【試合詳細】7・31 スターダム横浜武道館大会 林下詩美vs舞華 岩谷麻優vs渡辺桃 朱里vs上谷沙弥 中野たむvsウナギ・サヤカ ジュリアvsスターライト・キッド なつぽいvsコグマ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『5★STAR GP 2021~開幕戦Day-1~』
日程:2021年7月31日(土)
開始:17:00
会場:神奈川県・横浜武道館
観衆:707人(コロナ対策限定人数)

▼連合軍vs大江戸隊スペシャル・マッチ 15分1本勝負
AZM/妃南/羽南/●レディ・C
4分15秒 my emblem→片エビ固め
[大江戸隊]○鹿島沙希/小波/吏南/琉悪夏

▼5★STAR GP 2021 レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[COSMIC ANGELS]○白川未奈(フリー)【1勝0敗=2点】
4分39秒 グラマラスコレクションMINA
[大江戸隊]●フキゲンです★【0勝1敗=0点】

▼5★STAR GP 2021 レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo]●なつぽい【0勝1敗=0点】
10分16秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
[STARS]○コグマ【1勝0敗=2点】

▼5★STAR GP 2021 レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo]○ジュリア【1勝0敗=2点】
13分47秒 ノーザンライト・ボム→片エビ固め
[大江戸隊]●スターライト・キッド【0勝1敗=0点】

▼5★STAR GP 2021 ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[COSMIC ANGELS]●中野たむ【0勝1敗=0点】
13分16秒 大儀であった→片エビ固め
[COSMIC ANGELS]○ウナギ・サヤカ【1勝0敗=2点】

▼5★STAR GP 2021 ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo]○朱里【1勝0敗=2点】
14分37秒 流炎→片エビ固め
[Queens Quest]●上谷沙弥【0勝1敗=0点】

▼5★STAR GP 2021 レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[STARS]●岩谷麻優【0勝1敗=0点】
18分37秒 変形チキンウイングドライバー→片エビ固め
[Queens Quest]○渡辺桃【1勝0敗=2点】

▼5★STAR GP 2021 ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Queens Quest]●林下詩美【0勝1敗=0点】
19分26秒 みちのくドライバーII→片エビ固め
[Donna Del Mondo]○舞華【1勝0敗=2点】

舞華が5★STAR GPで詩美に初の3カウント勝利!桃が新技で岩谷から3カウント!ウナギがたむから下剋上!ジュリアがキッドへ「マジメ過ぎんだよ。もっと悪くなれ」

第0試合


 大江戸隊の奇襲からゴングが鳴り、大江戸隊が相手4人をロープ際に並べてナツコに捧げる顔面ウォッシュの四重奏から全員で妃南をロープにくくりつけて顔面を踏みつける。
 リング上で吏南が妃南へエルボー連打も、妃南はキャッチしてレインメーカー式払腰。羽南にタッチ。
 羽南は吏南にドロップキックから巴投げ。ここにAZMが加勢に入ると、琉悪夏と小波もリングへ。小波&琉悪夏がAZM&羽南の攻撃を誤爆させて隙を作るが、羽南は吏南のエルボーをかわしてノーザンライト・スープレックス・ホールド。さらにロープに飛ぼうとするが、吏南が髪を掴んで引き倒し、ドロップキックで追撃して鹿島にタッチ。
 鹿島はビッグブート連打からロープに飛ぶが、羽南がカウンターの払い腰。レディ・Cにタッチ。
 レディ・Cはビッグブート、ココナツクラッシュと連撃し河津落としを狙うが、鹿島が振り払ってブートからロープへ飛ぶ。妃南が飛び込んできて払い腰で叩きつけ、AZMがサッカーボールキックで追い打ち。レディ・Cが河津落としからコーナーに振って串刺しビッグブートを放つが、鹿島が回避。その隙に大江戸隊の面々がなだれ込んできてトレイン攻撃。小波がミドルキックを腹部に突き刺してから鹿島がビッグブート。カットに来た羽南&妃南を吏南がまとめて髪を掴んで引き倒すと、レディ・Cがビッグブートで撃退。しかし小波&琉悪夏がレディ・Cをダブルの打撃でなぎ倒し、鹿島がmy emblemで叩きつけて3カウント。

