岩谷麻優が“長与千種の後継者”彩羽匠から勝利し赤いベルトを防衛!「紫雷イオ、花月に続く最大のライバルになる」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、東京都・後楽園ホールにてスターダム『第10回 GODDESSES OF STARDOM タッグリーグ戦』が行われ、岩谷麻優が彩羽匠を撃破してワールド・オブ・スターダム王座の5度目の防衛に成功した。

 岩谷は2011年にスターダム一期生としてデビューしてから今日までスターダム所属で活躍し続けている唯一の選手。数々の王座戴冠やトーナメント&リーグ優勝などの実績も残し、現在も団体最高峰の“赤いベルト”ことワールド・オブ・スターダム王者として君臨する名実ともに“スターダムのアイコン”たる選手。
 彩羽は今年2月の後楽園ホール大会でノンタイトル戦ながら岩谷と激戦を展開し、ランニングスリーで勝利。彩羽は赤いベルト戦をアピールするも、その後スターダムはコロナ禍による興行自粛期間に入り両者の王座戦はお預けとなっていたが、先月28日の後楽園ホール大会で赤いベルトへの挑戦権を有していた林下詩美から先に挑戦する権利を譲り受けており、今月3日に行われた横浜武道館大会では試合後の岩谷の元へサプライズで現れ、強引に18日の後楽園ホール大会での王座戦を決定していた。

 岩谷はスターダム1期生、彩羽は4期生とスターダムの先輩後輩の間柄。彩羽は長与千種率いるMarvelousへ移籍し、ランニングスリーを伝授されるなど長与から後継者に指名されるまでに成長を遂げた。
 しかし、岩谷は昨年末に長与が起こしたブシロードへの“宣戦布告”を受け、アメリカ大会でランニングスリーを使用。これに対して長与は「イラっとした」としつつ、愛弟子の彩羽に刺激を与えるべくなんと岩谷にもランニングスリーを直伝して公認に。「伝授されるまでに何年もかかった」と言う彩羽は「麻優さんにはランニングスリー、あげられないです」と対抗心を燃やしていた。

 試合開始直後に彩羽が岩谷のみぞおちへソバットを叩き込み、岩谷が崩れ落ちると彩羽が多彩なキックで猛攻をかけ、アンクルホールドや足4の字固めで足への1点集中攻撃を仕掛けると岩谷は防戦一方に。
 彩羽は雪崩式ブレーンバスターやシットダウン式パワーボムなどの大技を畳み掛け「岩谷そんなもんか!」と挑発し、ランニングスリーを狙う。岩谷はこれをリバースフランケンシュタイナーで切り返すと、逆にランニングスリー。彩羽も垂直落下式と呼べる急角度ランニングスリーで叩きつけてやり返すが、フォールに入ろうとしたところで岩谷が引き込んで低空ウラカン・ラナで技アリの3カウントを奪った。

 彩羽の猛攻を受けに受けて粘り勝ちした岩谷は息も絶え絶えでマイクを取ると、「今日赤いベルト巻いて、賭けて戦って、今まで一勝一敗、一引き分け。また次リングで会う時は、タッグで組みたいなって思います」と彩羽に絆を感じた様子。
 彩羽は「こんちくしょうですよ。麻優さんに対しては何の因縁もないし恨んでもないし、大好きな先輩です。ただ今日は、それを抜きにして赤いベルトがほんとに欲しかった。でも、麻優さんの強さってやっぱそこなんですね。技では自分のほうが押してたかもしれないですけど、プロレスって3つ取られたら終わりなんで。今日は、麻優さんに完敗です。ほんとはまた赤いベルトに挑戦したいところだけど、でも今日は自分が負けたんで、また1から練習し直します。だから、また、次はタッグで、いきましょう。自分たち組んだら誰も相手いないんじゃないですか?」と涙をこらえながらも不敵に笑い、2人で深々と座礼を交わした。

 試合後、岩谷は「今日は!もう!100点満点!自分の作戦勝ちでした!」と喜びを爆発させ、自身の必殺技であるドラゴン・スープレックスとムーンサルト・プレスを一切使わずにウラカン・ラナで勝利するプラン通りに試合を運べたと語る。
 そして、「自分は今まで約10年間プロレスラー人生を歩んできて、紫雷イオ、花月。この2人が自分にとっての最大のライバルだったんですけど、彩羽匠がこれからの最大のライバルになっていくんじゃないかなと思いました。でも、次はタッグを組んでみたいなーって思いますね」と彩羽を高く評価した。

 対する彩羽は「赤いベルトって、こんなに遠かったっけって。ベルトに対してこんなにしんどい思いを味わったことが今まで無い。本当に、麻優さんの化け物さ……あんな化け物いる?!なんであんな力が出るの?!なんであんな返してくるのか、正直怖かった。途中で『麻優さんをヤっちまうんじゃないか』っていう恐怖さえも、自分が覚えました。麻優さんがどう考えたかはわからないですけど。やってるこっちが途中で怖くなった。ダメージ的には自分のほうが与えてたと思うんだけど、プロレスって……そこなんですよね。難しい。また勉強しました」と寂しげに笑って去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×