、白と黒の2色しかないですけど、プロレスに於いてはその2色だけじゃないと思ってます。このリーグ戦では私は負けることの意味と、勝てないことの現実を知り、どんなリーグ戦よりももがきながら進めたのかなと思います。私はもっとド派手に何色にも傾奇たいので、決心しました。大暴れします。皆さん見ててください。ウナギカブキは終わらない!ありがとうございました!」

第8試合

 


 鹿島が「正々堂々よろしくお願いします」と握手を要求するが、その手を握ったAZMが起死回生も2。鹿島があずみ寿司も2。
 お互いキックを避けて鹿島が起死回生も、切り返そうとしたAZMを回転して捕らえ続けそのまま3カウント。

<試合後コメント>

「Hooooo♪スパパパパ~ン♪(※イスの上に立つ)AZMぱいせーん、いや、寿司職人?おい、修行出直してこいよ寿司職人だかなんだかしらねーけど!(※イスの上にヤンキー座り)おう、AZMパイセンは決勝進出ならずぅ~♪残念っしたぁ~♪お疲れっしたぁ~♪嫌がらせ、完了ぉ~♪あっ、誕生日おめでとう!」

第9試合


 ロックアップをスカしてコグマがクマポーズ。詩美が雄々しいクマポーズからロープに振ってショルダータックルで倒し、踏みつけしながらクマポーズ。
 詩美はアルゼンチンで担ぐが、着地したコグマがガットショットからロープに飛ぶも、詩美はカウンターのバックフリップからコーナに登る。
 コグマはエルボー連打から横に登ると、ロープへのフェイスバスターからコーナーに登る。詩美はエプロンに登り担ぐが、コグマが丸め込むと低空ドロップキックで場外に落とす。
 コグマはコーナーに上り場外へのプランチャ。

 リングに戻り、コグマがコーナーに登るとミサイルキック。フォールも2。

 コグマはバックを取るが、詩美が担ぐとサイドバスターからフォールしようとするも、コグマが丸め込むが2。

 コグマが走り込むが、詩美が担ぐとそのままコーナーに叩きつけ、串刺しバックエルボーからコーナーに上る。コグマはエルボー連打から横に登り、雪崩式ガンスタンからフォールも2。

 コグマは担ごうとするが、耐えた詩美がエルボーからロープに飛ぼうとするが、コグマは強引に投げ捨てジャーマン2連発。再度ジャーマンを狙うが詩美はロープを掴んで耐える。
 コグマが走り込むが、詩美が避けると投げ捨てジャーマン。さらにボディスラムで叩きつけ両者ダウン。

 詩美はコウモリ吊り落としからラリアットでなぎ倒しフォールも2。

 詩美はハイジャックボムを狙うが、コグマがヨシタニックで切り返し3カウント。

 試合後に死神がリングに上がると、正体は欠場中の刀羅ナツコ。ナツコは詩美をデスバレーボムで叩きつける。

ナツコ「うたみー!!詩美、詩美、詩美詩美!久しぶりだなリングの上では。おい、おまえこの5STAR、7勝、5敗?元赤のチャンピオンが、なんてざまなんだ!いつも、私は見てたよ?君が、楽しそうに入場で歌を歌ったり、ふざけたことばっかりしてる姿をね。オマエ私に言ったよな?私が戻ってくるまで、赤いベルト、守ってるからって。私は、約束も守れねーやつが、本当に嫌いなんだ!私は、オマエとの試合で、膝を怪我して、1年以上も欠場した。でもそろそろ戻って来ようかなって思ってるんだぁ~。タッグリーグがちょうどいいかなって。でもさぁ、タッグリーグの事考えると、オマエの顔が浮かぶんだ!あの日から、私は止まったまま。オマエも、止まったままなんじゃねーの?おい、林下詩美とのシングル、作れよ。あの日は途中で終わったけど、今回は、オマエに、恥かかせたるよ」

<試合後コメント>

刀羅ナツコ
「さっきもリングの上で言った通り、あの怪我から1年3ヶ月くらい?ちょっと色々あって時間かかっちゃったんだけど、今度のタッグリーグから復帰しようかなって思ってて。まあ、見てるやつもみんなそうだと思うけど、あの試合からホント時が止まったんだよ。私はね?でも詩美は進んでたはず。もっともっと張り合いのあるやつになるかと思ってたら、なんだあのザマは。アイツ昔、5★STAR優勝してんだろ?なんで出来ねーんだよ。私は強い詩美が好きなんだよ!赤いベルトじゃなくて強い詩美が好き。見てるやつらもそう思わない?逆にいいの?(Queens Questの)リーダーになったのに存在感の1つもない。なにもしてない。アイツは私とのシングルで完全に終わらせてやる。以上。楽しみにしとけよ」