第1試合


 フキゲンは握手せずに試合開始。
 ロックアップをスカしたフキゲンがガットショットも、白川がロープに振るが、フキゲンは白川を飛び越えヤンキー座りポーズからタバコを吹かす仕草をする。これをとがめた白川にサミングからヤンキー座りフォールも2。

 フキゲンはリストを掴んでロープ渡りからリングに飛び込みアームホイップ。さらに顔面を踏みつけていくがこれはレフェリーが注意しブレイク。

 フキゲンがロープに振るが、白川はフライングクロスチョップで迎撃。フキゲンは白川をロープに振り串刺し攻撃を狙うが、白川は足を伸ばしてカット。3発目を失敗したフキゲンはコーナーを蹴りつけ八つ当たり。白川はそこへ飛び込むが、一度は避けたフキゲンを再度コーナーに叩き込み串刺しバックエルボーから低空ドロップキック。フォールも2。

 白川はロメロスペシャルで捕らえ、これを離すとフキゲンのラリアットを避けてラ・ミスティカ式河津落としからフォールも2。

 白川は投げようとするが、耐えたフキゲンにローリングエルボー。ロープに飛ぶが、場外から小波が足を掴んでコケさせ、フキゲンが白川の顔面を蹴りつけるとブレーンバスターをフェイントに首固めも2。
 フキゲンは白川のラリアットを避けて走り込むが、白川はルーテーズプレスで迎撃しフォールも2。
 白川は横十字固めで丸め込み3カウント。

<試合後コメント>

白川未奈
「やったぁ!やったぁ~~!3!フキゲンさんから3獲りましたぁ!開幕戦なんでね、ここは勢いをつけたくて。そして、私フキゲンさんにちょっと似てる……ほんとにちょっと似てるだけの米山香織選手に、昔シングルで丸め込まれて負けたことがあるんです。ベストオブジャパンプロレスリング(※恐らく白川のデビュー団体であるベストボディ・ジャパンプロレスの2019年3月6日大会でのシングルマッチ)でです。ちょっと似てるだけなんですけど、丸め込みには今日は要注意だと思ったので、5★STAR GP用というわけではなんですけど隙を突いてでも勝ちをもぎ取れるように。新しい……オリジナルの丸め込みは人生で初めてです。その名も……グラマラスコレクションMINAです!私が二冠王になったときのリング上でのポーズで両肩をクラッチしていたんです。あのときのポーズが気に入っちゃったんで、次アレで獲れたらいいなって。丸め込みで全て取りに行こうとしているわけではなくて、また新しい技もまだまだ用意してますから、それを出すのを楽しみにしておいてもらえたらと思います。ただ、今日はスピードも丸め込みも上手なフキゲンさんだから、あの技を念頭に置いて闘ったって感じです。(去り際に)……あっ、グラマラスコレクションMINAはミラノコレクションA.T.さんにインスパイヤされて付けました!」

第2試合


 なつぽいは握手せずにコグマのポーズで挑発。コグマもなつぽいのポーズで挑発するが、なつぽいは背後からスクールボーイも2。すかさず首固めも2。再度首固めも2。

 ハイスピードな攻防からなつぽいが串刺し攻撃を狙うが、ショルダースルーでエプロンに落としたコグマをスルーしたなつぽいがリングに戻り、側転からのアームホイップ。コグマがすかさずアームホイップで投げ両者睨み合う。

 なつぽいは手4つを要求するが、これをフェイントにロープに振るもコグマは場外に滑り降り挑発。
 なつぽいは場外に降りるが、コグマはリングの下に滑り込み出てこない。なつぽいがリングの下に入って探すが、コグマはすかさずリング下から出てきて挑発。なつぽいが出てくるとコグマが再度リング下へ。
 なつぽいがリングに戻ると、コグマが背後から忍び寄りスクールボーイも2。

 コグマはボディスラムからボディにのって踏みつける。さらにフットスタンプからフォールも2。

 コグマはボディスラムを狙うが、着地したなつぽいが低空ドロップキックから顔面にドロップキック。さらに背中を踏みつけ、背中へのフットスタンプ。フォールも2。

 なつぽいはコグマを正面ロープにくくりつけてキャメルクラッチ。さらに鼻フック攻撃から低空ドロップキック。これを避けたコグマが低空ドロップキックで場外に叩き出し、コーナーからのプランチャを投下しようとするが、なつぽいが突き飛ばして落下させるとコーナーからのプランチャ。

