元ダムネーションの佐々木大輔と高尾蒼馬の遺恨が深まる! ボディガーと吉村直巳は仲間割れ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが11月3日、東京・大田区総合体育館で「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Ota-ku」を開催。元ダムネーションの佐々木大輔と高尾蒼馬の遺恨が深まり、決着戦も辞さない展開に発展した。

 この日の第3試合で、佐々木、MJポー組がボディガー、吉村直巳組と対戦。序盤は好連係も見せていたボディガーと吉村だが、吉村のラリアットがボディガーに誤爆すると様相が一変。レフェリーが急所を打ってダウンすると、脱兎のごとく高尾が乱入して佐々木を襲撃しマウントでのエルボーを連打。「D王」で同じブロックに組まれているボディガーと吉村は仲間割れしてしまい乱闘に発展し、収拾がつかなくなり無効試合に。

 10・12後楽園、10・30千葉で、佐々木にリングに呼び出されて暴行を受けていた高尾は、バックステージで「佐々木、俺がなんか悪いことしたか? 仲間じゃないのか?」と錯乱状態。佐々木は「セキュリティーはどうなってるんだ? 誰も助けてくれないんだ。アイツ誰か知ってるぞ。ガンバレ☆プロレスの高尾蒼馬だろ? なんでDDTに出てきてんだ?」と立腹。9・26後楽園までダムネーションで鉄の結束を見せていたはずの佐々木と高尾との間に生まれた溝は、リング上で決着をつけるしかないのだろうか?

 また、仲間割れした吉村は「連係もうまくいって、ボディガーさんとのタッグは楽しくていいやんって思ったけど、たった一発のラリアットでアレかよ。(11・6)横浜でD王公式戦、相手はボディガーさん。シングルならなんぼやったっていいんや。潰してやる」と、ボディガーは「吉村、偉そうに言ってきやがって。今度オマエとシングル決まってるんや。ボコボコにしてやるから覚えとけ」とともに、11・6横浜での公式戦が待ちきれない様子だった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る