『地域貢献』と『個人の最強』・王者像のイデオロギーが激突する前哨戦に火花!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、千葉・2AWスクエアで『チーバトル91』が開催された。

 本大会の目玉となっているのは、来週28日に『GLAND SLAM in 2AWスクエア』で行われる2AW無差別級次期挑戦者決定戦の前哨戦だ。浅川紫悠と滝澤大志がこの決定戦で戦うのだが、この二人は元々同じユニット『tempest』に所属していた。
 しかし滝澤と本田アユムの裏切りにより、同ユニットは解散。浅川は一匹狼となりシングルマッチをこなす日々が続くことに。

 そんななか、2月14日『GLAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』のメイン後、ベルトを防衛した吉田綾斗の前に現れたのが浅川と滝澤であった。
 二人が言い争ってる様子を見て、王者である吉田が時期挑戦者決定戦を提案。それを受けてこの日のメインで前哨戦が行わることとなり、浅川&梶トマト&ナカ・シュウマvs滝澤&テイラー・アダムス&仁木琢郎による6人タッグマッチへ。

 リングに両者が上がると滝澤が浅川を挑発し、最初に出るよう要求。浅川はそれに応え、次期挑戦者決定戦で戦う当人二人から試合が始まった。
 序盤からお互い感情を思いきっりぶつけ合い一歩も引かない攻防へ。後半でもお互いの勢いは衰えるどころか激しさを増し、最後は浅川が強烈なリベリオンで仁木を沈めた。

 試合後にマイクを握った浅川は滝澤に対し「お前はこのベルトを手に入れてどうしたいんや?それが俺にはよくわからん」と言い放ち、それに対して滝澤は「このベルトは2AW最強の証。俺はもう一度ベルトに挑戦したくなった」と言い、かねてから浅川が主張してる地域密着や地域貢献を一蹴しリングを去った。
 
 以前シングルマッチで決着したかに見えたこの二人に決着はつくのか?そして、次期挑戦者になり王者である吉田に対する挑戦権を手に入れるのは果たして浅川か?滝澤か?個人による最強と団体への貢献、両者のイデオロギーが激突する。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る