 リングに戻り、なつぽいがダイビングクロスボディアタックからフォールも2。

 なつぽいはリバースインディアンデスロックから鎌固め。コグマはロープを掴みブレイク。

 なつぽいはストンピング連打からロープを貫いての低空ドロップキックを叩き込みフォールも2。

 なつぽいはジャーマンを狙うが、耐えたコグマの背中にエルボー連打からロープに飛ぶも、コグマが追走して首固め。これを切り返しあうとコグマがフォールも2。
 コグマは横十字固めもお互い切り替えしあい、コグマがフォールも2。

 コグマはガンスタンからジャーマンスープレックスを狙うが、耐えたなつぽいがバックエルボー連打。さらに股抜きからトラースキックを叩き込み、バックラッシュで叩きつけてフォールも2。

 なつぽいはライトニングスパイラルを狙うが、コグマが切り返してDDT。
 コグマはコーナーに登るが、なつぽいがエルボー連打から左右のビンタ。さらにデッドリードライブでリングに叩きつけると、フェアリアルギフトもコグマが避けて自爆。
 コグマがコーナーに登り、ミサイルキックからフォールも2。

 コグマがジャーマンスープレックスホールドで3カウント。

<試合後コメント>

なつぽい
――復帰戦でもあった試合でしたが、終えてみていかがですか
「もう、足首はもうピンピン、足首はピンピン言ってるんですけど、体力ですね。ちょっとハイスピードな、なる、なら……?言葉が分からないな……。ハイスピードのチャンピオンだからね。もう1回体力からやり直さないといかんなと思いました。でも、憧れのコグたんパイセンと闘えて嬉しかったです!これから、今日復帰戦だったんですけど、ここから5★STAR GP、どんどんどんどん上がるしか無いと思ってるので、楽しみにしておいてください!ぽいっ♪」


コグマ
「5★STAR GP、初戦!2点取ることが出来ました!しかもハイスピード王者のなつぽいに勝ちました!最初からスゴイ、なんか、予想外なことが多くて、私も色々なつぽいの復帰戦だから色々やってやろうと思ってたんですけど、色んなことがありつつも、なんとか2点獲りました!いい最初?走り出し?です!このまま突っ走っていきたいです!」

第3試合


 ジュリアのタックルを切ったキッドとグラウンドの攻防。一度ジュリアが距離をとり、手4つからキッドがカサドーラアームホイップ。走り込んだキッドをジュリアがアームホイップからドロップキック。さらにコーナーに叩き込むと顔面を踏みつける。逆コーナーに振って串刺しビッグブーツから再度串刺し攻撃を狙うが、キッドはスライディングで場外に降りるとジュリアの足を掴んで鉄柱に叩きつける。そのまま場外戦となり、リングに戻るとキッドが足へのストンピング。さらに足攻めから足へのエルボードロップ。ロープを使っての足攻めから足への低空ドロップキックを叩き込み、さらにロープを使ってレッグブリーカー。キッドはフォールも1。

 キッドはグラウンドでのドラゴンスクリューから足4の字。ジュリアはロープを掴みブレイク。

 キッドは足へのストンピングからボディを蹴り上げ、ロープに飛ぶがジュリアがビッグブーツで迎撃。
 キッドは再度ロープに飛ぶが、ジュリアは再度ビッグブーツ。キッドは負けじとロープに飛んでビッグブーツを避けてのスクールボーイを狙うが、耐えたジュリアがそのまま潰してフォールも1。ジュリアはそのまま投げ捨てジャーマンからコーナーに登り、ミサイルキックからフォールも2。

 ジュリアはSTFもキッドが切り返してSTF。ジュリアも切り返してSTFで取り返すが、キッドは回転して逃れると横十字固めも2。
 キッドはビッグブーツを避けてスクールボーイも2。
 キッドはその場飛びムーンサルトからフォールも2。

 エルボーの打ち合いからジュリアがエルボー連打。ジュリアのビンタを避けたキッドが強烈なチョップから左右のエルボー連打。さらにケンカキックから顔面を踏みつけ、これを離すと投げようとするが、切り返したジュリアがバックドロップ。
 ジュリアはコーナーに飛び乗るが、キッドはコーナーを駆け上がると雪崩式カサドーラ。
 両者コーナーから走り込むとジュリアのドロップキックが炸裂しフォールも2。

