“デスマッチ女王vs魂のシンデレラ”のライバル対決を制したMIRAIが5★STAR GP優勝に向け驀進!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11日、東京都・後楽園ホールにてスターダム『5★STAR GP 2022』が開催され、MIRAIが鈴季すずとの因縁のシングルマッチを制した。

 『5★STAR GP』とは毎年夏に行われるスターダムのシングルリーグ戦であり、今年は7月末~10月頭までの長期戦で過去最多の26選手がエントリー。過去最大となる21大会に渡ってのシリーズとなり、今年新日本プロレスが開催している『G1 CLIMAX 32』の20大会を上回る規模のシリーズとなった。

 この日は、ブルースターズ公式戦としてMIRAIvs鈴季すずの試合が実施された。

 MIRAIとすずは互いにデビュー前からの知り合いであり、熱いプロレス愛を共有してきた仲。MIRAIは自身が先にプロレス界に入ったにも関わらず先にリングに立ったのはすずであり、王座戴冠や週刊プロレスの単独表紙を飾るなどすずがプロレス界でのし上がっていく様を嫉妬の目で見ていたという。
 それぞれ全く違う団体で育ってきたが、運命のめぐり合わせから2人はスターダムのリングで対面することに。7月8日に行われた『FIBREPLEX presents NEW BLOOD 3』に於いてシングルマッチで対戦した際には15分フルタイムドローに終わっており、5★STAR GPで紡がれる2人のライバルストーリーの続きに注目が集まっていた。

 すずは前回の対戦の後にWAVEのシングル王座であるRegina di WAVEを戴冠しており、実績面に於いてはさらにMIRAIの先を行っての再戦。
 ゴングとともに両者ともに突っ込んでいってゴツゴツとエルボーを打ち合っていき、すずはMIRAIの応援コールでもある三拍子のエルボーや顔面踏みつけを見舞って挑発。得意の場外戦に持ち込むも、MIRAIも珍しく鉄柱を用いたラフファイトで応戦。
 終盤はMIRAIがラリアット、すずのドルフィン・バスターなど互いにフィニッシャークラスの必殺技を打ち合っていき、すずがMIRAIのミラマーレ・ショック(※旋回式ハリケーンドライバー)を切り返してジャーマン・スープレックス・ホールド。勝負は決まったかと思われたが、引き起こそうとしたすずの腕を取ったMIRAIがミラマーレ(※変形アームロック)で捕らえる。
 すずは「止めんな!止めんな!」と必死に訴えるものの、続行不可能と判断したレフェリーが試合を止めた。

 MIRAIは「公式リーグ戦、今日で3勝。またここ、後楽園に戻ってくるまで自分は全勝します。それでは最後に、真夏に輝くシンデレラ・ストーリー、自分に負けるな、限界を超えろ。5★STAR GP!魂込めて!God‘s Eye!」と堂々のマイクで大会を締め、「鈴季すずは欠場明けの1 試合目ってことで、コンディション万全じゃなかったのかなとか思ったりもしますけど、でも、こんなところで黙ってるような選手じゃないと思うので。MIRAIの中で鈴季すずはデカいです。鈴季すずの存在は、デカいです。まあこんなこと言ったら本人嫌がると思うなと思うんですけど」と盟友への思いを語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る