コグマ
「私、勝ったんですよぉ、林下詩美に。勝ったけど刀羅ナツコが出てきて全部崩された気がします。なんかちょっと腑に落ちないですけど、勝ちました。ヨシタニックは麻優さんに場外でやって以来ですね。詩美に今日勝てた!嬉しい!でもなんか腑に落ちない。なんだったんだろ……」

林下詩美
「5★STAR、最後やられちゃって、今年も林下詩美の夏、なにもないまま終わったかと思ったけど、ナツコ……帰ってくるんだね、久しぶりに。ナツコに言われて、あの時から時が止まってるんじゃないかって。たしかにそうなのかもしれないね。ナツコがいなくなってから私の中で1つ大きなものが欠けちゃったし。ただ、申し訳ないのが、私から言った約束を守れなかったこと。『赤いベルトを持ってもう1回待っててやるよ』って言ったのに。そこだけはすごい申し訳ない。けど、今なにもない、赤いベルトも、なんのベルトも腰に巻いてない私ともやってくれるってナツコが思ってくれてるなら、あの時の約束とはちょっとだけ違うけど、またなんでも、なんでも受けて立つから、復活した刀羅ナツコと、せっかくだからどこか大きい場所で試合させてほしいです」

第10試合


 ロックアップからバックの取り合い。たむがSAKIをロープに振るが、SAKIはショルダータックルで倒しフォール。ブリッジして抜けたたむがロープに飛んでネックブリーカードロップからコーナーに登るとダイビングクロスボディアタックを投下。これを避けたSAKIがランニングケンカキックからバックを取るが、耐えたたむがロープに飛ぶもSAKIは追走エルボーから足を刈って倒しランニングケンカキック。避けたたむがバックドロップから、ロープにもたれかかるSAKIにバイオレットシューティング。フォールも2。

 たむはコーナーに上るが、SAKIはビッグブーツ連発から正面に上り、顔面に膝蹴りから雪崩式ブレーンバスター。たむはすぐに立ち上がるとトラースキックを叩き込む。
 たむはロープに飛ぶが、SAKIはカウンターのみちのくドライバーIIからフォールも2。

 SAKIは担ごうとするがたむは空中で切り返して潰すとフォールも1。
 たむがバックを取るが、SAKIが足を刈ってからショートレンジの膝蹴りを顔面に叩き込む。
 SAKIは担ごうとするも、耐えたたむがハイキックも、避けたSAKIが巻き込んでバックドロップ。SAKIはコーナーに上り、ダイビングニードロップを投下するが、避けて自爆させたたむが後頭部へのバイオレットシューティング。両者ダウン。

 膝立ちでエルボーの打ち合いから、SAKIがエルボー連打。エルボーの打ち合いからSAKIがガードしてエルボー。たむはエルボーから走り込むが、SAKIが担ぐも着地したたむが後ろ回し蹴り。SAKIは雄叫びを上げて走り込むも、たむはラリアットを巻き込んでからトラースキック。
 たむはロープに飛んでバイオレットシューティング3連発。さらに左右の側頭部にバイオレットシューティングを連続で叩き込み、投げようとするが耐えたSAKIにバズソーキック。
 たむはバイオレット・スクリュー・ドライバーで突き刺し3カウント。

<試合後コメント>

中野たむ
「SAKI、COLOR’Sと連合軍を組めたこと、本当に心から誇りに思う。SAKIのパワーとパッションにはいつも圧倒される。私達コズエンCOLOR’S連合軍はお互い仲間でありライバルだ。お互いにもっと高みを目指してしのぎを削っていきたい。決勝はあとは天に任せるしか無いけど、今日ばっかりは神様に祈ろうと思います。待ってろ!」