 両者ロープに飛んで走り込み、キッドがドロップキックからDDT。フォールも2。

 キッドはテキサスクローバーホールドで捕らえるがジュリアはロープを掴みブレイク。

 キッドはバックブリーカーからフォールも2。

 キッドはコーナーに登り、ムーンサルトを投下するがジュリアが下から絡みつき三角絞め。そのままグラウンド卍からステルスバイパー。キッドはロープに足を伸ばしブレイク。

 ジュリアは投げようとするがキッドが丸め込むとお互い切り返し合うが2.
 ジュリアがジョン・ウーからファルコンアロー。フォールも2。

 ジュリアはノーザンライト・ボムで叩きつけ3カウント。

<試合後コメント>

ジュリア
「5★STAR GP、初戦、スターライト・キッド!なんだよ。悪に染まったっつって、闇堕ちしたっつって、どんなに悪いことしてくるのかって思ってたけどさ、アンタ言ったでしょ、試合前に。『正々堂々とやれよ』って。……お前、マジメ過ぎんだよ。お前、ジュリアに正々堂々やって勝てると思ってんのか?大江戸隊に入ったんだったら、凶器も、5カウント以内だったら使えるし、反則も出来るし?ジュリアを倒すためだったら、きたねぇこともいっぱいしてやってみろよ。怒んねえから。マスクだ髪の毛だって、そんなのやめにしろよ。お前とはここで、これからも勝負してえって思ってるから、もっともっと悪くなってまたやろうぜ。またなっ!」


スターライト・キッド
「あぁ~っ!ジュリアにまた完敗……ではないと自分では思ってる。見たみんなはどう感じたんだろうか?でも、最後、マスクに手をかけてきたと思ったら、アイツは突き飛ばしやがった。今日の闘いでお互いマスクも髪の毛も一切狙ってねえんだよ。ウチらにはそんなの関係なく、ウチらにしか出来ない闘いってのがあるんだよ。今日、闘って、もっともっともっと!アイツとはやり合いたい!もっと自分自身、強くなってマスクとか一切関係なくアイツは自分の手で潰します」

第4試合


 握手からすかさずウナギがビッグブーツで倒しエルボー連打。ロープに飛んでビッグブーツも、たむがキャッチしソバット。うなぎがロープに振るが、たむがロープを掴んでスカすとビッグブーツからショルダータックルで倒しフォールも2。

 たむは首投げからサッカーボールキック。さらにヒールホールドで捕らえ、足へのストンピング連打からブリッジ式インディアンデスロック。上半身を起こすとそのまま変形バタフライロックで絞り上げ、これを離すとインディアンデスロックのまま足を踏みつける。ウナギはロープを掴みブレイク。

 たむはウナギの足を踏みつけ、足へのダブルニードロップから足へのローキック。
 たむはコーナーに振り串刺しバックエルボーから首投げで倒しボディへ前後のローキックからカカト落とし。フォールも2。

 たむはコーナーに振って串刺しバックエルボーも、避けたウナギがボディスラムを狙うが、たむが逆にボディスラム。フォールも2。

 ウナギがエルボーを打ち込んでいくが、受けきったたむが強烈なエルボーで吹っ飛ばす。
 たむがロープに飛ぶが、ウナギがカウンターのボディスラム。ウナギが立ち上がるとロープに飛んで開脚フェイスクラッシャーからギロチンドロップを投下しフォールも2。

 たむはソバットからロープに飛ぶが、ウナギは追走バックエルボーからロープに飛ぶも、たむは胴回し回転蹴りを叩き込み、さらにバズソーキック。
 ダウンしたウナギの髪を掴んで無理やり起こそうとするが、動かないウナギをフォールも2。

 たむはジャーマンを狙うが、耐えたウナギの背中にエルボー。さらにカカト落としからロープに飛ぶが、ウナギはそんなことより一献くれまいか?でロープに叩き込む。両者ダウン。

 ウナギが大ふへん固めを狙うが、耐えたたむがエルボー。
 エルボーの打ち合いからウナギがエルボー連打。たむが受けきりビンタで倒すと、ウナギのラリアットを避けてバックドロップ。
 たむはロープに飛んでバイオレットシューティングからフォールも2。

 たむはコーナーに登るが、ウナギが正面に登るとエルボー連打。たむが蹴りつけて落とすが、ウナギは再度走り込んでエルボーも、たむは巻き込んでスリーパーで捕らえるとそのままコーナーで釣り上げ、これを離すとデスティニーハンマー。フォールも2。

