KO-D無差別級王者・上野勇希が因縁深き佐々木大輔と30分時間切れドロー!飯野雄貴破った遠藤哲哉が「アイツにシンパシー感じてる」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月3日、東京・新宿FACEで『D王 GRAND PRIX 2023 in Shinjuku【DAY2】』を開催した。シングル最強を決めるリーグ戦のAブロックでは、KO-D無差別級王者・上野勇希が因縁深き佐々木大輔と30分時間切れドローに終わった。

 両者はかつてDDT UNIVERSAL王座を巡って抗争を繰り広げた間柄。11月22日の開幕直前会見では「酒はやめた」と言う佐々木に、“誕生日プレゼント”として上野が缶ビールを渡し、それを佐々木が飲んでしまうという駆け引きもあった。

 奇襲をかけた佐々木は足を徹底攻撃。上野は反撃するも、セコンドのMJポーの介入でペースがなかなかつかめず。上野の投げ捨てジャーマン、佐々木の投げ捨てドラゴン・スープレックスの応酬に。上野は場外めがけたムーンサルトアタック、フロッグスプラッシュとたたみかけるも、上野と木曽大介レフェリーが交錯。佐々木が木曽レフェリーをボディスラムで投げて昏倒。その間にポーが上がってやりたい放題。ここで松井幸則レフェリーに交代。上野が必殺の「Jul.2」を見舞うも、ポーがレフェリーの足を引っ張って阻止。上野はポーをドロップキックで撃退し、BMEを繰り出すも、カウント2で返した佐々木はミスティカ式クロスフェース・ロックに。脱出した上野はドロップキック、ダルマ式ジャーマンもフォールは奪えず。佐々木がスピアを叩き込んだところで30分タイムアップのゴングが鳴った。

 1勝1分けの勝ち点3でAブロックの単独首位に立った上野は「僕が上がりそうなとき、上がってるとき、いつでも目の前に現れるのは佐々木大輔。今日は引き分け。続きます。僕のチャンピオンとしての定めは、次、佐々木大輔とやるとき、このベルトをかけてやるんでしょうか。全勝目指しても、引き分けもある。勝つこともある。負けることもあるかもしれない。D王続いていくけど、僕の姿を見せていきます」と話した。上野の次戦は12・9大阪での遠藤哲哉戦となる。

 1敗1分けで厳しいスタートになった佐々木は「上野! オマエを地獄の果てに叩き落とすまで、俺はオマエに3カウントもギブアップも許さない。このオッサンがKO-Dチャンプと渡り合えるって、オマエは証明してくれたんだ。それは感謝する。しかし、次勝たなければ終わりだろ。次は(12・16福岡で)遠藤哲哉! 俺はこのD王で優勝できなかったら引退だ。遠藤、オマエがこの佐々木大輔に勝ったら、その試合は俺の引退試合だ。俺にはもう後悔はない」とコメント。

 そのほかのAブロックでは、遠藤がモデルチェンジした飯野雄貴と対戦。飯野のパワー殺法を受け止めた遠藤は10分過ぎに猛攻。ラリアット、旋回式ト―チャーラックボム、バーニングスター・プレスとたたみかけて3カウント奪取。試合後、遠藤が握手を求めると、飯野が応じた。

 遠藤は「やっぱりアイツはバケモノ。アイツの弱点はたぶんスタミナ面。爆発力はあるけど、そこの面で俺がまさってたのかな。俺と飯野は前にいたユニットが自分の意思に反して解散させられて。たぶん境遇が似てると思う。俺は勝手にシンパシー感じてる。アイツが生まれ変わった姿でここからどうなっていくのか。俺もバーニング引っ張っていく。今、高鹿(佑也)がケガして、秋山さんが抜けて、俺と岡田の2人体制。今日はこのくらいにしておこう」と意味深発言。さらに、「残り3試合。全部勝利して絶対優勝する。次(12・9大阪)、上野勇希。初めてだな。上野がチャンピオンで、俺が丸腰で。上野はすごいレスラーだけど、そう簡単には認めたくない。まだまだDDTには俺がいる。アイツに勝って、それを証明します」と意気込んだ。飯野は「遠藤哲哉、強いな。残り3戦。この勢い絶対止めないよ」と絶叫した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る