乃蒼&角田の「ふりーWiFi」がラフ殺法でマジラビを破り5・3後楽園でのタッグ王座獲りに弾み! 「勝ったからと油断せず、このまま勝ち続けてベルトを獲りましょう」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが4月24日、東京・両国KFCホールで「TJPW SPRING TOUR '22」を開催。5月3日の東京・後楽園ホールでマジカルシュガーラビッツ(マジラビ=坂崎ユカ、瑞希)が持つプリンセスタッグ王座に挑む「ふりーWiFi」(乃蒼ヒカリ、角田奈穂)が前哨戦を制して、ベルト獲りに弾みをつけた。

 この日、「ふりーWiFi」は宮本もかとのトリオで、坂崎、瑞希、荒井優希(SKE48)組と対戦。「ふりーWiFi」は合体のキックを瑞希に決めるなど好調な出足を見せた。しかし、マジラビも坂崎が角田にミサイルキック、TeaTime、瑞希がダイビング・フットスタンプを見舞うなど応戦。荒井も奮闘して宮本にビッグブーツ連打を叩き込んだ。乃蒼は瑞希にランニング・ネックブリーカー、トラースキックを見舞うと、コーナーに振った。すると、角田がポストを外しており、瑞希はむき出しの金具に額を痛打。すかさず、乃蒼が回転足折り固めで丸め込んで電撃の3カウントを奪取した。試合後、怒った坂崎は外されたコーナーポストで乃蒼、角田をぶん殴った。

 乃蒼は「ここで勝ったからと油断せず、5月3日、このまま勝ち続けてベルトを獲りましょう」、角田は「勝ったから電波良好」と歓喜のマイク。

 バックステージで乃蒼は「タイトル戦が決まって初めての前哨戦だったんですけど、ここで勝っておかないと、チャンピオンに挑戦者として見てもらえないかなって思ったので。今日は絶対に勝ちたかった。タイトル戦までにもっと強くなって、一人でも勝てるように」と笑み。角田は「今日の私たちの勝ちが不安材料になってくれればいいなと思ってます。見せてないものが、ずっとタッグでやってきてるマジラビより多いと思うんです。不安材料をもっとつくって、タイトル戦まで不安でいてほしいなと思います」と話した。

 一方、坂崎は「アホなんじゃないかなって思います。勝つために考えたことだと思いますけど、そっちがその気なら、こっちだって」と報復宣言。瑞希は「これが2人の戦い方なら、その土俵に立った上で、ちゃんと勝ちを獲り返したい。もちろん防衛できるように。やり返したい」と雪辱を期していた。

 また、5・3後楽園で志田光(AEW)、宮本組と対戦する「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」(山下実優、伊藤麻希)は久々のタッグ結成で渡辺未詩、原宿ぽむ組に快勝。山下は「ちょっと距離を置いて、たまに組むくらいがちょうどいいのかもしれない。(志田は)選手としても人としての見せ方ってところで、すごい魅力的で気になってる選手だった。戦えるとは思わなかったので楽しみ」、伊藤は「志田さんと2回くらい当たってて、ことごとく敗れてるので、今回は獲りたい。AEWにも世界にも影響が出たらいいなって思ってる」とともに志田との激突を楽しみにしている様子だった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る