台風、首の骨折、団体の消滅。幾多の苦難を乗り越えた特撮ヒーロー主演女優のプロレスラー・長谷川美子が1年8ヶ月ぶりの復帰戦!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、東京都・後楽園ホールにてガンバレ☆プロレス『ULTRA SOUL 2022』が開催され、長谷川美子が約1年8ヶ月ぶりの復帰を果たした。

 長谷川はアクション女優として様々な分野で活動しており、2010年に特撮ヒーローとして初主演。魔界にも一丈青役で出演歴を持つなどプロレスとの縁はあったが、2019年11月6日にアクトレスガールズから正式にプロレスラーデビューした。
 現在はスターダムで活躍する桜井まいとのタッグ“よぴまい”などで活躍してきたが、2021年1月に頸椎椎間板ヘルニア&首の圧迫骨折による負傷欠場が発表。さらに婦人科系の病気も発覚して無期限休養に入り、その間にプロレス団体としてのアクトレスガールズは消滅してしまう。
 自動的にフリーとなった長谷川の去就には注目が集まっていたが、長谷川は7月10日のガンバレ☆プロレス大田区総合体育館大会のオープニングに登場し、ガン☆プロ入団を電撃発表する。
 長谷川は「欠場期間中に先輩が出場するガンバレ☆プロレス興行にセコンドで付かせていただいて、そこでこのガンバレ☆プロレスがすごく魅力的で、『セコンド終わったらすぐ帰っていい』と言われていたのに最後まで見て、お客様の熱量がすごくて、私もここの団体の一員になりたいと強く感じ、知人を通して連絡させていただいて、所属に至りました」と入団の経緯を説明し、“復帰戦”ではなく、1からスタートするという意味で“再デビュー戦”を行う意向を明かしていた。

 長谷川の試合はデビュー戦らしく第1試合に決まり、まなせゆうな&長谷川美子vs春日萌花&YuuRIのタッグマッチにて実施。長谷川の新たな闘いは台風8号の影響で暴風雨が降り注ぐ中で幕を開けた。

 長谷川は、試合前には会場を一周しリングイン後には四方に向かって深々と頭を下げてファンに感謝の気持ちを伝える。
 先発で出ていった長谷川はリストロックやヘッドロックなど基礎を1から振り返るかのような攻防も重ねるも、そのさなかにコスチュームの首の装飾が外れてしまうという実戦ならではのアクシデントに見舞われ、その隙を突かれて1vs2の数的不利の闘いを強いられる。まなせも「しっかり自分でやり返してから帰ってこい!」と敢えて助け舟を出さずに長谷川の力を信じる。
 長谷川はかつて得意としたドロップキックを春日に見舞ってまなせに繋ぎ、まなせが八面六臂の大活躍で一気に逆転。終盤に再び出陣した長谷川は怒涛のドロップキック4連打を見せるも、序盤のダメージは癒えておらずYuuRIの619、春日のフットスタンプを被弾して大ピンチに。それでも長谷川は諦めずスモールパッケージ、スクールボーイ、バックスライドと丸め込みで粘りに粘りでは、意表を突いて繰り出したトルネードクラッチで春日からあわや金星という場面も作り出す
がリストクラッチ式ノーザンライト・スープレックス・ホールドから79.5MHzでギブアップを奪った。

 試合後、マイクを取った春日は「今日!お前が持ってるもの全部出して頑張ったか!その悔しい気持ちがなかったら絶対上に上がれないぞ!1試合1試合にすべてを出し切って頑張るのがガンバレ☆プロレス!その頑張った自分を頑張って上に上げ続けていくのがガンバレ☆プロレス!これからはあなたの頑張りを24時間見せ続けて一瞬たりとも目が離せないレスラーになれ!」とガン☆プロ魂を注入。
 これを受けた長谷川は「私はここ後楽園ホールでガンバレ☆プロレスと出会い、そしてまたここ後楽園ホールでガンバレ☆プロレスのレスラーとして試合ができたことがすごく嬉しいです!私はこれからどんどん強くなる!だから、見逃さないでください!」と熱い気持ちを叫んだ。

 バックステージに戻った長谷川は「また1からのスタートをこのガンバレ☆プロレスで切れたことをとても嬉しく思います。私はガンジョのトップを目指します!」と宣言し、ガンジョの4人で鬨の声を上げる。
 そして、一目惚れしたガン☆プロのリングで再デビューを果たしたことについて「あの時と変わらない感動がありました。お客様もこの台風の中で足を運んでくださって、すごい熱量で応援してくださって。私が元気を与えないといけない存在なのにもらってばかりなので、いつか返していけるような選手になれるように頑張ります!」と心機一転の意気込みを叫んだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る