第11試合


 両者走り込み、ラリアットの相打ちから舞華がガットショットを叩き込みコーナーに振って串刺しラリアット。再度串刺し攻撃を狙うが、ひめかが追走串刺しニー。舞華も追走串刺しラリアットも、ひめかが再度追走串刺しボディスプラッシュからロープに飛んでのショルダータックルのぶつかり合い。舞華がスリーパーで捕らえるも、ひめかがKUBINAGEで投げ捨てるが、舞華は再度スリーパーで捕らえ、そのままグラウンドで胴締めスリーパー。ひめかはロープに足を伸ばしブレイク。

 場外に転がったひめかを舞華が追うと、場外でエルボーの打ち合いからショルダータックルのぶつかりあい。舞華がブレーンバスターで叩きつければひめかはバックドロップで叩きつけ、両者ダウンからカウント18でリングへ。

 ラリアットのぶつかりあいからお互いラリアットでなぎ倒しあい、ひめかがスライディングラリアットからフォールも2。

 ひめかはJPコースターからフォールも2。

 ひめかはロープに飛んでジャンピングニーからコーナーに上るが、舞華はエルボー連打から正面に登る。ひめかのエルボーに舞華がヘッドバッドで返し雪崩式ブレーンバスター。両者ダウン。

 舞華がラリアットでなぎ倒しフォールも2。 

 舞華は炎華落としを狙うが、着地したひめかがレインメーカー。
 ひめかが走り込むが舞華はパワースラムで迎撃し、山茶華からフォールも2。

 舞華は炎華落としからフォールも2。

 舞華はコーナーに振り、串刺しラリアットからコーナー上に乗せると正面に登る。だがひめかはリングに着地すると、サンダーファイヤーパワーボムでフォールも2。

 ひめかはロープに飛ぶが、舞華はカウンターのみちのくドライバーIIで突き刺しフォールも2。

 エルボーの相打ちで両者ダウン。そのまま10カウントとなり、両者KOでドローとなった。

<試合後コメント>

舞華&ひめか
ひめか「初めての舞ひめ対決、プロレスは因縁だけじゃなくて、絆っていうのもリングの上で証明できて。改めてプロレスっていいなって、好きだなって思った。でも、5★STAR……あぁ、悔しいね」
舞華「まあね。お互い同点だっただけに負けられないしっていうね。今までシングルで戦ったことのない2人がこんなデケー会場で、まさかやれるなんてね。でもこれで舞ひめの絆、もっともっと強くなったんじゃない?」
ひめか「そうだね」
舞華「次、なんだっけ?ゴッデス、タッグリーグか。タッグリーグも始まることだし」
ひめか「今年こそは舞ひめで出ないとおかしいでしょ。みなさんもそう思うよね?乞うご期待。これからの舞ひめにも乞うご期待」
舞華「痛い」
ひめか「頭いてぇ」
舞華「酒飲み行こう」
ひめか「行こう」
舞華「今日は飲むぞ」

第12試合


 朱里がローからミドルで牽制し、手4つになるとすぐさま背負い投げてマウントをとり腕ひしぎへ。これを回転して逃れた世羅がガードポジションになるが、朱里がバックを取りスリーパーを狙うが世羅はすぐさまロープに足を伸ばしブレイク。

 朱里が片足タックルからグラウンドの攻防になり、朱里が巻き投げてスリーパー。世羅が取り返すが朱里は回転して逃れると、世羅がバックを取りランニングニーからフォールも1。

 ロックアップから世羅が巻き投げ、ロープに飛ぶが朱里が追走するも世羅がアームホイップ。再度アームホイップを狙うが、朱里がバックを取ってこらえるとバックの取り合いへ。グラウンドの攻防からスタンドに戻ると、世羅がショルダータックルで倒す。世羅はセラリズムバスターで叩きつけフォールも2。

 世羅はジャイアントスイングから串刺しダブルニー。さらにリバーススプラッシュ式ダブルニーを投下するが、避けた朱里がケンカキックからジョン・ウー。さらに串刺しニーからネックチャンスリーで投げ捨てフォールも2。

 朱里は腕ひしぎで捕らえ、切り返した世羅がカニバサミで倒しコンバイン。朱里はロープを掴みブレイク。

 世羅は背中にストンピングからリバーススプラッシュ式ダブルニーを投下しフォールも2。

 世羅は髪を掴んだまま顔面を蹴りつけていき、そのまま引き起こすが朱里は左右の掌底連打。崩れ落ちた世羅にストンピング連打も、立ち上がった世羅が髪を掴んで引き倒し顔面にストンピング連打。
 ロープを掴んだ朱里の顔面を蹴り続ける世羅にレフェリーが注意。

