のの子インタビュー[第1回]謎の包まれている子役時代からオーディションに落ち続けた日々

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

現在プロレス界で独自の存在感を発揮している“のの子”というプロレスラーがいる。オパイェ、手ぶらツイスト、パイフライフロー、ボインメーカー……と、どこかで聞いたような独自の技を使い相手を倒していく姿は一見コミカルだが、このスタイルで東京女子プロレスのエースの座まで登り詰めた。さらにこののの子の試合スタイルが話題になり、東京女子プロレスという団体自体の注目度が高まったと言っても過言ではない。

さらにのの子はプロレスラーだけではなく、KカップアイドルとしてDVDを発売するなどマルチタレントとしても活躍。
だが、それだけ“売れっ子”ののの子だが、風呂なしアパートで貧乏生活している様子が、地上波のテレビ番組や東京スポーツで取り上げられ、試合後のコメントでは常にタニマチを募集している。
色々と謎に包まれているのの子とは一体何者なのか? プロレスデビューする前からのの子選手のことを知る記者が満を持してのの子にロングインタビューを行った!
【取材・文/執事記者つばさ】

――まずのの子さんとは何者なのでしょう?

のの子 Kカップアイドルレスラーです♪

――それにしてはマルチな活動をしてますよね。

のの子 マルチですよね〜。元々小さな頃から児童劇団に入って子役修行をしていたのが、今になってものすごくためになってますね。だから将来芸能の仕事をした人は、私は小さい頃から児童劇団に入るべきだなと思いましたね。言葉のキャッチボールとか〜、児童劇団入ったらまず“ういろう売り”を覚えさせられる所から始まるんですよ。ういろう売りはなんかあった時とか、滑舌良くなったりとか話を誰かにする時とかすごく役立つから、本当にういろう売りは覚えておいて損はないなと。その時は「えっ、なにこれ!?」って思いましたけど、今思うとういろう売りは人生一回覚えとくべきだなと思いました。

――今もそれがためになっていると?

のの子 アニーとかのオーディションとか受けてますからね私。

――リアルですね。その時は事務所などに所属されてたんですか?

のの子 その時は劇団●●●にいましたね。ひ●わりさんに行きたかったんですが入所金が高くて……

――今まで本当に様々な活動をしてきたと思いますが、色々振り返ってみましょうか。

のの子 子役から活動してて。ほんとずっと、この間もといたユニットのオーディションがオーディション雑誌に載ったんです。月刊オーディションとか月刊デビューとか。その雑誌をずっと買ってて、ず〜っと毎月のようにコラムを読み、オーディションを探し、夏とかになると、事務所一斉オーディションとかに送って、ずっと落ちてました(笑)。ずっと落ちてました!

――学生時代もですか?

のの子 中学生ぐらいまで送ってました。ちょっともうこれ無理なんじゃないかと思って、中高ぐらいはミュージカルの専門学校行きつつ学校も行っててという感じで、ミュージカルをやろうと思って。歌って踊って芝居がしたくて。欲張りだったんですよ、歌って踊って芝居がしたくて、ミュージカルの方に行って、タップとかジャズとか、そういうの習いながら音大付属の教室に通ってました。そこで、その後に私はもう劇団員になるんだと思って、青年座と大人計画と文学座を受けて、これもまた全部落ちて(笑)。

――全部落ちるんですか!?

のの子 全部落ちて(笑)、ずっと落ち続けてました。もう一回諦めてバイトしようと思ったんですよ。普通に仕事しよって思って、仕事ないかなって思った時にメイドカフェ(笑)。

――なぜ!?

のの子 いやなんか、面白い仕事したいと思って。ちょうどその時、怪しい仕事特集とかが載ってた雑誌に初級編としてメイドカフェが載ってて、これなら「おかえりなさいませ」って言うだけだし可愛い服着れるし、いいなーって思って(履歴書を)送ったらそこで初めて合格したんですよ〜。

――バイトですしね!

のの子 今まで散々落ちてたのにね〜。

――その後、僕も知ってるメイドアイドル時代が始まるわけですね。

のの子 メイドユニットやってメイドアイドルやって、その流れで胸おっきいからグラビアっぽいことやらないかと言われて。かつ現役メイドでってなったら付加価値が付けられいいんじゃないって。そういうお仕事をいただき、グラビア事務所に入り、そこで初めて事務所に入ったんですけど、

■「つづきが読みたい!」と思ったらバトル・ニュースPREMIUMへ!


のの子_プロフィール用Photoのの子

歌う事・踊ること・表現することが好きでエンターテイメントの世界に憧れ、演劇とミュージカルを学ぶ。アニソンが好きでアニソンDJ活動、ライブ活動、料理が得意なので食の情報アイドルとしても活動。更なるエンターテイメントを追求し、DDTプロレス内ブランド、東京女子プロレスにて旗揚げと同時にデビュー。 東京女子プロレスの最胸レスラーとしてKカップを武器に活躍中。

のの子オフィシャルサイト
のの子ブログ
のの子Twitter
Kカップ、プロレスラーアイドルのの子 念願のフォトブック製作プロジェクト!(クラウドファンディング)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

月別

ページ上部へ戻る