「若い頃あんたに憧れてたんだ」RIZINヘビー級最強の関根“シュレック”秀樹がNOAH王者の船木誠勝へシングルマッチを要求!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、東京都・後楽園ホールにて『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.15 ―“怒涛の怪力”ストロング小林追悼興行―』が開催され、関根“シュレック”秀樹が船木誠勝とのシングルマッチを要求した。

 関根“シュレック”秀樹は、警察官を経て柔術家としてプロのリングに上がるようになり巌流島などで活躍。若かりし頃にUWFインターナショナルに憧れてプロレスラーを志した夢を諦めることが出来ず、盟友・佐藤光留の主催するハードヒットにて2018年7月にプロレスラーデビューも果たした。
 そして、記憶に新しいのは昨年大晦日のRIZINにてシビサイ頌真を下した一戦。ベイダーマスクを被りUWFのテーマで入場するという“プロレスラー”としての誇りをかけて臨んだ一戦ではジャーマン・スープレックスも決めて見せ、試合後には、「プロレスは最強だっていうのを証明したくて。ジャーマンってね、すげーんすよ。自分の場合はね、UWFインターでゲイリー・オブライトのジャーマンを見て、学生時代ずーっと練習してね、今も決め技として使っています。そりゃあジャーマン食らったら、動けねえっす」と男泣きしながらプロレス愛を語っていた。

 この日のメインイベントでは、スーパー・タイガー&船木誠勝vs佐藤光留&関根“シュレック”秀樹のタッグマッチが実施。
 関根は船木とは組んだことはあるものの、対戦は初めて。「俺が小学生だったら漢字ドリルのページが船木誠勝の文字で埋め尽くされるね」と語るほどの船木愛を持つ関根は、心底嬉しそうな笑みを浮かべながら“猪木アリ状態”を作り出して濃密なレスリング戦へと引きずり込む。
 そして、中盤には関根がその圧倒的な腕力を生かしたアイアンクローで船木を失神寸前まで追い込む場面もあり、スーパーに対しては豪快なジャーマン・スープレックスやベアハッグからフロント・スープレックスで投げ捨てるという豪快なパワーを見せつける。
 終盤には全員が満身創痍の中で死力を尽くした削り合いが展開され、光留が船木を必死で押さえ込む中で関根がスーパーへジャーマン・スープレックスから胴絞めフロントネックロック、アルゼンチン・バックブリーカーと一気に試合を決めにかかるが、ここで30分フルタイムドローを告げるゴングが鳴り響いた。

 試合後、船木は腰に手を当ててベルト戦を要求するジェスチャー。NOAHのGHCナショナル王者の船木と、全日本プロレスの世界ジュニア王者である光留の王座戦への期待が高まる。

 しかし、マイクを要求した関根は「船木さん、光留さんとベルトかける前に、俺とやってくれませんか?俺はね、若い頃あんたに憧れてたんだ。ハイブリッドボディを目指してすっげぇ体鍛えたんだよ。48歳になってココまでたどり着いた。RIZINでも勝ったよ。次、俺とシングルでやってくれ」と船木へ対戦を要求。
 船木は関根の右手をガッチリ握ると、「やりましょう!」と爽やかに即答した。

 試合を終えた船木は「プレッシャー返してもかなり組み付いていけない。だから、スタミナもあるなと思いましたね。こっちのほうが先にスタミナ切れて、タイガーにタッチしちゃいましたね。(手強いのは)体の力。あとは柔術すごいやってますので、手の内が読まれているというか、行けないですよ、知ってるんで。打撃も効いてるんだか効いてないんだかわからない。足ごたえである程度効いたと思って、もしも次やるとすれば狙っていきますね。まあ面白いなと思います」と関根の強さを十分に評価。

 対する関根は、船木の強さについて「やっぱね、力が強い。これはMMAでもプロレスラーでも、強い人間はテクニックの前に力が強い。間違いない。組んだときに強引に引き離されたけど、中々ああいうのはMMAファイターの強い選手でも出来ないと思うから、かなり技術も体力もあるのかなと」と奇しくも船木が自身へ感じたものと同じ感想を抱いた様子。
 試合中に笑顔を見せていたことを問われると「俺達の世代は彼に憧れて青春時代を過ごしたわけで、当時はブラウン管を通してしか見えなかった、あの船木誠勝のローキック、ミドルキックを受けりゃあ……そりゃ嬉しくなっちゃうね、プロレスラーだったら」と語った。

 そして、「自分も一旦は警察入ったけど辞めて、やっとここまでたどり着いた。大晦日でも勝って、今日本のヘビー級の一番最高の男という称号も手に入れて、十分闘う資格はあるのかなと。ただ単に憧れだけじゃ終わらない。ぶっ潰して、彼の持ってるものを全部奪うつもりで。それまで精進しますよ」と船木戦の必勝を誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る