DDTが史上初の屋形船プロレスを敢行!勝った上野勇希は「次は空、飛行機プロレスしかないですよ!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが11月13日、東京・隅田川で史上初の屋形船プロレスを敢行。前日の両国国技館大会でKO-D無差別級王座を戴冠した上野勇希が、勢いそのままで勝ちどきを挙げた。

 ビッグマッチの翌日ともなれば、本来なら体を休めたいところだろうが、そんなことはお構いましなのがDDTの真骨頂。平日の真っ昼間の午後1時半に両国桟橋を第七あみ幸丸が出航。まずは参加した24人のファンのための親睦会となり、大石真翔、勝俣瞬馬、小嶋斗偉の3人がお客さまをご接待。

 事前に明らかになっていたのは「時間差入場?WAYマッチ」ということだけで、誰が入ってくるかも分からない状況。午後2時過ぎ、勝ちどき桟橋から高木三四郎と上野が乗船し、シングルマッチで戦いのゴングが鳴った。両者は船内で濃厚なレスリングの攻防を展開。高木はギャラ2万5000円の“取っ払い”という好条件を提示して大石と結託。1vs2のハンディ戦となるも、いつしか上野には小嶋が加勢しタッグマッチの様相に。高木は上野の額に爪楊枝を突き刺す非道な手に。戦いは船上のデッキに移動し、上野が高木の額に爪楊枝を刺したり、抜いたりで逆襲。デッキでの戦いをよそに、船上では勝俣、小嶋がカラオケで熱唱。

 越中島桟橋で遠藤哲哉と須見和馬が乗り込むと、高木と大石を船から降ろし、テープでグルグル巻きにして動けないようにして、桟橋に置き去りにして出航。戦いは上野組vs遠藤組の展開になり、船上、デッキで激しい攻防に。最後はデッキで、勝俣を踏み台にして、上野と小嶋が須見にイスの上へのMy MADMAXを決めて、上野が3カウントを奪取。1時間26分27秒に及ぶ死闘に終止符が打たれ、上野組が時間差乗船エニウェアフォール3WAYタッグマッチを制した。

 同団体では9月18日に新幹線のぞみ号車内(東京~名古屋間)で、史上初の新幹線プロレスを成功させたばかりだが、この屋形船プロレスも観客が熱狂し成功裏に終わった。

 勝った上野は「新幹線プロレス、屋形船プロレスとできないことは何もない。地面いって、海いってますから、次は空いくしかないでしょう。飛行機プロレスしかないですよ!」と大風呂敷。飛行機だとシートベルトを着用しなければならないだけに、難しい問題もあるが、DDTのこの勢いなら、ホントに実現してしまう可能性があるかも…。

 負傷欠場中の勝俣は「これすごかった。またやりましょう。ほかにも屋形船いっぱいある。ほかにも川はいっぱいある。屋形船プロレス遠征しよう!」と絶叫した。

 また、上野、MAO、小嶋の3人は16日の新宿FACE大会で行なわれる「KO-D6人タッグ王座決定1DAYトーナメント」に参戦する。上野は「僕は無差別獲って、MAOちゃんはUNIVERSAL獲って。まさにサウナカミーナがDDTの中心に来ました。次は6人タッグ獲って!」と意気上がっていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る