 たむはタイガースープレックスを狙うが、耐えたウナギに胴回し回転蹴り。避けたウナギがスクールボーイも2。

 ウナギはビンタからカカト落とし。さらに大ふへん固めで捕らえようとするが、たむが切り返してエルボーからロープに飛んでバイオレットシューティング。さらにどどん.tamからタイガースープレックスを狙うも、切り返したウナギが大儀であったで3カウント。

<試合後コメント>

ウナギ・サヤカ
「(※イスの上で体育座りして)はわぁ~!たむさんに勝ちましたぁ~!5★STAR GP、色んな人が、優勝候補とか優勝予想してますけど、そこに私の名前はありません。でも、予想も想定もこのウナギ・サヤカが覆して、5★STAR GPのてっぺんをここから取りに行きます!明日もAZMさんに必ず勝ちます!ありがとうございました!」

――たむ選手に勝ったことはこのリーグ戦優勝に向けての自信になった?
「全員に勝つつもりで5★STAR GPに上がっているので。私、多分ここに来て、この短い期間で誰よりも一番シングルマッチをやらせてもらっているので、ここで初めて偉い人に恩返しをしたいと思います」


中野たむ
「……マジか。初戦、ウナギには負ける気がしなかったんですけど……ちょっと、ウナギのことを甘く見すぎていましたね、私は。一番近くにいる存在だから、技の入り方、試合運びとか、よく見てるとは思ってたんですけど、まさか負けてしまうとは。反省してます。やっぱり、プロレスは何が起こるかわからない。奇跡を起こせるのがプロレスだと思ってるんですけど、それをウナギに証明されてしまいました、今日は逆に。でもまだまだ初戦なので。私は白いベルトのチャンピオンとしてシングルの頂点に絶対に立つって決めてるんで、ここから挽回していきたいと思います」

第5試合

 

 上谷が走り込んでドロップキックも、避けた朱里がサッカーボールキック。かわした上谷がスクールボーイも2。

 バックの取り合いから朱里が倒すも、上谷がアームホイップで投げると朱里はエプロンへ。上谷が走り込むも、朱里がエルボーで迎撃しコーナーに登るが、上谷へエルボから一本背負いでリングに投げ捨て走り込むも、朱里は足をすくって倒しフォール。上谷がすぐに切り返してマウントエルボー連打も、朱里がマウントを取り返しエルボー連打。上谷が回転してマウントエルボー連打からボディスラムを狙うが、着地した朱里がバックを取るも、逃れた上谷がロープに飛ぶが、朱里が追走ショルダータックルで倒しフォールも2でブリッジして抜けた上谷がロープに飛んでドロップキック。

 上谷はストンピングも、立ち上がった朱里が首投げからサッカーボールキック。さらにロープを貫いてのランニングニーから、上半身を場外に出して顔面へのランニングニー。
 リングに戻り、コーナーに叩き込むとガットショット連発から顔面を踏みつける。さらにボディへの膝蹴りから串刺しサッカーボールキック。フォールも2。

 朱里は腕ひしぎで捕らえるが、上谷はロープに足を伸ばしブレイク。
 朱里はストンピングからネックチャンスリー。フォールも2。

 上谷が膝立ちでエルボーも、朱里は顔面を蹴りつけていく。
 上谷がエルボー連打も、朱里はボディへの膝蹴りからロープに飛ぶが、上谷はフランケンで場外に投げ捨て場外へのスワンダイブクロスボディアタック。
 リングに戻り、ミサイルキックからフォールも2。

 上谷は投げようとするが、耐えた朱里がミドルキック連発。上谷はキャッチするが、朱里は足を引いてミドルキックで蹴倒しフォールも2。
 朱里はV1アームロックも上谷はロープに足を伸ばしブレイク。

 朱里が担ぐも着地した上谷のボディを蹴り上げロープに飛ぶが、上谷はバイシクルキックからエルボーをガードしてエルボー。再度エルボーをガードしてエルボーで返していき、ロープに飛ぶが朱里が担いで山折り。フォールも2。

 朱里はバズソーキックも、上谷はキャッチしノーザンライトスープレックスホールドも2。

 上谷はスタークラッシャーからフォールも2。

 上谷はコーナーに登るが、朱里がエルボー連打からバックを取って突き飛ばしていくが、上谷はリングに飛び込むと雪崩式ジャーマンを狙う。だが耐えた朱里の背中にドロップキックを叩き込むと朱里はリングに落下。

