火野裕士&ボディガーが12・26代々木でのKO-Dタッグ王座獲りに向け視界良好!「首洗って、覚悟して待っとけ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月18日、名古屋国際会議場イベントホールで「DRAMATIC EXPLOSION 2021」を開催。同26日の東京・国立代々木競技場第2体育館でHARASHIMA、吉村直巳組が保持するKO-Dタッグ王座に挑戦する火野裕二、ボディガーがベルト獲りに向け自信を見せた。

 この日のセミファイナルで、火野、ボディガーは遠藤哲哉、岡田佑介と組み、8人タッグマッチでHARASHIMA、吉村、秋山準、納谷幸男組と対戦した。

 いわば急造コンビの火野とボディガーは、これといった連係技こそないものの、持ち前のパワーはプロレス界でも指折りの存在だ。火野は吉村のチョップを後ろに手を回して耐えて見せ、吉村の払い腰をバックドロップで切り返すなど、王者組との闘いを優位に進めた。試合は納谷がエグい角度のバックドロップで岡田を仕留めて、王者組が制したが、挑戦者組はチームの敗戦にもどこ吹く風。

 王者組と視殺戦を展開し、控室に戻った火野は「ウチらが負けたかもしれないけど、チャンピオンのHARASHIMA、吉村。あんな勝利で勝った気でおったら、そんなんで代々木でワシらに勝てるわけない」と、ボディガーは「今日はかなり手加減してやったけど、代々木では本気でいく。首洗って、覚悟して待っとけ」と自信たっぷり。

 一方、HARASHIMAは「僕たちのチームが勝ったけど、僕らは全然やり足りないし。火野、ボディガーにはやられた感があるんで。ボディガーってよく知らないんだけど、場外でやったら絶対にやり返してくるし。熱いものが見えてきました。26日、ガッチリやるだけです」と、吉村は「ええようにされましたね。次が本番。そこできっちり借りを返してやってやりましょう」と気を引き締めていた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る