前年覇者・秋山準が「D王」3戦目でようやく初白星!Aブロックは遠藤哲哉、火野裕士が首位に並ぶ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスのシングル最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ」の第4戦が11月10日、東京・新宿FACEで開催された。メインイベントで行われたAブロック公式戦では、前年覇者の秋山準が遠藤哲哉に辛勝し、3戦目にしてようやく初白星を挙げた。

 両者は昨年11月22日の「D王」公式戦でのシングル初対決で遠藤が勝利。2月14日、カルッツかわさきでのKO-D無差別級王座戦(当時の王者は遠藤)では秋山が制しており、1勝1敗で、この一戦を迎えた。

今リーグ戦で上野勇希、火野裕士に敗れ、2連敗スタートなった秋山は開始早々、場外戦を仕掛け、リングに戻るとパイルドライバー、ジャンピング・ニー、ヒザ蹴りで攻め立てた。遠藤もバックドロップ、サスケスペシャル、ハンドスプリング式スクリューキックで反撃。15分過ぎ、秋山はエクスプロイダー連発、ヒザ蹴り4連発で猛攻。リストクラッチ式エクスプロイダーを回避した遠藤はオーバーヘッドキック、トーチャーラックボムから必殺のシューティングスター・プレスを鮮やかに決めて勝負あったかに思われた。ところが、秋山はそこから絶妙のタイミングで首固めに丸め込んで電撃の3カウントが入り、逆転勝利を飾った。

 試合後、ダメージが大きくダウンしたままの秋山は「やられてんだよ、俺。今日は無理だ。遠藤! オマエの方が元気だろ。オマエが締めてくれ」と言って、遠藤に締めさせた。

 秋山は「やっとだな。今日負けたら完全に終わりで。どんな手を使ってでも勝とうと思った。若いから元気だし強いよ。(フィニッシュは)相手の油断が出るところ、どこだと思ったら、それしかないと思って」と安堵した表情を見せた。次戦は13日、京都大会での吉村直巳戦になるが、「俺が負けた上野に勝ってる。間接的に俺より強いってことだから。吉村君は俺の考えでは、一番やりやすいかも。それはなぜかというのを彼は考えて、ナゾを解けば君の勝ちだ。ナゾを解けなかったら俺の勝ちだ」とコメント。

 かたや、3連勝がならなかった遠藤は「こんなの初めてだ。シューティングスター・プレス、決まってたよな? なんで俺、負けてんだよ。詰めが甘い。もったいない。1年に2回も秋山さんに負けて負け越しだ。勝ち逃げは許さない。絶対やり返してやる」と雪辱を期した。次戦は京都でのボディガー戦だが、「またヘビーか。自分よりデカい相手との闘い、もう慣れました。次も丸め込んで勝ってやる」と話した。

 また、この日、Aブロックではスーパーヘビー級の火野とボディガーが対戦。ボディガーのチョップ連打、ライジングハイ(ハイキック)に手を焼いた火野だが、最後はラリアットからFuckin'BOMBを決めて2勝目をマーク。

 火野は「秋山さんにもボディガーにも負けるわけにはいかなかった。1回あの人らには負けとる。しっかり借りを返させてもらった。前回も今回も50過ぎのオッサンやで。どっから沸いてくんねん、あの力。ああいう年の取り方したいね。秋山さんもボディガーも最高のオッサンやな。でも取ったのはワシや。最高のオッサンの分まで頑張って優勝します。(京都での上野戦は?)あんなんゴミや」と語った。

 さらに、セミファイナルで行われた上野VS吉村の元ノーチラス対決は、パワーでまさる吉村が払い腰、ラリアットなどで猛攻。上野もハーフネルソン・スープレックス、ドロップキックなどで応戦するも、吉村が高角度の投げ捨てパワーボムで仕留め初勝利を挙げた。

 吉村は「俺自身はまだまだ行けるぞってところ見せられたと思います。ノーチラスを組んでたときから、その前から、結果としては俺の方が残してたかもしれないけど、全部上野さんが持っていったんで。でもシングルでは無敗。(次、京都で秋山戦だが?)これで負けたら終わる。勝てばつながると思うんで頑張ります」とコメント。

 この結果、Aブロックは遠藤と火野が勝ち点4で首位に並び、上野、ボディガー、秋山、吉村の4選手が勝ち点2で追う形になった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

月別

ページ上部へ戻る