 膝立ちでエルボーの打ち合いを上谷が制していく。だが朱里はビンタを叩き込み、ビンタの打ち合いから朱里が左右のビンタ連発。ヒザをついた上谷の背中にストンピング連打からお互い髪を掴んで立ち上がると上谷が左右のビンタ連発。倒れた朱里の背中にエルボー連打も、上谷が引き起こすとロープに飛んでエルボーの相打ち。上谷がエルボーから走り込むが、朱里が二発目を巻き込んでアームロック。これを離すと投げ捨てジャーマンから、両者コーナーから走り込むも上谷がニールキックを叩き込む。
 上谷はロープに飛ぶが、朱里がハイキックで迎撃し、朱里がロープに飛ぶが上谷がフランケンで丸め込むも2。

 朱里はランニングニーを後頭部に叩き込みフォールも2。

 朱里は腕ひしぎで捕らえ、朱雀で捕らえ直すも上谷はロープに足を伸ばしブレイク。

 朱里は裏拳連発から流炎で突き刺し3カウント。

<試合後コメント>

朱里
「いやぁ、5★STAR GP、初戦、勝利しました!……いてぇ~!上谷沙弥、初対戦となります。軽やかな飛び技、そしてなんと言っても、中野たむが師匠って聞いていたので。この間の中野たむとの試合も見てて、張り手をすごいして覚醒してたのを見たので、今日の試合でアイツの張り手をすごい受けたいなと思って今日来ました。メチャクチャ痛かったですね。でも、まだまだもっともっと痛い張り手を期待してます。そして、中野たむ?自分中野たむとも初対戦なんですよ、この5★STAR GPで。その中野たむの張り手も、どっかの記事で『張り手は愛だ』って書いてあったと思うので、それもすごく楽しみにしています。上谷沙弥、いやぁ、メチャクチャ……シンデレラ・トーナメント優勝してメチャクチャ勢いのある選手なので……あぁ、楽しかったですね。でも、自分が勝利したので。明日、舞華戦。舞華とは同門で、自分の中で見せたい世界観がすごいあって、それを明日、自分の中では、その2人しか出来ない世界観を出したいなって思ってます。その中で、自分がもちろん5★STAR GPを制覇して、私が欲しくて欲しくてたまらない赤いベルトを、今度こそ!私が巻きます!そのためにこの5★STAR GP、私が制します。以上です」


上谷沙弥
「5★STAR GP開幕戦、相手は朱里。自分が掲げてた4大巨頭の最初の1人目だったんですけど、そして完全無双を目指してやっていたんですが、一発目で負けてしまいました……。自分の力不足に、ホントに悔しいんですけど、でも、まだここで終わりじゃないので。ここから巻き返して、完全無双マイナス1!こっから巻き戻して、巻き上げていきます!お願いします!……“巻き戻す”って言った?巻き返します!!」

第6試合


 手4つでなかなか組まず、ロックアップからヘッドロックの応酬。リストの取り合いからグラウンドの攻防となるが一度両者距離を取る。

 岩谷がガットショットも桃がロープに振るが、岩谷が丸め込み低空ドロップキックを狙うも、桃がカニバサミで倒し背中へサッカーボールキック。さらに後頭部にヒザを押し付けて潰していき、これを離すと背中へのサッカーボールキック。フォールも1。

 桃はキャメルクラッチで捕らえ、これを離すと背中へのストンピング連打。
 桃はコーナーでボディへのローキック連打からフォールも2。

 桃はフェイスロックで捕らえ、チンロックからヘッドバッド。さらに後頭部へのハンマーブローからコーナに叩きつけ、串刺し攻撃を狙うが避けた岩谷がスクールボーイからバカタレスライディングキック。

 岩谷はソバットから背中へのストンピング。さらにヒールホールド。桃はロープを掴みブレイク。

 岩谷は背中へのサッカーボールキックから、背中へのフットスタンプ。
 さらに足へのサッカーボールキックから足首へのDDT。
 岩谷は顔面を蹴りつけていき、踏みつけフォールも1。

