入江茂弘&今成夢人&まなせゆうなのpWoはGWC6人タッグ王座獲りならず再挑戦を熱望

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 CyberFight傘下のガンバレ☆プロレスが4月7日、東京・後楽園ホールで「BAD COMMUNICATION 2021」を開催。第3試合では、入江茂弘、今成夢人、まなせゆうなのpWoがGWC認定6人タッグ王座獲りに臨んだが、王座奪取はならなかった。

 入江組は王者の朱崇花、新納刃、冨永真一郎組にチャレンジし、パワーで攻め立てるも、最後は今成が冨永に捕獲され、ムーンサルト・プレスで沈み、王者組が初防衛に成功。

 まなせが「今成さんと絶対(ミックストタッグ)トーナメントで結果出してくるから、入江さんと今成さんと3人であのベルトが獲りたいです」と言うと、今成は「絶対チャンスもう一回つかみますよ。もう一回です。pWoはあきらめません」と、入江「やりましょう!」と3人共に再挑戦を口にした。

 初Vに成功した冨永は「チグハグなトリオだなという気はしてたんですけど、今日はガッチリはまったんじゃないかな」と、朱崇花は「私は刃さんとともにだったら何回も防衛できるんじゃないかな」と、新納は「生まれも育ちも違いますけど、せっかくこうやって集まってベルト持っているんでいけるところまで防衛していきたい」とコメント。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る