 朱里がミドルキック連打で倒し、背中にサッカーボールキックから正面からサッカーボールキック。キャッチした世羅がそのまま担いでスパイラルボム。フォールも1。

 朱里が投げ捨てジャーマンから走り込むが、世羅はカウンターの羅紗鋏。朱里はすぐに立ち上がりハイキック。両者ロープにもたれかかる。
 世羅は走り込むが、朱里がミドルキックもキャッチした世羅とバックの取り合い。世羅は羅紗鋏で突き刺し、スリーパーで捕らえる。ぐったりした朱里にエアーズロックからフォールも2。

 世羅はコーナーに登り、ダイビングダブルニードロップからフォールも2。

 世羅はロープに飛ぶが、朱里が飛びつき式のV1アームロックから腕ひしぎへ。さらに三角締めに以降するが、世羅はバスターして逃れる。

 朱里はボディへ膝蹴り連発からミノルスペシャル。そのまま朱雀で捕らえていくも、世羅はそのまま担いでグラウンドで羅紗鋏。フォールし3カウント。

<試合後コメント>

朱里
「……はぁ。5★STAR GP、最終戦。世羅りさに負けました。2連覇、絶対果たすって気持ちで挑んだ試合でしたが、決勝に行くことが出来なくて本当に本当に悔しいです。でもこのままこの気持を引きずったままいられないので。5★STAR、私は負けてる選手が4人ほどいます。私は赤いベルトをかけてタイトルマッチをしたい。真の赤いベルトのチャンピオンは私だっていうことを証明したいと思ってます。……あぁ、めちゃくちゃ悔しい」

世羅りさ
「はぁ~、よいしょぉ~。勝ちましたね。勝ったよね?なんか必死過ぎて最後なにが起こったか全然良くわかってないんですけど、あの朱里に3カウントを取った世羅りさです!これが5月に出来ていたらとすごく悔いるところはあるんですけど、そこからの急成長ハンパ無いってことでよろしいでしょうか?スターダムに来て急成長を遂げております。10年目にしてこうやって急成長出来たのは、5★STAR出れたからかな。感謝してますよ、ホントに。ありがとうございました。15点!クソ~ッ!」

第13試合


 両者走り込み、ロックアップからたむがヘッドロックもジュリアがバックドロップ。たむもすぐに立ち上がり後ろ回し蹴りからビンタの打ち合いへ。ヘッドバッドの打ち合いからジュリアのビッグブーツを避けたたむがハイキック。ガードしたジュリアがロープに飛んだたむをドロップキックで迎撃しステルスバイパー。たむが痛めている腕を絞り上げるが、たむはロープを掴みブレイク。

 ジュリアはたむの腕をロープに巻き付け、腕へのドロップキックからベアハッグスープレックス。フォールも2。

 ジュリアは投げようとするが、耐えたたむがエルボー。ガードしたジュリアがエルボーからロープに飛ぶが、たむはトラースキックで迎撃しロープを貫いてのバイオレットシューティング。場外に落下したジュリアにたむがコーナーからのプランチャを投下する。

 リングに戻り、たむはコーナーに登るとジュリアにドラゴンスリーパーを狙うが、逃れたジュリアが正面に登るとたむはエルボーからリングに飛び降り投げようとする。耐えたジュリアの背中にエルボーからコーナーに上り、雪崩式ジャーマンを狙うがジュリアはヘッドバッド。たむはリングに落下するが、雄叫びを上げてコーナーに登ると雪崩式タイガースープレックス。
 たむはコーナーに上るが、ジュリアが正面に登り雪崩式ダブルアームスープレックス。
 ジュリアは髪を掴んで引き起こし、担ごうとするがたむは着地すると逆さ押さえ込みの体勢になるも、こらえたジュリアにタイガードライバー。両者ダウン。

 座った状態で顔面を蹴りあい、たむが連続蹴りも受けきったジュリアがキャッチしヒールホールド。そのままたむの顔面を蹴りつけるが、お互い蹴り合いになるとジュリアが絞り上げたむがロープを掴みブレイク。