 岩谷はサッカーボールキックで蹴倒しフォールも2。

 岩谷は髪を掴んで引き起こし、ボディスラムからフォールも2。岩谷は再度ボディスラムからフォールも2。

 岩谷はコーナに振っていくが、桃はコーナーに駆け上がりミサイルキックで迎撃。
 桃は串刺しドロップキックから串刺し低空ドロップキック。さらにブレーンバスターからフォールも2。

 桃はチキンウィングフェイスロックで捕らえるが岩谷はロープに足を伸ばしブレイク。

 桃はロープに飛ぶが、岩谷はスリングブレイドで迎撃。
 岩谷がハイキックも、キャッチした桃へステップキック。さらにノーザンライトスープレックスホールドも2。

 岩谷はロープを貫いての低空ドロップキックで場外に叩き出し、トペを狙うがリングに走り込んだ桃がハイキックから裏投げで叩きつけ蒼魔刀。フォールも2。

 桃はコーナーに登りダイビング蒼魔刀も、避けた岩谷がトラースキック。両者ダウン。

 膝立ちでエルボーの打ち合いから桃がエルボー連打。さらにミドルキックもキャッチした岩谷がドラゴンスクリュー。
 岩谷はアンクルホールドで捕らえるが、桃はロープを掴みブレイク。

 岩谷はロープに足をくくりつけて足への低空ドロップキック。場外に転がり落ちた桃へ、岩谷はコーナーからのプランチャを投下。
 リングに戻り、岩谷がミサイルキックを叩き込みフォールも2。

 岩谷はドラゴンスープレックスを狙うが、耐えた桃のラリアットを巻き込んでドドンパも2。

 岩谷はバズソーキックからムーンサルトプレスを投下するが、避けた桃がコーナーに登りダイビング蒼魔刀も2。

 桃はチキンウィングフェイスロックで捕らえ、これを離すとロープに岩谷をかけて側頭部へのハイキック。
 エプロンに落ちた岩谷へ、エプロンでのBドライバーを狙うが耐えた岩谷へハイキック。桃はBドライバーでエプロンに突き刺し、リングに戻すと改めてBドライバー。フォールも2。

 桃はテキーラサンライズで叩きつけるも2。

 桃は担ごうとするも岩谷は丸め込むも2。
 桃はバズソーキックからピーチサンライズで叩きつけ、さらにマスキュラーボムで突き刺し3カウント。

<試合後コメント>

渡辺桃
「5★STAR GP~!この5★STAR GPに私はすべてをかけていると言いましたよね?この勝負で分かったはずです。そして最後の技も今年の5★STAR GPのために練って練って練りまくりました。そして岩谷麻優から3!これが事実です。私が必ず5★STAR GP 2021優勝してやりますよ」

――新技の名前は
「技名……ちょっとまだ決めてないんだよね。練ってるとは言ったけど。技名までは考えてる余裕がなかったので、5★STAR GPが終わるまでに考えておきます」

――他にもまだ5★STAR GP用の新技がある?
「新技と言うか、まあ色々と。みんなが思ってるのと違うことはしようと思ってますね。いつもの渡辺桃じゃ、5★STAR GP上がれないんで」

――今回はファンの期待も大きいと思います
「そうですね。Twitterでも『優勝して欲しい』とか『勝って欲しい』とかたくさんの方に言っていただいて。まあ、今結果はお見せしたと思うんで、こっからどんどんどんどん勝ち進んで、優勝する姿をお見せしたいと思います」

――Queens Questの他のメンバーが勢いある状態ですが、メンバーから刺激を受けている?
「Queens Questのメンバーには毎日毎日刺激を頂いてますね。林下詩美にも与えてもらってるし、上谷もシンデレラ・トーナメント優勝、AZMちゃんも若さと勢いがハンパじゃないですね。刺激をもらってますよ、リーダーとして。でもリーダーだからこそ負けてらんないと」

第7試合


 組み合うと舞華が足を刈って倒すが、すぐに立ち上がった詩美が足を刈って倒しヘッドロックの応酬へ。抜けた舞華とリストの取り合いから、詩美がヘッドロックで捕らえ舞華のラリアットを避けてのドロップキック。さらにストンピング連打からボディスラムで叩きつけフォールも2。

