青木真也、得意の関節技を封印されながらもEXTREME&アイアンマンの2冠王に! 8・15後楽園で次期挑戦者MAOと防衛戦へ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが7月15日、東京・新宿FACEで「Summer Vacation 2021 TOUR in SHINJUKU」を開催。アイアンマンヘビーメタル級王者の青木真也が、DDT EXTREME級王者のクリス・ブルックスとのダブルタイトルマッチに臨み、関節技を封じられながらも勝利して2冠王者になった。

 EXTREME級選手権は王者が希望するルールを指定できるが、クリスは「ノーDQ・ノーサブミッションルール」を要望。これは、レフェリーが特に危険とみなした行為以外、すべての反則が認められるが、サブミッション(関節技)の使用は反則となるというもの。“関節技のスペシャリスト”である青木にとっては明らかに不利なルールとなった。

 クリスはプラスチックケース、イス、ラダーなどを駆使しハードコアファイトを展開。得意技を使えない青木はミドルキックのほか、ふだんは出さないトペ、スワンダイブ式ボディプレスなどを繰り出して対抗し、机上パイルドライバーまで敢行。クリスはプラスチックケースを青木の体に置き、ラダー上から急角度のダイビング・セントーンを見舞うもカウントは2。さらにプラスチックケース攻撃を狙うも青木が蹴りで阻止。青木が投げ捨てジャーマンを放ち、その後、エビ固めの応酬となったが、青木がダイヤル固めで3カウントを奪った。

 試合後、今林久弥GMが「次のタイトルマッチ、誰か闘いたい相手いますか?」と問うと、青木は“売り出し中の色っぽい選手”として中村圭吾の名を挙げるも、今林GMが却下したため、MAOを指名。MAOは「いつなんどき誰の挑戦でも受ける。それがオラのポリシーだ」と受諾。8月15日、後楽園ホールでの2冠戦が決まった。

 青木は「初めてじゃないかな。こんなちゃんと痛かったのは。格闘技だったら、もらわないルール。もらうルールでやるとしんどいですね。引き出しを、懐刀で勝負しました。切れない懐刀ばかりですけど。切れてよかったです。(MAOとは)何か色気がある試合ができるんじゃないかと思って」とコメント。

 クリスは「対戦相手から新しいものを引き出すという目標は達成できたんじゃないか。この先の方向性は分からないけど、パートナーのタカナシさん(高梨将弘)が復帰したので、これを機にシングルからタッグ戦線に目を向けてもいいのではないかと思ってる」と話した。

 2冠への挑戦が決まったMAOは「ここにタッグベルトがあって、6人タッグ王座の次期挑戦者であり、EXTREME&アイアンマンの次期挑戦者であり、(竹下幸之介の)無差別級挑戦もあって、すべてサウナカミーナのもとに集まってきてるんです。サウナカミーナ中心に回ってるということ。ずっとタイトルマッチはやってきてて、チャンスは来てるんだけど、つかめてないから、絶対に6人タッグとEXTREMEは我が物にしたいと思います」と語った。

 なお、今後DDT EXTREME級王座は、DDT EXTREME王座に名称を変更する。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る