DDT10代プロジェクトのユニコーン&イルシオンがチャレンジマッチで遠藤、上野を相手に奮闘! 

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月6日、東京・新宿FACEで「Audience 2022 TOUR in SHINJUKU」を開催。こどもの日の翌日とあって、DDT10代プロジェクト「DDTeeeen!!」の両輪である14歳のエル・ユニコーン、19歳のイルシオンがチャレンジマッチに臨み、敗れはしたものの奮闘した。

 まず第3試合で、イルシオンが上野勇希にチャレンジ。イルシオンはブレーンバスター、エルボー連打などで必死の攻めを見せたが、上野のフロッグ・スプラッシュで憤死。

 次に第4試合で、ユニコーンがKO-D無差別級王者の遠藤哲哉に破格のチャレンジ機会を得た。体格ではるかに劣るユニコーンだが、変幻自在の空中殺法、丸め込み連発で食い下がったが、遠藤のふだん以上の回転数の旋回式トーチャーラックボムで沈んだ。

 イルシオンは「20代の選手と初めてシングルやりました。改めて力の差を知りました。結果は全然満足してない。もし次があったら絶対に俺が上野選手を倒します。もうすぐ20歳になるので、たくさん10代の選手とやって、10代興行を盛り上げて、DDTeeeen!!の中心になります」と話した。

 ユニコーンは「イルシオン、(ヴァンヴェール)ジャック君、ユーセー(エストレージャ)君、3人とシングルマッチしたんですけど、その100倍、1000倍、もっと強かった。今はまだ無理かもしれないですけど、絶対にあの金色のKO-D無差別級のベルトを、この腰に巻きたいと思います」と前を向いた。

 一方、胸を貸した上野は「僕は26歳で団体を背負う覚悟に目覚めましたけど。僕が気付くようになるまで、6年かかったものが、彼らは6年かかってもまだまだ時間がありますから、なんという未来でしょうか。若いというのはそれだけでエネルギーで、でも僕もまだピチピチでDDTのエネルギーをもらって、DDTを楽しくて強いものにしたい」とコメント。

 遠藤は「アイツなりのDDTを背負う気持ちが伝わってきたから、最後ビシッと決めてやりました。将来的になんて思わず、今すぐにでもKO-D無差別級に挑戦するくらいの気持ちをもって頑張って欲しい」とエールを送っていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る