「格闘技の入り口はファイプロでした(笑)」つくば市で初めての人のための格闘技フィットネスジムを主宰する川尻達也インタビュー!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 修斗でデビューし、PRIDE、DREAM、UFC、RIZINと格闘技界を盛り上げてきた川尻達也。その川尻は現在格闘技フィットネスジム『FIGHT BOX FITNESS』をつくば市にて経営している。
 川尻がどのようなジムを経営しているのか?またジム経営にコツはあるのか?デビューからの思いを含め話を聞いた。

――ジムがお休みのところお時間作っていただきありがとうございます。今日はよろしくお願い致します
川尻達也(以下川尻)「いえいえ、トレーニングしてましたんで気にしないでください。こちらこそよろしくお願いします」

――川尻さんご本人が格闘技を始めたきっかけを教えてください
川尻「実は子供のころ(格闘技に)全然興味なんてなくて。親父が新日本プロレスをTVで見ていて、その興奮した流れでいろんな技を掛けられるのがすごく嫌だったんですよ(笑)小学校からなんとなくみんなでプロレスごっこはしましたけど、中学生の時に友達の家でファイプロ※1をやってハマっちゃったんです。闘魂三銃士、四天王とか、その前の鶴田天龍も、超ハマってプロレスが大好きになりました」
※1 数々のハードで発売されたプロレスゲームの最高峰。ここではスーパーファミコン版の「スーパーファイヤープロレスリング」を指す

――ああ~、ファイプロは名作ですね~(うんうんと頷く)
川尻「で、その親父が週刊少年チャンピオンを買ってたんですよ。その中の「となりの格闘王」※2でK-1を知ってK-1ファンになりました。97年ワールドGPの東京ドーム、イチバン安い席で観に行ったんですよ。天井の壁に張り付くような席で。アーネスト・ホーストとフランシスコ・フィリオの戦いが、リングまですごく遠いのにしかも視察戦というかあんまり動いてないのにその緊張感が伝わってきたんです。それで感動して「やってみたい!」と思いました」
※2 空手家佐竹雅昭を主人公にK-1創世記の格闘技界を描いた実録マンガ

――確かにキックvs空手の異種格闘技戦的な雰囲気がありましたね
川尻「バイト先(カラオケボックス)の先輩に話したら「知り合いがキックボクシングやってるよ」ということで、土浦武道館に見学しに行ったんです。そこに後に僕の師匠となる桜井"マッハ"速人さんがいて総合(格闘技)の練習もやってたんですよ。総合は高田vsヒクソン戦も見てましたしマッハさんに「試合あるから見に来なよ」と言われてチケット買って見に行ったんです。それがちょうど桜井"マッハ"速人vs中尾受太郎 修斗ミドル級王座決定戦(98年5月13日修斗後楽園ホール大会)で。その日に初めて後楽園ホールで生で格闘技を見たんですけど、めちゃくちゃ近いし打撃音がスゴくて。あとちょっとマニアックですけどフランク・トリッグvsマセロ・アグアもやってて、そのフランクのパウンドがまた強烈で。立ち技のお互いパンチが当たるところの打撃じゃなくて一方的だったことにも衝撃を受けて興奮しちゃったんですよ。俺もパウンド打ちたい!みたいに。そこからマッハさんに総合やりたいですって志願したんですよね」

――パウンドきっかけだったんですね(汗)確かにUFCが出てきた時も衝撃でしたもんね
川尻「UFCも週プロで見て衝撃を受けて、第二回大会の市原海樹vsホイス・グレイシーがどうしても見たくて近くの本屋で売ってたUFC2の1万円のVHSを1時間ほど迷いに迷って買いましたもん。お年玉で(笑)」