 ジュリアはエプロンでグロリアスバスターを狙うが、体勢を崩して場外に落下。たむがスクールボーイからバイオレットシューティングを叩き込み、髪を掴んで花道に引きずるとエルボーの打ち合いへ。
 ジュリアが担ぐとグロリアスドライバーを狙うが、たむがリバースDDTで切り返すと花道を走り込んでのバイオレットシューティング。
 さらにたむはバックを取るが、切り返したジュリアがDDT。両者ダウン。カウント18でリングへ。

 額を擦りつけあいビンタの打ち合いへ。たむが左右のビンタ連打で倒すが、立ち上がったジュリアが強烈なエルボーで吹っ飛ばす。
 髪を掴んでヘッドバッドの相打ちから、たむがバックをとってハイキックも、避けたジュリアがバックドロップからフォールも1。
 ジュリアが走り込むが、バックをとったたむがタイガースープレックスホールドも1。

 ジュリアが担ぐが着地したたむが掟破りのグロリアスドライバーからフォールも1。

 たむは走り込むが、ジュリアが掟破りのバイオレット・スクリュー・ドライバーからフォールも2。

 たむが走り込むがジュリアが右ストレート。両者ダウン。

 ジュリアが膝蹴りからグロリアスドライバー。フォールも2。

 ジュリアがノーザンライトボムで叩きつけ3カウント。

5☆STAR GP 2022表彰式


 各賞の発表へ。

技能賞:MIRAI
敢闘賞:AZM
殊勲賞:鹿島沙希
ブルースターズ公式リーグ戦ベストマッチ:9・11横浜武道館 上谷沙弥vs鈴季すず
レッドスターズ公式リーグ戦ベストマッチ:10・1 武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ 舞華vsひめか
準優勝:中野たむ
優勝:ジュリア

ジュリア「皆さん、今日は、この長い、長い約4時間、最後までほんとにお疲れ様です。ありがとうございました。みんな、あの、大丈夫?お尻とか腰とか、首とか、疲れてないですか?大丈夫ですか?我々選手たちも、約2ヶ月間、ここまで駆け抜けて来ました。みんな、ズタボロな状態ですけど、皆さんのお陰で、戦い抜く事ができました。私もです。本当に、本当にありがとうございました。この、超過酷な5STAR、制覇したということは、1つ、大きな事を言ってもいいでしょうか?12月29日、両国国技館で、年内最終戦があります。私は、そのメインイベントで、試合がしたい。もちろん、赤いベルトを賭けて。その時の、赤いベルトを持つチャンピオンに、私は挑戦したいと思います。私は、プロレスデビューして、今月で5周年を迎え、スターダムに来て、丁度、まる3年になって、でも、まだまだ、これからですよ。これから!ジュリアが、スターダム、いや、女子プロレス界の頂点に立ち、最高の景色を諸君にお見せしたいと思います。ついてきてください!そしてまた、これからもスターダム選手一同、頑張って、また、この、大きな大きな会場で、お客さんが、パンパンで、入りきれないぐらい!満員の状態にしていくんで!諸君も、熱い応援これからもよろしくお願いいたします!ジュリアのことが、好きで、好きで、たまらない諸君、今日はほんとうにありがとうございました!アリーヴェデルチ!またな!」

<試合後コメント>

ジュリア
「5★STAR 2022、制覇することが出来ました。これは応援してくれた諸君のおかげ、そして大事な大事な仲間、ライバル。そういう大切な人たちがたくさんいてくれたおかげだと思っています。去年の悔しい思いをここで晴らすことが出来ました。今日という日に鈴季すずとシングルで闘えたこと、決勝で中野たむとまた会えたこと、すごい感慨深いですね。また何度でも、何度でもやりましょう。そして優勝したからには、目指すものは前から言ってるただ1つ。赤いベルト、赤いベルト!12月29日の両国国技館に向けてしっかりコンディション調整して、また新しい景色、ジュリア色の世界をお見せします。諸君に必ず最高の景色を見せるので楽しみにしていたください。本当にありがとうございました。またお会いしましょう。アリベデルチ、またなっ!」

中野たむ
「……勝負は、一瞬で。一瞬で、すべてが変わった。また夢に近づいたと思ったら、ずっと遠くなって、私はまた……ジュリアに負けて!いつも、白いベルトのときも!私がチャンピオンになってからもずっとアイツと比べられて!髪切りのときもアイツが注目されて!今日も、もう少しだったのに……!一瞬で、すべてが変わる。……いつになったら、アイツに、勝てるのか。ナンバーワンじゃないと意味がないんです……」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る