EXTREME王者・青木真也がフェロモンズ壊滅に立ち上がった! 12・12新宿で今成"ファンタスティック"夢人をノーセコンドルールで迎撃へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが11月21日、東京・後楽園ホールで「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Korakuen Hall」を開催。猛威を振るうフェロモンズ壊滅に向け、DDT EXTREME王者の青木真也が再び立ち上がり、12月12日の東京・新宿FACEで今成"ファンタスティック"夢人と防衛戦を行うことが決まった。

 この日の第2試合で、フェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成)が火野裕士、MAO、納谷幸男組と激突。フェロモンズはふだん通り、ディーノの男色殺法、飯野のセクシー殺法で火野組を幻惑。10分過ぎ、ディーノが納谷をリップロックで倒すと、納谷の顔を飯野の股間に置いて、フェロモンマジックを狙った。ここで今成が生中継中のリングサイドのビデオカメラマンのカメラを奪って禁断のシーンを撮ろうとすると、今林久弥GMが制止すべく無効試合を宣した。

 怒りの今林GMが「生中継中だぞ。今成、オマエが悪い。こうなったら、この人に潰してもらうしかない」と言うと、スクリーンに青木が登場し、今成をEXTREME王座の挑戦者に指名。試合形式はノーセコンドルールを要求した。これを今成が受諾し、12・12新宿での王座戦が決定した。

 今成は「青木様は滑舌が悪く、“インディー”という発言が“淫靡”に聞こえてマスコミが間違えてしまう。私と淫靡な一騎打ちをやりましょう。あなたが本当の姿をさらけ出すいい機会だ」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る