『新日本プロレスよ、俺にこのルールを与えたことを後悔しろ』KOPWを鈴木みのるが奪取!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5日、東京ドームにて新日本プロレス『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』DAY2が開催。第3試合ではKOPW2022決定戦として鈴木みのるvs矢野通vsチェーズ・オーエンズvsCIMAの4WAYマッチが行われた。

 前日1・4東京ドームの進出権争奪ニュージャパンランボーで生き残った4人による決定戦。
 最後に入場してきた矢野をアピールさせずに3人でボコボコにしながら試合は開始。
 鈴木がロープに飛ぶと矢野とチェーズが足を掴んで場外に引きずりだしボコボコにしようとするが、そこへCIMAが飛び込み3人まとめてトペ・スイシーダ。
 リングに戻ると矢野が金具がむき出しのコーナーへ鈴木を叩きつけ、CIMAが矢野をそのコーナーへ叩きつけると矢野へのリバースインディアンデスロック。そのCIMAを鈴木がスリーパーも、チェーズが鈴木に数珠繋ぎスリーパー。一番下で3人分の力に苦しめられる矢野はロープを掴みなんとかブレイクとなる。

 一人無傷のチェーズが矢野を投げようとするが、CIMAがチェーズに延髄斬りからシュバインで叩きつけ、メテオラを発射しフォールも鈴木がスリーパーでカット。そこを矢野が2人まとめて急所攻撃からフォールも2.9。
 雄叫びを上げる矢野にドロップキックを叩き込んだ鈴木がスリーパーからゴッチ式パイルドライバーで突き刺し3カウントを奪った。

 鈴木は「これがKOPWなんだろ?かかってこいや。2022年、KOPW保持者はこの俺、鈴木みのるだ!俺は胸張ってこう言わせてもらう。これは俺のものだ。そして2022年、いちばん大事なものになるはずだ。俺はここから行くんだ、オカダ、オスプレイ、鷹木、お前らの間に割って入るぞ。こんなのが必要なんですか?って最後にお前らに納得させてやる。鈴木みのるがこれを持ってよかったとな。新日本プロレスよ、俺にこのルールを与えたことに後悔しろ」と大荒れで会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る