1日で全員が敗北し千葉の王国が壊滅寸前!入江茂弘を退けた吉田綾斗が「エースはこの俺だ!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 28日、千葉密着・発信型プロレス2AWが『ReOStaff株式会社プレゼンツ GRAND SLAM in 後楽園ホール』を開催。THE・アンドリュー"キング"拓真(以下王様)が国王として君臨する『THE・アンドリューキングダム(以下A・K)』が大敗を喫した。

 9月に急に建国されて以降2AWをかき乱してきたA・Kだが、この日はセミファイナルで王様&CHANGO&滝澤大志&本田アユムvs真霜拳號&十嶋くにお&花見達也&浅川紫悠によるノーDQ イリミネーションマッチを実施。メインイベントではA・Kの入江茂弘が吉田綾斗の持つ2AW無差別級王座に挑戦した。

 セミの試合が始まるなりA・Kが襲撃し「真霜さえ倒せば勝ちだ!」とオーバー・ザ・トップロープ(以下OTR)を狙う。だが耐えた真霜が場外乱闘に引き込み圧倒すると、王様をリングに投げ入れ集中砲火。
 王様は花見相手に逆襲しようとするが、花見は延髄斬りで迎撃すると真霜がダブルアーム・スープレックスで投げ捨てPK。王様は必死にこの足をキャッチすると急所攻撃を叩き込み、A・K総出で真霜を場外に落とし失格させる。
 これで勝利したとばかりに喜ぶA・Kだったが、すぐさま浅川と花見が好連携で本田とCHANGOを失格させ、さらに浅川が滝澤にジャーマンスープレックスホールドからリベリオンを叩き込み3カウント。

 一人となった王様は帰ろうとするが、「また逃げんのか!」と花見に挑発されるとリングへ戻り3人から集中砲火を浴びる。だが失格になったはずのCHANGOと本田が乱入し、浅川をOTRで失格させると十嶋も王様がOTRさせ花見との一騎打ちに。
 打撃戦から王様が急所攻撃を叩き込みスピアーを狙うが、これを花見が後方回転エビ固めで丸め込み3カウント。

 勝利した花見は「おいキング!おまえが言う花見ごときが勝ったぞオラ!これでもうお前文句ねーよな。改めて要求するぞ。俺と真霜さんをお前の似合わねーそのベルトに挑戦させろ!」と前王者として2AWタッグ王座へのリマッチを要求。
 王様は一度は帰ろうとするがマイクを持つと「いいだろう、やってやるぞ。貴様ら、私達に挑戦してこい。これで文句がないだろう」と逃げずに王座戦を決定した。

 メインでは入江が持ち前のパワーで圧倒しタズミッションで仕留めにかかるが、これを逃れた吉田もNO WAY OUT(変形チキンウィングフェイスロック)で絞り上げる。お互い強烈な打撃戦の末、最後は入江のラリアットからのパイルドライバーを受けきった吉田が、バズソーキックからのバックドロップ2連発で勝利を奪った。

 吉田は「最強のチャレンジャーをぶっ倒したから、間違いなくここ2AWのエースはこの俺だ!今日勝って5度目の防衛、もういい加減俺も胸張っていこうかなと。2AWで一番強いのは俺や。誰でもかかってこい」とベルトを掲げ拍手を浴びる。
 対するA・Kは1日で国民全員が敗北する事態に。壊滅的な打撃を受けた王国にトドメを刺すべく、来年真霜&花見が王様&入江のベルトに挑む。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る