“筋肉女子Youtuber”ちゃんよたが憧れた『カッコよくて強いだけじゃなくてキレイで華のある女性』がリングに現れ「よう知らんけど!女子枠返してもらいます」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、新木場1stRingにて『P.P.P.TOKYOハウスショー~狂乱麗舞。いざ、萌ゆる心と共に。~』が開催。セミファイナルでは[PPPレディースチーム]バンビ&真琴&ちゃんよたvs[夏すみれ推薦チーム]高瀬みゆき&雪妃真矢&松本都が行われた。

 “筋肉Youtuber”として7.7万人の登録者を誇り、セクシー女優としても活躍するちゃんよた。PPPで初めてプロレスを観戦し、夏すみれの試合を見て『私もカッコよくて強いだけじゃなくて、すごくキレイで華のある女性になりたい』と憧れプロレスラーの道へ進み、プロレスの合同練習を週2、パワーリフティングの練習を週6、さらに柔術の練習も行いながら、K-1ヘビー級ファイターの京太郎と公開練習も開催。パワーリフティングの全国大会にも出場し、昨年9月についにPPP初の生え抜き女子プロレスラーとしてデビューを果たした。
 そのちゃんよたのもとへ、3月の新宿大会の試合後に欠場中の夏すみれが現れると「実際に復帰したらこのリングには戻ってきたいと思っています。でもそんなやすやすと試合ができると思われたら夏すみれがすたるんで。まずは私のお友達を納得させてもらって。三富代表には私の強くてイケてるお友達を紹介済みなので、彼女たちを納得させてください」とこの日の査定試合が組まれることとなった。

 試合はオーバー・ザ・トップロープありの生き残り戦となり、ちゃんよたのプロレス界の母にしてパワーファイターのバンビが集中砲火を受けいの一番に失格に。エプロン際の攻防で雪妃、真琴、松本がOTRで失格すると、残ったちゃんよたと高瀬が激しい打撃戦に。ちゃんよたはカウンターの水車落としであと一歩まで攻め込んだが、最後は高瀬のラリアットで3カウントを聞いた。

 試合を終えた高瀬は「負けず嫌いで、情熱が熱くて、良いエルボー打ってくる、めちゃめちゃいい選手じゃないですか!最後やばかったですし、すごい私試合中楽しかったです!私は確信を持って言えます。あなたはすでに、夏すみれを超えていると思います。ほんと、そのぐらい良かった。いつか夏さんと対戦する時には、私はちゃんよたさん、あなたの応援をします。頑張って!」と大絶賛。
 素直に「夏選手と戦えるようにもっともっと強くなる」と涙ながらに語るちゃんよただったが、これを聞いた夏は動揺しながら「もう超えてるらしいわ。えー、アタシの立場・・・まぁ、前回のPPP新宿FACE、その時に私は私の推薦する強い女たちを納得させることができたあかつきにはリング上で対戦しましょう。そう言いました。次回、PPP本戦、9月14日?新宿FACE大会あるそうですね。そこで、デビュー1周年?OKです、楽しみにしてます。そもそもPPPの女子枠っていうのは私が居たんですよ旗揚げ当初から!ず~っと私が守ってきたんですよこのPPPの女子を!それをただちょっと留守にしてる間にちゃんよた?デビュー1周年?よう知らんけど!女子枠、返してもらいますのでよろしくお願いします」と大人気なく啖呵を切った。

 そもそも夏は現在も欠場中であり、8月5日に新宿FACEで開催されるフリーランスサミット『NOMADS'』で復帰を匂わせているものの確定ではない。
 啖呵を切った夏が一年半のブランクを埋めてちゃんよたと闘うことができるのか?振り上げた拳の落とし所に注目が集まる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る