タッグ王者の国王たちが挑戦者を急襲!2AWタッグ王座の行方は!?「私は永遠に王様で、永遠にチャンピオンなのだ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

24日、千葉県・2AWスクエアにて「チーバトル 85」が開催された。

31日にTHE・アンドリューキングダム(以下AK)のTHE・アンドリュー"キング"拓真と入江茂弘の持つ2AWタッグ王座に挑戦する事が決定している真霜拳號と花見達也はリッキー・フジ、最上九組とタッグマッチで闘った。

タイトルマッチに向けて万全の仕上がりを見せた上で勝利を飾った2人を試合後に待ち受けていたのはAKの奇襲だった。
勝ち名乗りを受けている真霜、花見の背後から突如襲いかかったAKのキング、CHANGO、本田アユムの3人はリング内で暴れ回り、真霜の膝を破壊する為に椅子を振りかぶった。
なんとか花見が救助に入ったがAKは花見に照準を絞り、花見の膝へ椅子を振り下ろす。
挑戦者組を破壊し満足したAKはキングの高笑いと共にリング上を後にした。

バックステージでAKのキングは「やってやったな。当初の予定とは違ったが花見の膝を破壊してやったぞ。これで31日は私達の王座防衛は決定という事だな。私は永遠に王様で、永遠にチャンピオンなのだ。」と語り、王座戦前に相手を破壊できた事に満足していた様子。

対照的に、挑戦者組である花見は「こんなんで俺達が折れると思うんじゃねぇぞ!ふざけんじゃねぇ馬鹿野郎が!」と怒り心頭でコメントを残した。

タッグ王座戦直前に大波乱の2AW。

31日の「GRAND SLAM in 2AWスクエア」での2AWタッグ王座戦でベルトを最後に巻くのは策略を巡らせる王者組か!?
それとも怒髪天を衝く挑戦者組か!?

『チーバトル85』
日程;2021年1月24日(日)
開始:14:00
会場:千葉・2AWスクエア
観衆:40人

▼タッグマッチ 20分1本勝負
○浅川紫悠/進垣リナ
9分51秒 ストレッチプラム
梶トマト/●仁木琢郎

▼シングルマッチ 15分1本勝負
○十嶋くにお
8分55秒 真十嶋固め
●CHANGO(フリー)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
真霜拳號/○花見達也
13分秒44 バックロールクラッチ
リッキー・フジ/●最上九

▼シングルマッチ 30分1本勝負
○吉野コータロー
11分15秒 豪放→片エビ固め
●本田アユム

▼タッグマッチ 30分1本勝負
○テイラー・アダムス/滝澤大志
20分53秒 Sick Kick→片エビ固め
●タンク永井/笹村あやめ

関連記事

サイト内検索

日別

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

月別

ページ上部へ戻る
×