皇治が「那須川天心のカバン持ち」と白鳥大珠を挑発しカバンを贈呈!RIZINキックトーナメントは戦前から白熱!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、RIZINが『Yogibo presents RIZIN.29』に関する記者会見を実施し、キックボクシングワンナイト・トーナメントに出場する4選手が意気込みを語った。

 23日に行われたオンライン会見では、5月23日に開催予定だった東京都・東京ドーム大会『Yogibo presents RIZIN.28』を6月13日に延期すること、5月30日の大阪府・丸善インテックアリーナ大会『Yogibo presents RIZIN.29』は予定通り開催する旨が発表されていた。
 そして、大阪の『RIZIN.29』に出場予定の皇治はこの発表を受け自らも記者会見を実施。皇治は『RIZIN.29』でメインイベンターとしてオファーを受けるも「RIZINに引っ越してきて結果出してないのに同情でメイン張らしてもらうほど落ちぶれてない」と固辞していた内情を明かしつつ、「メインは実力で奪い取る」と同大会でのワンデー・トーナメントの開催をRIZINに要求していた。

 これを受け、RIZINは同大会でキックボクシングのワンナイト・トーナメントの開催を決定。この日はトーナメントに出場する皇治、白鳥大珠、梅野源治、髙橋亮の4名が登場し、トーナメント1回戦の抽選会を実施。
 4通用意された封筒を50音順で4人が手に取っていき、中身にトーナメント冠スポンサーのBODYMAKERのロゴが印字された“当たりクジ”を引いた選手が1回戦の対戦相手を指名出来るという方式で行われ、当たりを引いた梅野が対戦相手に皇治を指名。これにより、トーナメント1回戦は皇治vs梅野源治、白鳥大珠vs髙橋亮に決定した。
 なお、皇治は外れクジを引いたにもかかわらず高々と掲げるなどおどけた姿を見せていた。

 皇治は「俺が中心で、この子達は俺の脇役なんで、しっかりそれを俺が証明してやろうと思ってます」と余裕を見せつつ、「白鳥クンに関してはもう……うーん、情けないですね。顔だけで。男のくせに友達とチーチクパーチクYouTubeで俺の悪口言うて。ホンマにコイツかっこ悪いなと。オカンに感謝しとけよ、男前に産んでもらってね。それが無かったらとんでもないことですよ。黙って天心のカバン持って頑張ってればいいのにね?」と白鳥を那須川天心のカバン持ち呼ばわり。
 さらに会見終了直前には、「カバン持ちがずーっとゴチャゴチャ言うからカバンやろうと思って。これ使えや。これ持って、黙って練習がんばれよ?」と白鳥へカバンをプレゼントしたりとやりたい放題。

 記者から「戦前にこれだけ大きな態度を取ると負けたときのリスクが大きいのでは」と問われるも、皇治は「ずっとですやん。ずーっとデカいこと言うて負けたり勝ったりして叩かれまくってここまで来たんで、まあ良いんじゃないですか?梅野選手みたいに、男らしいシュっとしたボコボコ殴り合いのわかりやすい試合をしたいですよね。んで、決勝でヒョロ長くんをぶっ倒してやろうと思ってます」と語り、自らのスタイルを貫いた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る