――さて、今日お邪魔しているFight Box Fitnessをオープンした経緯を教えてください
川尻「2019年42歳で、ずっと現役バリバリでやりたいけど家族もあるしと思った時に、他にできることってジムしかないなと。強くなるための格闘技だけやってきたけど、網膜剥離は3回やって特に2回目の時はほんとに落ち込んで。「もうできないかな」とか「やっちゃいけないんじゃないかな…」とか、塞ぎ込んじゃってたんですよ。強さだけ求めて、どんどん視野が狭くなって追い詰められたり孤独感を感じちゃって、僕の格闘技は「つらいことを頑張る」になってたんです。その時期でも前に所属してたT-BLOODでは打撃クラスの指導は続けてたんですけど、クラス指導してるとみんなすごく楽しくやってるなって。『そういえば自分も楽しいから始めた・続けたんだよな~』ってすっごい救われたんですよ。格闘技って楽しむもんなんだよ、楽しいものなんだよっていう考えを自分で形にしたかったんですよね。格闘技って敷居高いじゃないですか?」

――はい、それは分かります
川尻「すっごい勇気いると思うんですよ。軽い気持ちで入るとぶっ飛ばされるんじゃないかとか、怖いと思うんですよ。煽りVの印象が全てだと思ってる方には「あ、川尻さんって笑うんですね」とか言われましたもん。そりゃ笑うよって(笑)誰でも楽しめる、健康になるためだけの格闘技でもいいんだよ。格闘技っていろんなやり方あるんだよって知ってほしいですよね」

――格闘技ファンからするとあれだけ激しく打ち合う、向かい合う試合を見せてもらってたわけですから、プロでガンガン活躍したいという人が集まるのではと想像してしまうのですが
川尻「プロ育成のジムは多いですし、T-BLOODも近い(車で10分)し明確に分けたほうがいいなと思ってます。いろんな使い方をしてほしいです、格闘技を。プロコースとか作っちゃうとプロ選手の練習は雰囲気も違うし、プロ選手の隣で初心者は楽しく同時にできないだろうし。僕が普通にみんな来ていいですよ~ってやるとガチ勢も来ちゃうと思うんですよ。でもプロになりたいと言いながら僕の考えるプロ意識とズレがあると僕自身そこにイライラするのもイヤだし(笑)興味あるけどちょっと怖いな~と思ってる人も多いだろうし、明確にプロやらないと言った方がみんなきやすいと思うんです、絶対」

――ここは角地ですし二面がガラス面になっていて、外から練習風景が見えるのがイイですね。ちょっと覗いてみたくなるという。薄くフィルム加工されているので外と中でお互いの顔は見えない点も安心感ありますね
川尻「ここはショッピングモールの中ですし駐車場も止め放題ですから買い物ついでに知ってもらえたらなって。顔は見えませんけど雰囲気は分かりますし。会員さんは僕のこと知らない人も多いんです、特に女性の方。格闘技に興味ない人も多いんですよ。健康診断とかで運動の必要がわかった人とか、運動したいけど何していいかわからない人とか入ってくれてて嬉しいですね。例えば、パンチ・キックとかじゃなくサーキットクラスなんかは、重いやつはケガも考えるとマンツーマンでやらないといけませんけど、軽めのケトルとかフォームを教えたら自分でタイマーアプリ使いながらできるようになりますし」

――初めて参加する人は、周りはみんな経験者に見えてしまいますし、緊張もして練習についていけるのか、など不安もあると思います。そのあたりはどのようケアされていますか
川尻「すぐ入会じゃなくてとりあえず体験入会してもらってます。入ってから「違うな」はイヤだろうからまずは雰囲気をつかむ意味でも。体験は僕がマンツーマンで教えてます。しっかり丁寧にイチから教えることを意識してます。むしろ先に入会してる会員さんがこうやるといいですよ~とか教えてくれてるのもすごくありがたいです。人にも恵まれてます。プロを育てるジムだと、中には自分のことだけで精一杯になっちゃう人もいますけど、うちにはオラオラしてる人もいませんし(笑)ここがきっかけでプロ目指したいなっていう場合はそれこそT-BLOODとか紹介できますし目的に合わせてちゃんとアドバイスします」

