KO-D無差別級王座を死守した竹下幸之介が22年1・3後楽園での青木真也との一騎打ちに意欲!「僕もギブアップを狙おうかなと思います」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月28日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を行い、前日の国立代々木競技場第二体育館大会で、岡林裕二(大日本プロレス)との死闘を制して、KO-D無差別級王座を死守した竹下幸之介が出席。一夜明けた胸中を語るとともに、新たに決まった22年1月3日、東京・後楽園ホールでのDDT EXTREME王者・青木真也との一騎打ち(ノンタイトル戦)に意欲を見せた。

 竹下は「一晩経っても、僕が思うことは試合後に抱いた気持ちと一緒で。闘ってくれて、あんなにDDTのリングを盛り上げてくださった岡林選手には本当に感謝しています。たくさんのお客さんが駆けつけてくれました。WRESTLE UNIVERSEでも多くのお客さんが見てくれました。たくさんのファンの方たちに感謝しています。サウナカミーナのメンバーが、セコンドのみんなが声を出して応援してくれて、それも大変力になりました。22年からのDDTも、ファイトで恩返ししていきたいと思います」とコメント。

 37分を超える大熱戦のダメージについては、「ダメージないわけないでしょ(笑)。昨日アドレナリンで寝れなくて。まだちょっとアドレナリンの余韻が残ってるくらいで。もちろんダメージがないことなんてないですけど、家に帰ってスマホを開くと、岡林選手が“悔しいから今から足トレ”と言って、ジムにいる写真を載せてて。ハッと思ったんでね。今日から僕もトレーニングやってきたいと思います」と語った。

 岡林戦でのフィニッシュは卍固めのような形で極める変型のPlus Ultraだったが、「上野(勇希)との試合でもそうでしたし、昨日もそうなんですけど。進化したわけではないんですよ。岡林選手の太い腕、太い首、あの体型には普通のPlus Ultraじゃ決まり切らない。しかも起き上がってこられたので、とっさに押さえ込もうとああいう形にした。僕の考えでは関節技というのは、相手の体型とか、ポジショニングとか体勢によって、臨機応変に決める角度を変えたりするものだと思ってるので。しいて言えば、昨日のは岡林選手に贈るPlus Ultraという感じですかね」と説明した。

 試合後、誰も次期挑戦者に名乗りを挙げなかったことについては、「チャンピオンなので、受けて立つぞという気持ちをもってます。でも、昨日に関しては誰も出てこなかった。僕と岡林選手の試合を見て、“これを超えてやるぞ”という気概、これを背負ってやるという意気込みをもった選手は、残念ながらいなかったのかなと、少しさびしく感じてしまいました」と話した。

 ここで、今林久弥GMから、来年の年始大会となる1・3後楽園は本戦9試合で、すべて15分1本勝負で行い、竹下は青木との一騎打ちが決まったことをアナウンス。青木は「ギブアップを取ってやる。堀田祐美子を背負った男は強いよ。ヒザがガクガクだけど」とのコメントを寄せた。

 これを聞いた竹下は「今の僕からギブアップを取れる人間って、そういないと思いますけど。世界の青木真也だから、取れるかもしれないですよね。僕もギブアップを狙おうとかなと思います。青木選手、MMAでもほとんどギブアップしたことないと思うんですよ。ちょっと狙ってみようかな。白黒つけないと、みんな納得しないと思うんで、短期合戦でも狙って。青木さんとの試合となると、たぶん決まれば終わりなので、僕もそのつもりで闘います」と意欲を見せた。

 過去、竹下は青木と3回シングル戦で闘い、最後の対戦から約2年半経っている。当時とは竹下の体型も随分変化しているが、「体型も変わってますし、経験値も上がってる。何より一番変わってるのは僕と青木選手との関係性じゃないですかね。青木真也の推し、竹下幸之介なので。僕も青木さんに認められたくてやってる部分もあるので。過去3戦とは違うものになると思うので、ちょっと異質な試合になるんじゃないか。非常に楽しみです」とコメントした。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る