 詩美はコーナーに振り、串刺しバックエルボーから背中へのドロップキック。フォールも2。

 詩美はストンピングからボディスラム2連発。フォールも2。

 詩美はキャメルクラッチで捕らえるが舞華はロープに足を伸ばしブレイク。

 詩美はストンピングからフォールも2。

 詩美はストンピングから背中へのエルボー連発。さらに背中へのストンピング連打からフォールも2。

 舞華はエルボーも詩美が前蹴りで倒し、詩美がエルボーも舞華は巻き込んでロックボトム。フォールも2。

 詩美がコーナーに振り、串刺し攻撃を狙うが舞華が飛びついて丸め込み無道。詩美はロープに足を伸ばしブレイク。

 舞華はストンピングから詩美の腕をロープに絡ませて踏みつけていき、ロープに飛ぶも詩美は追走バックエルボー。詩美がロープに飛ぶも舞華が追走ラリアットから走り込むも、詩美はカウンターのサイドバスター。
 ロープにもたれかかる舞華を詩美がラリアットで場外に叩き出し、場外に降りるが舞華が場外ブレーンバスター。舞華は詩美を鉄柱に叩きつけてリングに戻る。

 舞華はストンピングから腕を踏みつけ、ロープに腕を絡めて踏み潰す。
 舞華は投げようとするが、詩美は耐えて胴絞めフロントネックロック。舞華は強引にブレーンバスターで叩きつけフォールも2。

 舞華は担ぐが着地した詩美が投げ捨てジャーマン。すぐに舞華がバックドロップ。詩美が走り込んでラリアットでなぎ倒すと両者ダウン。


 両者走り込んでラリアットの相打ち連発。舞華が打ち勝つが、すぐに立ち上がった詩美がラリアットでなぎ倒す。舞華も負けじとラリアットでなぎ倒し、詩美も再度ラリアットでなぎ倒す。両者ダウン。

 両者走り込んでラリアットの相打ちからダウン。
 詩美が走り込んで後頭部にラリアットから、髪を掴んで引き起こすとエアレイドクラッシュ。フォールも2。

 詩美はコーナーに登るも、舞華が走り込みエルボー連打から正面に登ると雪崩式ブレーンバスター。フォールも2。

 舞華は大外刈りからフォールも2。
 舞華は腕ひしぎを狙うが、耐えた詩美へ三角絞め。詩美はバスターして逃れると、コーナーに登りミサイルキック。
 詩美はジャーマンスープレックスからフォールも2。

 詩美はアルゼンチンで担ぎ、トーチャーラックボムで叩きつけフォールも2。

 詩美はパワーボムを狙うが、リバースした舞華がラリアットも。避けた詩美がラリアットも、避けた舞華へ逆の腕でショートレンジラリアット。
 詩美は担ぐが、着地した舞華がスリーパー。そのまま胴締めスリーパーも、詩美は後ろに倒れて潰して逃れる。舞華はすぐに胴締めスリーパーで取り直しすが詩美はロープに足を伸ばしブレイク。

 舞華はみちのくドライバーIIで突き刺し3カウントを奪った。

舞華「約、3年。約3年だ。林下詩美がデビューしたのを知って、お前から3カウントとるまで、約3年かかったぞ。ファイブスター、初戦から、ボロボロ、だけど、今年の、ファイブスター、私が、全勝!優勝、してやるからな!今日、横浜武道館に来てくれたファンのみんな、そして、ペイパービューの、カメラどれ?こっち?ペイパービューを見てくれてるそこのファンの人達、私が、明日、朱里戦、また、勝利するところを、見届けてください!それでは、また、明日。お会いしましょう。さらばだ!」

<試合後コメント>

舞華
「林下詩美、今日ここに来て1勝2敗1引き分け。アイツを超えるためにこのプロレス界に入ってきて、今日は絶対に負けられない闘いだった。アイツのことはずっと、ずっと、ずーっと見てきて、研究した。だから、アイツに必殺技を出させないようにしてやった。今日は私の作戦勝ちだ。アイツがタフなのもよーく知ってる。でも、これで終わったわけじゃない。そして5★STAR GPも終わったわけじゃない。この勢いに乗って5★STAR GP、私が全勝してやるよ」

――明日闘う朱里選手が「2人にしか出せない世界観を出したい」と言っていましたが、それについてはどう思いますか
「朱里とは、組むより闘ったほうがゾクゾクするんだよね。現に、朱里とのシングル、私はまだ1度も勝ったことがない。明日もまた負けられない闘いなんですよ。私は、私の考えで、朱里戦に挑もうと思います」

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る