――会員さんは女性・男性の比率はどれくらいですか?
川尻「女性3.5、男性6.5ぐらいですね。女性が増えてます」

――キッズクラスの拡大などはお考えですか?
川尻「お子さん多くなりすぎてわちゃわちゃしちゃうとよくないので、今は会員さんのお子さんだけ受け入れるようにしています。自由に受け入れた方がジムとしては拡大するんでしょうけど、今はまだ妥協せずしっかり対策しておきたいです。ちなみにMMA用のマットですからキッズも転んでもまずケガしにくいですし、おもいっきりミット蹴ったり走りまわったりしてますね。とにかく楽しくのテーマ通り(笑)」

――先ほどジム全体を見学させていただいた際に、事務所スペースが極端に小さいなと思ったんですが、1畳ほどの省スペースで運営できるものでしょうか
川尻「事務スペースはほとんど荷物置き場になってますけど、これは「会費ペイ」というサービスのペーパーレス化の効果が大きいんです。だいたい会員管理ってパソコンが必要になると思うんですけど、スマホで完結できるのがほんとにありがたいですね。今までって、せっかく申込書を書いてもらっても「ハンコ忘れた」とかで口座振替の手続きができないことも少なからずあって、次持ってきてくださいね、でもずっと忘れるとか来ないとか(笑)」

――確かに常時ハンコ持ち歩いてるってわけではないですもんね
川尻「正直、格闘技ジムって行くのに勇気がいるし、お互い来た時に入会を完結させたいんですよね。「会費ペイ」はお客さんが自分のスマホで手続きできるのもありがたいです。ペーパーレスが実現できてほんとにうれしい。QRコード読み込んでもらってすぐですから、お客さんもてこずってないし時間短縮にもなってる。イコール機会損失もなくなる。クレジットカードとか口座振替が使えるので現金のやりとりおつりもないし。そのまんま会員管理もできますしジム作る人はやった方がいい、絶対!あと最初にスタッフの方がマンツーマンで教えてくれたし(笑)」

――ダンスやフットサルとかと違って、格闘技始めるって言うと「何を目指してるの?」とか聞かれちゃいます。ぜひ川尻さん発信でイメージを変えていってほしいです。今日はありがとうございました!

■FIGHT BOX FITNESS
茨城県つくば市、初めての人のための格闘技フィットネスジム
公式HP:https://www.fightboxfitness.com/
Twitter:https://twitter.com/FightBoxFitness

代表:川尻達也
2000年にプロ格闘家デビュー。PRIDE・K-1・DREAM・UFC・RIZINと様々なメジャーな舞台で活躍。元修斗世界ライト級王者。
網膜剥離という大怪我も三度経験するも見事に復活!格闘技を続けてこれたのは家族や仲間のサポート、ファンの応援、何より格闘技の楽しさのおかげだったとの考えから2020年5月30日に「FIGHT BOX FITNESS」を茨城県つくば市にオープン!
Twitter:https://twitter.com/CRUSHER_MMA
note:https://note.com/crusher_mma
じりラジオ:https://stand.fm/channels/5f5e1d87f04555115d0dc503

■取材を終えて
私もファイプロ直撃世代なもので、まさかファイプロがスタートだったとは思いもよらず(笑)。インタビュー中も笑顔を絶やさない川尻選手、また丁寧な受け答えがマンツーマン指導にも活かされていて、それもまた会員さんの安心感に繋がっているんだろうな~と感じました。「じりラジオ」でもその人柄を感じられますのでぜひ!
(聞き手:スレンダー川口 https://twitter.com/ajslendertokyo

■「会費ペイ」の概要
入会申込・会員管理・毎月の集金をワンシステムで提供
https://lp.kaihipay.jp/2/?utm_campaign=battlenews&utm_campaign=kawajiri

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る