電撃帰還したジェイ・ホワイトが石井智宏を襲撃しケニー・オメガが再結成したBULLET CLUBを批判!「新日本、俺は戻ってきたぞ!どこへも行かない!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『Road to THE NEW BEGINNING』が行われ、姿を消していたジェイ・ホワイトが新日本マットに電撃帰還を果たした。

 ジェイは今月5日の東京ドーム大会で飯伏幸太の持つIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座に挑戦し、48分5秒の大熱戦の末に敗北。
 試合後にバックステージに姿を見せたジェイは半狂乱になりながら「今話しているのはジェイミー(本名)だ。全てを犠牲にニュージーランドを出てもう3年半両親にも会ってない。“NEW ERA”、新時代なんて全然来てなかったんだ。俺は日本に来て、俺の大事な時間を無駄にしてしまったんだ!自分が捧げてきたもの、犠牲にしたものは何だったんだ?俺はそんなに価値のない男だったのか?なぜ俺はここにいるんだ?もうやめる!やめてやるよ!」と泣き叫ぶなど異様な姿を見せた。
 さらに翌日6日のTDCホール大会には出場したもののその後の出場は無く、新日本プロレスの公式サイトからジェイの選手プロフィールページなども消されてしまっていたことからジェイの退団も噂されていた。

 この日の第3試合では、オカダ・カズチカ&矢野通&石井智宏vs“キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎&ディック東郷の6人タッグマッチが実施。
 CHAOSvsBULLET CLUBの対抗戦であり、因縁深まるオカダとEVILの対決に注目が集まるこの試合では、金具むき出しのコーナーに叩きつけられ集中砲火を浴びる矢野をオカダが救出しEVILと互角の戦いを展開。最後は石井がBULLET CLUB総出の反則攻撃を蹴散らしオカダ&矢野のサポートを受けながら裕二郎を垂直落下式ブレーンバスターで沈めた。

 快勝を収め、CHAOSの面々がリング上で勝ち名乗りを上げる中、突如ジェイがリングに飛び込んできて石井を襲撃しブレードランナーでKO。場内から驚きの声が上がる中、ジェイは足早に会場から姿を消した。

 バックステージに戻ったジェイは「お前ら誰も忘れていないだろうな……まだ俺の時代は終わっていない!プロレス界は俺のものだ。俺はまだもちろんBULLET CLUBのメンバーだ。ここにいる俺たちこそが正真正銘のBULLET CLUBだ。パクリのTシャツ売ることしか頭にない再結成で浮かれてる連中とは違う。でも、お前らはどうせあいつらのグッズを買うんだろうな?本物のバレットクラブとは何なのか教えてやろう。俺たちは常に変化しながら大きくなっていくユニットだ。過去の思い出に囚われることはない」とケニー・オメガがカール・アンダーソン&ルーク・ギャローズ&ヤングバックスと“再結成”したBULLET CLUBを揶揄しながら自身の復活を宣言。

 そして「石井!俺の狙いはお前だ。東京ドームで敗れて、俺は自信喪失した。あの時の俺は正気ではなかった。東京ドーム後のコメントが上がってから、”ジェイはどこへ行った?”ってSNSでえらく話題になってた。本音を言うと、俺はもう自分は終わったと思っていた。これ以上ないチャンスをものにできなかった自分を責めていた。だが、俺は目覚めた!俺は何も間違っていなかったとやっと気づいた。俺はまだDESTINOを手にし、神にだってなれる。全ては俺の行く手を阻んだあいつのせいだ。チビでデブのあのハゲ、石井!お前のせいだ!お前を『G1』で潰しておけばよかった!今度こそあのピットブルの息の根を止めてやる!新日本、俺は戻ってきたぞ!どこへも行かない!これは俺の時代だ。ザ・リアル・エラ!」と石井を新たなターゲットに定めたことを宣言し、新日本へ石井とのカードを組むよう要求した。

 石井は6日のTDCホール大会で傷心のジェイから勝利を奪った後に「昨日50分近く試合してたヤツと、昨日何にもやってないヤツ。そりゃ何にもやってないヤツが有利に決まってるよな。だから、小僧、気にするな。またテメェが体調万全の時に、胸貸してやるよ」と語るなど男気を見せていた。
 石井が復活を果たしたジェイへ“胸を貸す”ことになるのか、はたまた石井らしく正面からジェイを叩き潰すのか。今後の2人の因縁の行方に注目したい。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る