“元・貴ノ富士“スダリオ剛が”リアルプロレスラー”ミノワマンに圧勝!「小錦さん誕生日おめでとうございます」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月31日、さいたまスーパーアリーナにて『Yogibo presents RIZIN.26』が開催。第1試合では“元・貴ノ富士“スダリオ剛がミノワマンと対戦した。

 スダリオこと貴ノ富士は2013年に貴乃花部屋に入門し同年デビュー。その後二度の暴行事件を起こし、相撲協会と弁護士を混じえた協議の末に2019年に引退している。現在はエンセン井上の所属するPUREBREDジムでMMAの特訓をしており、9月27日のRIZIN24で“プロレス世界王者”ディラン・ジェイムスを相手にデビュー戦を行い勝利。今大会2戦目となるが、またもプロレスラーを相手に試合をすることとなった。

 年齢差21歳、身長差13cm、体重差32kgというハンデを背負ったミノワマンだったが、リーチ差を埋めきれずになかなか飛び込めない。スダリオはカーフキックを打ち込み、4発目でミノワマンが崩れ落ちると顔面に鉄槌を落としTKO勝利となった。

 圧勝したスダリオは「今回も1Rで終わってしまって、ちょっと不完全燃焼ですね。コロナで海外から日本に入ってこられない間は、来年は日本のヘビー級の人たちを一人ずつ潰していくので応援よろしくお願いします。そして小錦さん誕生日おめでとうございます」と余裕のコメント。

 ミノワマンは車椅子でインタビュールームに現れ「骨折は大丈夫だと思うんですけど、もしかしたらヒビが入ってるかも知れないので、これから病院で確認します」と病状を語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る